英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

○○○○○掲示板○○○○○

ここはブログ・トップ・スペースです


日本で英語学習をする日本人の方々へ

私が今までに研究したり感じたりしたことを書いておきます。
ご自分に適した勉強法を見つけるための参考にして頂けたら幸いです。

☆英語習得に王道なし


学習法に関する詳細は拙著や当ブログを参照して頂きたい。
拙著に関する紹介記事はコチラ。

習得法は大雑把にいえば次の通り。
大量のインプットでリスニング・リーディング力をつける(個人差はあるが、最初の1000-2000時間はほぼインプットにあてるくらいがよい)
・その前提として中学の文法は習得している必要あり
・リスニングにつき、初心者・中級者は文字で確認できる素材を繰り返す。基本はシャドーイング。
・スピーキングやライティングは、それの練習が必要(基本表現は覚えてすぐに言えたり書けたりできるようにしておく)。
・ある程度の実力がつくには2,3年かかる。モチベーション維持方法は人それぞれ(リスニング、音読、リーディングなど色々やる、TOEICや英検などを目標にする、SNSなどを活用し勉強仲間と交流する、学習内容や時間を記録する etc)

日本で頑張っている方はたくさんいらっしゃる。
ネットで検索すれば学習者のブログやTwitterが色々出てくるはずである。

参考までにブログを3つ挙げておく(お三方ともTwitterなどで交流を持たせて頂いている)。

Sushi Boy English Channel(すしぼーい氏)
4技能に渡って驚異的な学習量を誇る。「英語がなかなかできるようにならないなあ」と嘆きたい方は、この著者くらいやりこんだか否かを考えてからにしたほうがいい。

Lake Shinji(Mako氏)
毎日、英語でブログを書くと決めていらっしゃる。もちろん、リーディングなど他の技能を鍛えることもなさっている。

Play with TOEIC(HeadbuttK氏)
TOEICや英検をほぼ毎回受験し満点や合格を繰り返していらっしゃる。風呂の中でも勉強をするという。

【注意】
「勉強法」に関する本などについて
"○○テストで最高点" "1回受験しただけで○○検定に合格"などの宣伝文句があっても、すぐに飛びつかないこと。
著者の経歴を見るべき。
○○テストで最高点を取得した等を売りにしていても滞米10年などとあったら、まず参考にならない。(もっと気をつけなければならないのは「留学経験なし」とあっても実はネイティブ環境にいたような場合である。つまり「ホームステイはした(確かに「留学」ではないが)」や「5人のネイティブ話者と1年以上も日本でルームシェアをして毎晩議論していた」といった経歴の場合。さらにネイティブ話者や帰国子女による習得法も参考にはならない。)
参考にできるのは、渡米前の実力を日本でどう養ったか、である。
滞米前の実力とその養成方法が明記されていない場合、信用できない。
その著者の高い英語力(ex.リスニング力、スピーキング力)が滞米中に身につけられたものであれば、日本での学習者の参考にはならないからである(英語に囲まれた環境と日本語に囲まれた日本という環境での勉強法は同じではない。)

日本人から見てネイティブ話者並みに話す著者の姿などを見たら英語学習者であれば誰もがあこがれるだろう。だからといってそういう著者の言うことを鵜呑みにしてはいけない。

私はあえてこういうことを書いている。なぜなら、頑張っている学習者に挫折してほしくないからである。明治時代以来、英語ができる人のほとんどは長期海外滞在を経て帰国して、自分の経験をもとに英語習得法を語ってきた。そして学習法がわからない多くの学習者がわらにもすがる思いでそれに飛びついては挫折することを繰り返してきた。実際、挫折した人をたくさん見てきた。
仮に、そういう著者の方法が気に入り実践し望む結果が出たなら問題はない。
ただ、そうではない人が多いはずなので書いているのである。

英語学習は年単位の時間がかかる長旅である。
しかし、目的地が見えていれば頑張れるのが人間。
そこで学習者としてはまず「目的地=目標」を定めるべきである。
自分がどのような英語力が欲しいのか。TOEIC高得点なのか、英会話なのか。
それによって旅のルート(鍛え方)が決まる
仮に目的地=総合的な英語力(英検2級~準1級程度)ならば、3000時間の旅であると申し上げておこう。
1日3時間の学習であれば3年弱である。
決して不可能な旅ではない。

正しいルートに従って着実に進んでいけば
「英語ができる未来の自分」に必ず会えるのだ


==========================

カタカナ発音滅却委員会 (当ブログの説明ページに飛びます)

#カタカナ発音滅却委員会
 
(Twitterに飛びます)

==========================


ゼロ円でできる花粉症対策(体、特に腸内環境を整える)

(1) お湯を飲む
ただそれだけ。
もしあなたが花粉症で、食事以外に1日0.8-1.5リットルの水分をとっていないのであれば試してほしい。
詳細はコチラ

(2) 食事を1、2回にする
内臓、特に腸を一定時間休ませることは大事であるようだ。
詳細はコチラ

(3) 砂糖を控える
砂糖をとると悪玉菌が増え腸内環境を悪化させる。
詳細はコチラ

(4) 自律神経を整える
副交感神経を活性化すると内臓の働きがよくなる。
詳細はコチラ

(5) その他
・サラダ油とマヨネーズをやめる。
詳細はコチラ

(6) 即効性の対症療法
・ワセリンを鼻の中や目の周りに塗る(赤ちゃん用ならより安心)。
詳細はコチラ

☆心にも生活にも「あそび」を持つことは大切☆
~勉強にも腸内環境にも~


☆健康TIPS☆
スポンサーサイト
【 2022/02/22 】 英語習得 | TB(0) | CM(-)

英語で「再来週」

英会話では来週の話をすることは割とあるが、「再来週」はあまり使わない。
いざ使おうとすると、「あれ?なんといえば…」となりがち。

英会話で言いたい表現が出てこないときは、日本語を変形すればよい。
「再来週」→「2週間後=two weeks later」

こうすれば、言いたいことはほぼ言えたことになる。

「でも、なんかしっくりこない」と思うかもしれない。

それは当然である。
日本語と英語は全く異なる言語で、全く異なる生活様式から生み出されたものであるから、日本語に完全に対応する英語は存在しないと言ってもいいのではないか。

よって、「なんかしっくりこない」と感じても深く気にする必要はない。

ただし、「自分が伝えたいニュアンスにより近い表現」は存在することが多い。

例えば、「来週と言いたいのであって、7日後と言いたいのではない。」とか。
「seven days later / a week laterはいやで、next weekと言いたい」とか。

そういう人のために、「再来週」やそれに関連する表現を以下にまとめておいた。


明後日
the day after tomorrow
一昨日
the day before yesterday

再来週[月/年]
the week[month/year] after next

先々週[月]、一昨年
the week[month/year] before last



以上、参考にして頂けたら幸いである。

【 2017/03/29 】 発音・スピーキング | TB(0) | CM(-)

メモ:【時間的変化に関する英語表現】

1個の事柄を表す表現は複数あるのが普通。ただし、表現や語彙が異なるとニュアンスは異なる。
初学者はそれほど気にしなくてよいが、徐々にニュアンスの違いを感じるようになるとよい。

複数ある表現の1つとして「最初、新しい」などが使われるものに注目。
日本語よりも積極的なニュアンスがあることが多いような気がする。

これは3年ぶりだ。
This is the first time in three years.
*日本語には「最初、初めて」のニュアンスがない。

5年ぶりに彼女に会った。
I saw her for the first time in five years.
Cf.
I saw her after a separation of five years.
「5年ぶり!」="Five years since we met!"


彼女のヘアースタイルが変わったことに気がついた。
I noticed her new hairstyle.
*日本語には「変化」のニュアンスが出ており「新しい」がない。

積極的という点では、このことわざに関しても言える。
「習うより慣れよ」

これに対応する英語は次のものとされている。
Practice makes perfect.
コアミーニング=練習は完璧を作る

日本語ではパーフェクトのニュアンスがない。

これらの表現法の違いが、日本語・日本人の曖昧さを作り出しているのかもしれない。
積極的にとらえるなら、英語の表現は「新しい、最初」を色々に使いまわし大雑把であるが、日本語では「新しい、最初」と「変化」につき区別して、微妙な違いまで感じ取ろうとしているのかもしれない。
【 2017/03/22 】 発音・スピーキング | TB(0) | CM(-)

メモ:【時制の一致】

He said, "I will run for the election."
He said that he ( ) run ~.

would/willどちらも可。
will:現在も出馬表明中のニュアンス。
would:saidの時点では出馬表明したが現在は不明。


Yesterday she told him that she will go abroad next year.
=来年海外に行くと、彼女は彼に昨日伝えた。


彼女が髪型を変えたのをみて、春が近づいているのを感じた。
Her new hairstyle told me that spring is coming.


She said that she rises early every morning.=彼女は毎朝早起きすると言った。
習慣的な事はthat以下で現在形になるのが普通だが現時点の様子を無視するなら過去形roseでよい。
【 2017/03/15 】 発音・スピーキング | TB(0) | CM(-)

メモ:「客」

招き猫=a welcoming[beckoning] cat
招かれた客=invited guests
招かれざる客=uninvited guests

訪問客=a caller; a visitor
招いた客=a guest; company (総称)
用談に来た客=a business visitor
客がある=have a caller [visitor]

ホテルなどの客=a guest; a lodger (下宿人)
弁護士などの客=a client; 【カタイ表現】 clientele (総称)
商店・レストランなどの= a customer; a patron; 【カタイ表現】 custom (総称)
乗客=a passenger
【 2017/03/11 】 発音・スピーキング | TB(0) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。