英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
011234567891011121314151617181920212223242526272803

英語母語話者は世界共通英語ができない


科学技術の発達等により、近年世界はますますつながってきている。
とりわけビジネスの世界ではそうで、それに伴い世界共通語である英語は、非母語話者の方がはるかに多く使用している。

そして、米国人や英国人の英語が、非母語話者に通じなくてビジネスにおけるコミュニケーションで問題が発生することもあるようだ。

それゆえ、母語話者向けに「誰にでもわかりやすい英語」に関する本やセミナーなどが現れてきているらしい。

このような状況に関するニュース記事について、私は次のようなTweetをした。


さらに、以下のようなTweetをした。
=====================
母語を非母語話者レベルに合わせるのは難しいだろうがまずは①比喩的な語彙を使わず②早口・省略を避けることに気をつければよいのでは?

ballpark=球場、からビジネスでの「概算」に結びつけるのは、知らない限り無理。an approximate numberなどを使ってほしいところ。商習慣という言葉がある通り、商売ではその地域ごとの習慣・表現があるだろうが、別の地域の人を相手にする場合は考慮すべき。

日本語でも「○円で手を打つ」「今回はかなり勉強してもらった」などは日本語非母語話者には理解されないだろう。比喩的・婉曲的な表現は、商売における駆け引き・戦いを和らげる効果があるから重宝されるのだろうが、それは母語話者同士の場合に限った話にすべきだろう。

なお「勉強」の語源は「勉め強いる」(本来は気が進まないことを仕方なくする)。商人が値引きをする意味は江戸時代から使用されていた(「学ぶ」意味の勉強よりも古い)http://gogen-allguide.com/he/benkyou.html
=====================

Tweetでも述べた通り、母語を非母語話者レベルに合わせるのは難しいだろう。
しかし、コミュニケーションは(言語的、文化的に)双方の思いやり、歩み寄りが重要だから、ぜひ努力して頂きたいものである。

「どのような言葉づかいが万人にわかりやすいか」に気がついたり、考えたりするための大きな要因になるのは、外国語学習だろう。

米国人や英国人は外国語を習得している人は少ないらしい。
もっと多くの英語母語話者が「外国語習得」を経験すれば、世界はもっとつながりやすくなるのではないだろうか。
スポンサーサイト
【 2016/03/30 】 ビジネス英語 | TB(0) | CM(-)

どちらにお勤めですか

本日から大手食品メーカーでビジネス英語を教えることになっている。
この会社はすでに海外でもビジネスをしているが、これから本格的に世界展開を図るべく、従業員の英語力を高めることが狙いとのこと。

どの業界も、ますますグローバル化していくのだろう。

そこで今回はちょっとビジネス英語に触れてみる。
ビジネス英語と言っても、普段の会話でも使えるものも多いし、
TOEICに出そうなものもあるだろう。


まずクイズである。


「どちらにお勤めですか」と尋ねたいときの疑問詞は?







正解:Who
Who do you work for?=Who are you with?

*Whoを使うのがミソ。
*What companyでも可だがニュアンスは「どんな会社」だろう。

私は、NECに勤めています。=I work for NEC.=I'm with NEC.

"Who"や"with"を使う表現はなじみが薄いかもしれないが、今回を機に覚えておくとよいだろう。

Who=誰、with=~と(共に)であって、まるで会社を人のように扱っているようにも見える。


しかしよく考えれば、会社を表すcompanyは、「仲間・友人・人の集まり」などの意味もある。
会社は、人が集まってできているのであり、「会社=人の集まり」と考えることもできるのだろう。

日本語でも「会社=法人」とされる。


companyに「人」のニュアンスがあるということは、それに続く関係代名詞もwhoということになる。


a company who sells good sweets
おいしいスイーツを売っている会社

もっとも、whoではなくwhichを使うことも可能であるようだ。



なお、イギリスやオーストラリアの番組の最初や最後でしばしば耳にするのが
Thank you for your company.
である。「集まって頂きありがとうございます。」→「ご視聴ありがとうございます。」

companyが「会社」ではないことに注意したい。

これと似たような使い方に次のようなものがある。

I enjoyed Mike's company.= I enjoyed being with Mike.=Mikeと一緒にいることを楽しんだ。

He enjoys his own company(=being by himself) when he is off.=彼は休みのときは一人でいることを楽しむ。


以上、companyの持つイメージを膨らませていただけただろうか。
英語学習が進むにつれ、このように単語のイメージを自分の中に作っていくのがよいだろう。


以下はお勧めのKindle版電子書籍 一覧です。     

☆画像のクリック
でAmazon販売ページに飛びます☆   
☆画像のクリックだけではご購入手続きにはなりません☆ 
 ============================
☆Amazonベストセラー第1位<教育・学参・受験、教育学>(2013年8月-10月)☆
                  
書名:「MAGICAL 実用英文法」Kindle版 (500円)(約446ページ)
書名:「MAGICAL 英文法問題集」Kindle版 (250円)(約218ページ)
       
本気の英語修行をしたい方にはコチラもお勧めです
         
書名:「禁書 日本でやりきる 英語習得の真実」Kindle版(250円)(約90ページ)

日本人が間違いやすい発音を集中的に学んで「英語らしい」発音を一気に身につけられます!
           
書名:「発音PREMIUM 基礎力完成編 MP3付き」
Kindle版 
~発音のマズイところを直して 極上のウマイ作品に仕上げます~(300円)(約106ページ)
書名:「発音PREMIUM リズム&イントネーション編 MP3付き」Kindle版
~楽器を演奏するように息を出し歌を唄うように声を出しましょう~(99円)(約64ページ)

書名:「英会話の切り札 -感情・思考編-248phrases MP3付き」(299円)(約563ページ)
         17 
============================


1日1回クリックして頂けたらうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
【 2014/01/15 】 ビジネス英語 | TB(0) | CM(-)