英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

○○○○○掲示板○○○○○

ここはブログ・トップ・スペースです


日本で英語学習をする日本人の方々へ

私が今までに研究したり感じたりしたことを書いておきます。
ご自分に適した勉強法を見つけるための参考にして頂けたら幸いです。

☆英語習得に王道なし


学習法に関する詳細は拙著や当ブログを参照して頂きたい。
拙著に関する紹介記事はコチラ。

習得法は大雑把にいえば次の通り。
大量のインプットでリスニング・リーディング力をつける(個人差はあるが、最初の1000-2000時間はほぼインプットにあてるくらいがよい)
・その前提として中学の文法は習得している必要あり
・リスニングにつき、初心者・中級者は文字で確認できる素材を繰り返す。基本はシャドーイング。
・スピーキングやライティングは、それの練習が必要(基本表現は覚えてすぐに言えたり書けたりできるようにしておく)。
・ある程度の実力がつくには2,3年かかる。モチベーション維持方法は人それぞれ(リスニング、音読、リーディングなど色々やる、TOEICや英検などを目標にする、SNSなどを活用し勉強仲間と交流する、学習内容や時間を記録する etc)

日本で頑張っている方はたくさんいらっしゃる。
ネットで検索すれば学習者のブログやTwitterが色々出てくるはずである。

参考までにブログを3つ挙げておく(お三方ともTwitterなどで交流を持たせて頂いている)。

Sushi Boy English Channel(すしぼーい氏)
4技能に渡って驚異的な学習量を誇る。「英語がなかなかできるようにならないなあ」と嘆きたい方は、この著者くらいやりこんだか否かを考えてからにしたほうがいい。

Lake Shinji(Mako氏)
毎日、英語でブログを書くと決めていらっしゃる。もちろん、リーディングなど他の技能を鍛えることもなさっている。

Play with TOEIC(HeadbuttK氏)
TOEICや英検をほぼ毎回受験し満点や合格を繰り返していらっしゃる。風呂の中でも勉強をするという。

【注意】
「勉強法」に関する本などについて
"○○テストで最高点" "1回受験しただけで○○検定に合格"などの宣伝文句があっても、すぐに飛びつかないこと。
著者の経歴を見るべき。
○○テストで最高点を取得した等を売りにしていても滞米10年などとあったら、まず参考にならない。(もっと気をつけなければならないのは「留学経験なし」とあっても実はネイティブ環境にいたような場合である。つまり「ホームステイはした(確かに「留学」ではないが)」や「5人のネイティブ話者と1年以上も日本でルームシェアをして毎晩議論していた」といった経歴の場合。さらにネイティブ話者や帰国子女による習得法も参考にはならない。)
参考にできるのは、渡米前の実力を日本でどう養ったか、である。
滞米前の実力とその養成方法が明記されていない場合、信用できない。
その著者の高い英語力(ex.リスニング力、スピーキング力)が滞米中に身につけられたものであれば、日本での学習者の参考にはならないからである(英語に囲まれた環境と日本語に囲まれた日本という環境での勉強法は同じではない。)

日本人から見てネイティブ話者並みに話す著者の姿などを見たら英語学習者であれば誰もがあこがれるだろう。だからといってそういう著者の言うことを鵜呑みにしてはいけない。

私はあえてこういうことを書いている。なぜなら、頑張っている学習者に挫折してほしくないからである。明治時代以来、英語ができる人のほとんどは長期海外滞在を経て帰国して、自分の経験をもとに英語習得法を語ってきた。そして学習法がわからない多くの学習者がわらにもすがる思いでそれに飛びついては挫折することを繰り返してきた。実際、挫折した人をたくさん見てきた。
仮に、そういう著者の方法が気に入り実践し望む結果が出たなら問題はない。
ただ、そうではない人が多いはずなので書いているのである。

英語学習は年単位の時間がかかる長旅である。
しかし、目的地が見えていれば頑張れるのが人間。
そこで学習者としてはまず「目的地=目標」を定めるべきである。
自分がどのような英語力が欲しいのか。TOEIC高得点なのか、英会話なのか。
それによって旅のルート(鍛え方)が決まる
仮に目的地=総合的な英語力(英検2級~準1級程度)ならば、3000時間の旅であると申し上げておこう。
1日3時間の学習であれば3年弱である。
決して不可能な旅ではない。

正しいルートに従って着実に進んでいけば
「英語ができる未来の自分」に必ず会えるのだ


==========================

カタカナ発音滅却委員会 (当ブログの説明ページに飛びます)

#カタカナ発音滅却委員会
 
(Twitterに飛びます)

==========================


ゼロ円でできる花粉症対策(体、特に腸内環境を整える)

(1) お湯を飲む
ただそれだけ。
もしあなたが花粉症で、食事以外に1日0.8-1.5リットルの水分をとっていないのであれば試してほしい。
詳細はコチラ

(2) 食事を1、2回にする
内臓、特に腸を一定時間休ませることは大事であるようだ。
詳細はコチラ

(3) 砂糖を控える
砂糖をとると悪玉菌が増え腸内環境を悪化させる。
詳細はコチラ

(4) 自律神経を整える
副交感神経を活性化すると内臓の働きがよくなる。
詳細はコチラ

(5) その他
・サラダ油とマヨネーズをやめる。
詳細はコチラ

(6) 即効性の対症療法
・ワセリンを鼻の中や目の周りに塗る(赤ちゃん用ならより安心)。
詳細はコチラ

☆心にも生活にも「あそび」を持つことは大切☆
~勉強にも腸内環境にも~


☆健康TIPS☆
スポンサーサイト
【 2022/02/22 】 英語習得 | TB(0) | CM(-)

bringとtake

大学の授業でbringとtakeは結構混同しやすいと伝えた。

bringは持ってくる、連れてくる
takeは持っていく、連れて行く

「持っtake」と覚えるのでもいいんじゃないか。。。


英会話は話者の意識が大事。意識により語彙・表現は変わる。

「そちらに行くよ」は「行く」からgoというのではなくI'll come there.が多い。話者の(そして聞き手の)意識が「そちら」にあるから。
同様に「そちらにそれを持っていくよ」は「持っtake」とはならずI'll bring it.


米国でホームステイしていた日本人の話。
ホストファミリーがレストランに行くから一緒にどうかと誘われたとのこと。
用事があるから「後で行く」というつもりでI'll go later.と言ったがうまく伝わらず誤解を与えたらしい。
「後でどこか別の場所に1人でgoする」と思われたようだ。
この場合こそ会話参加者全員の意識はレストランに置かれているのだからcomeが適切なのだろう。


持っていく・持ってくる話では、よくwith meが伴う。日本語ではなかなか発想できないものだが。

I forgot to bring it with me.=それを持ってくるのを忘れた。
Take it with you.=それを持っていきなさい。


以上、bring/takeといった基本的な語の話だが、基本語だからこそ用法は色々あり、さまざまな場面で出会いながら覚えていく必要があるだろう。



【 2017/10/11 】 発音・スピーキング | TB(0) | CM(-)

「どう思う?」whatとhowの違い

以下のようなTweetがあった。


whatとhowは、意味的に何となく似ているので使い分けを混同してしまいがち。

まず、コアミーニングを確認。

howのコア=どう、どのよう(手段・方法など)
whatのコア=何、どんな

天気を聞くとき
How is the weather?
What is the weather (like)?

言葉が違う以上ニュアンスは異なるからあえて日本語で違いを考えると
天気はどう?
天気はどんな(感じ)?

whatとlikeは相性がいいようだ。日本語でも「感じ=like」をつけた方がしっくりくる。

それにつきどう思う?=What do you think about that?(コアで考えれば、「それにつきどんなこと(何)を考える?」で、日本語の「どう考えるか」は英語では「何を考えるか」というニュアンスなのだろう。


howとdo you thinkのセットは以下のように使われる。

How much do you think that was?
How do you think that it was made?
How do you think that the war will affect Japan?

要するに、アイデアそのものを知りたい場合はwhatであって、それ以外のこと(how much=どれくらいたくさん、どのようにつくられた、どのように影響する)についてはhowが使われる

ちなみに、ニュースを聞いているとたまに聞く表現を書いておく。

現場のレポートが終わった後スタジオにいる人がレポーターに対して次のように尋ねる。

What do you make of that?

コア=君はthatから何を作る?→thatからわかることは何?/thatについてどう考える?

「レポートした内容(that)からわかること、考えらることは何か」を聞いているのだろう。

この表現は会話でも小説でも使われるようだ。

makeをこのように使えるとかっこいいのではないだろうか。
【 2017/09/20 】 発音・スピーキング | TB(0) | CM(-)

ミニ・アクティビティ集(2)のご紹介

今年のはじめごろに出版された
Mini-Activities in University Non-Major English Classes (2)
(昭和女子大学現代教育研究所)  500円
を紹介致します。私も執筆に加わりました。

KIMG0439.jpg

目次、執筆者
写真       KIMG0441.jpg 

私が執筆したのは2つ。
「テレビ番組表を完成させよう」「都道府県あてクイズ」

これらの活動による学習目標は次の通りです。

「テレビ番組表を完成させよう」について
(1) 時刻の言い方に慣れる。
(2) 質問者は知りたいことを尋ね、その情報を聞き取り、メモを取る。一方、回答者は質問者の質問をしっかり聞き、必要な情報を正確に伝える。
(3) インフォメーション・ギャップを用いることにより、実生活と同等な英語使用を体験する。

「都道府県あてクイズ」について
(1) 話し手の言葉をしっかり聞こうとする態度を身につけ、リスニング力を向上させる
(2) 社会科の知識を再度英語で身につける(近年注目を集めているCLIL(内容言語統合型学習)に対応)


個人的に、会話力養成にとても有効と思うインフォメーションギャップを組み込みました。
また、近年はやってきているCLILも導入しました。


この本はレベル別になっているので中学生以上であれば使用可能です。

おかげさまで大変好評なようで、続編や小学生向けなどもいずれ出版されるようです。

なお、大変ご好評を頂いている「ミニ・アクティビティ集(1)」もあります。
http://kics2013.blog.fc2.com/blog-entry-521.html


お問い合わせやご購入は以下までお願い致します。


昭和女子大学 現代教育研究所(http://iome.jp/)

TEL 03-3411-7391 FAX 03-3411-7398

EMAIL:  kyoikuken-eigo@swu.ac.jp
【 2017/09/11 】 お知らせ | TB(0) | CM(-)

セミの「声」が聞こえる日本人の英語習得

次のようなTweetがあった。


夏の話題でセミcicada/sɪkéɪdə, ‐kάːdə/は使いたいアイテム。以前調べたけど、なかなか覚えられなかった。「セミはうるさい、きらい」などと毎日つぶやいて記憶を定着させた。発音を「すぃけぃだ」にしたので思い出すきっかけとして、知り合いの「いけだくん」の顔と関連させた(笑)。「すぃけぃだ」と「いけだ」は音が似ているから。
今は「すぃかーだ」を採用しているので「セミは林にいる。林にいるのは鹿だ。」がよいのではないかと思っている(笑)。

動物を含め身の回りに関する英語表現は国際コミュニケーションや試験の観点からは重要度が低く、使うことはあまりないから知らなくてもそれほど問題はない。でも英会話で困るというのであれば、自分がいいたいことをいちいち調べて覚えるしかない。

蝉の鳴き声
the chirp of a cicada
*小鳥・虫の~
chirp,song,twitter等

動物の鳴き声
a cry of an animal

カモメの~
the cries of gulls


そもそも動物や虫に対する考え方・感情などが日本人と外国人とでは異なることも、頭の隅に置いておくのがよいだろう。

日本人は「虫の声」ととらえるが、外国人にとっては「声」ではない。日本人は秋には虫の声をめでるが、アメリカ人にとっては雑音でしかないと聞いたことがある。

最新の研究では、「日本人とポリネシア人だけが虫の声を左脳で認識する」とのこと。つまり「言語」としてとらえる。

日本語研究家の藤澤和斉氏によると、「日本語とポリネシア語の特徴は、母音を中心としている点(母音部族)。多くの言語は子音が中心であるため(子音部族)、これは世界的に珍しい特徴。そして、母音は「あー」「うー」など声帯の振動をそのまま伝えることで発声される、つまり極めて自然に発せられる音であるのに対し、子音は口や息で制動することによって発し、相手との距離を保ち、威嚇するための音。
日本人とポリネシア人は母音も子音も区別せず言語脳である左脳で処理するが、それ以外の言語圏の人々は、まず母音を右脳で雑音として受け止めてから、子音を左脳で言語として処理しているという。」

参照:
http://tocana.jp/2017/04/post_12883_entry.html
https://news.infoseek.co.jp/article/mag2news_233784/

これが本当だとすれば、いつも私が主張していることのさらなる支えとなる。つまり「英語教育・英語習得は質より量。教授法より勉強時間を確保せよ。」との主張。
他の言語とは異なるとらえ方をする日本語で生活してきた日本人が、他の言語を習得しようとする場合、脳によるとらえ方を変える必要、というよりも脳を多言語に順応させるトレーニングをしっかり行う必要があるだろうと予測できるからである。
【 2017/09/07 】 英語習得 | TB(0) | CM(-)