英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新たな仕事をプラス

春はスタートの季節。
自分に関することも、新たに始まるものがある。

春からS女子大大学院博士課程で2年目を迎え、本格的に論文作成にとりかかる。
そして、その女子大で教えることにもなった。

週1コマであるが、自分にとっても新たな発見や学びがあるに違いないと思い、引き受けることにした。

以下、それに関するTweetをまとめておく。

====================
春からS女子大でも教えることに。グローバルビジネス学部ビジネスデザイン学科というカッコイイ所。週1コマなのに本の量がすごい。どういう使い方をしていくのかまだよく知らない。ただ、全員TOEICと米国留学するようだからその準備は必須。
KIMG0335.jpg

ビジネス関連なのも、おもしろい。TOEICの経験はもちろん、英字ニュースに毎日接したり、大企業で教えた経験も役立つに違いない。

私は普段M大で教えS女子大の院では女子大生をしているが春からは教員にもなったので、当アカウントを途中から見た人は何が何だかわからなくなるに違いない…
====================

現段階では、それらの本を全部使うのか、どのように使うのかもわからない。
しかし、どのような道具を使うにしろ、最低限目指すべきことは、「将来役立つ英語力の養成」であると考えている。
スポンサーサイト
【 2016/03/19 】 大学の授業 | TB(0) | CM(-)

閻魔降臨 単位取得マニュアル

閻魔大王は、対象者を地獄に送るかどうかを判断する。

そんな閻魔大王のような感覚で200名近くの学生の成績を先日つけ終わった。
地獄に落ちた者もちらほらいた。

判断は、授業の最初に伝えておいた次の基準に従った。

・成績をつける際、次の3つを総合的に判断する。
出席、授業態度、テスト結果

・5回までは休める(6回以上休むと自動的に単位は出ない。)
基本的には、全回出席すべき。出席率がよい場合、成績がボーダーラインの際、パワーアイテムとなる(救済力として働く。例えば不認定DになるところCになる。)

・ちゃんと出席して、ちゃんと授業に参加して、ちゃんとテストを受ければ、単位は保証される。
逆にいえば、ただ座っていて寝ていたりおしゃべりしていたりするのではだめ、テストがほぼ0点ではだめ、ということ。



今までに何度か成績をつけてきて思ったのは次のこと。
テストの成績が悪くて、しかも4,5回休む人が結構いる。5回までは休めるから休んだのだろうが、これでは不認定である。
6回休んだら不認定が自動的に決まるというだけで、5回休んだ場合自動的に単位認定されるわけではないのである。
成績の悪い人ほど、保険として全回出席すればよいのに、と思う。全回出席はインパクトがあり、不認定を免れる強力なアイテムである。


以下は、単位取得のためのテクニックである(あくまでも私個人の見解であるが)。
とりわけ、20~50人ほどで、小教室で行われる語学の授業の場合である。

単位認定が、テストの点数だけでなく、授業態度なども加味される場合、指導者との良好な関係構築は有利に働くだろう。
指導者に与える印象は大事だろう。裁判においても、裁判官に与える心象は大事である。判決を下すのが裁判官であるように、成績をつけるのは指導者であり、彼らは感情を持った人間であるのだから。

まず、印象が悪いのは次のような態度。
・欠席が多い。
・おしゃべりをよくする。
・寝る。
・名前をよんでも、寝むそう、めんどうくさそう、機嫌が悪そうな態度をとる。
・重要なポイントとして何度も授業で指摘し、試験直前の授業でも「テストに出す」と指摘したにもかかわらずテストでちゃんと回答しない。


逆に印象がよいのは上の裏返しであるが、その他は次の通り。
・勉強の方法や内容について質問をする(ただし、これは指導者によって意見が分かれるだろう。質問されるのが嫌いな指導者もいるだろう。)
前のほうに座って、まじめに話をきく。時にはうなずいたり、冗談に対して笑ったりする。(学生としては後ろのほうに座りたい場合も多いだろう。先生のくだらないギャグにいちいち反応するのは面倒だろう。しかし、話す側としては、持てる知識をできるだけ伝え、時には学生を笑わせてやろう、という気持ちで毎回90分を過ごしているので、その気持ちに肯定的な反応を見せてくれる相手には好印象を持つ)。
・回答の文字が読みやすい。

男子学生の中には、私とよく話をして仲良くなった者も何人もいる。廊下で会った時、あからさまに深々と90度以上のおじぎをして挨拶する者もいる。「点数稼ぎだろう」と思うが、悪い印象は受けない。彼らなりに頑張っているのだな、と思う(笑)。
中には、「せんせー、単位ください!」と直接言う者もいる。

仲良くなった学生には、よい処遇をしたいのが人情だが、だからといって成績や授業態度が悪いのに厚遇したのでは、他のまじめな学生と不公平になってしまう。

それゆえ、客観的な基準に従って判断するのを基本としている。
ただし、「ぎりぎり」の場合に上にいかせるか下にいかせるかは、もはやその時の「感覚」であって、その「感覚」の中には過去数カ月の間に形成されたその学生に対する「気持ち」が作用していることは否定できない。

以上のことは、中学生や高校生についても参考になるかもしれない。しかし、大学の場合、おそらく指導者の裁量が大きいので、なおさら以上のことがあてはまるだろう。クラスの何人までをA、何人までをDにするなど決まっているわけではないのだから。「気に入らないから、大多数をCにしてまえ」とすることも可能である。
滅多にいないだろうが、以前ウェブニュースで見た悪徳教員は「可愛い女子学生なら無条件で高評価。ただし彼氏の存在が発覚したらその場で低評価。男子学生なら帰省時の手土産を持参したヤツは高評価。飲み会で可愛い女子学生を紹介した男子学生は高評価。自分が嫌いな学生は低評価──」ということを長年やっているとのこと。

これは極端な例だが、テスト結果という数字だけの問題ではない場合、対人スキルが要求されるということ。
(テスト結果だけが基準の場合であっても、その教員が嫌う学生に対しては低評価をすることはありうる。)

つまり、「単位取得」という目的を達成するためには、その教員にひどく悪い印象を与えないようにするスキルは有効に働くであろう。
極端にぺこぺこしたり、お土産を持ってきたり、ということではない。授業という形態の中で、教員と友好的なコミュニケーションを図るということである。
このような対人スキルは、社会に出れば必ず必要になるもの。学生のうちに、先生を相手に対人スキルの練習をして将来に役立てる、と思えば退屈に感じる授業も有意義なものに見えてくるのではないだろうか。



【 2015/08/08 】 大学の授業 | TB(0) | CM(-)

期末テストの珍解答で単位は出るのか

先日、無事に大学期末テストを終え成績もつけた。

教科書・授業の範囲しか出題せず、最後の授業では「出る」場所も示した。
(いろいろな学科の学生たちは、英語が嫌いだったり苦手だったりする者も多く、本来英語はやりたくないだろうが必修であるため、彼らの負担とならないよう考慮しての出題である。)
にもかかわらずほとんどできない場合は、やる気がないことが明白なため、単位を出さないこととした。
これは、授業中おしゃべりしたり寝たりしている人は不可となり、まじめに授業を受ければ簡単によい成績がとれるシステム。

結果、かなりの人数が不認定となった。

そういう学生はテスト中自分なりの解答をひねりだすしかなく、それが当たることはない。
なぜなら、記述式だから。

そんな中、珍解答もいろいろあったので紹介する。


問題:The local time is half past seven.の意味は?

これは航空機内でのアナウンスのリスニング。TOEIC学習者にはわかりやすいだろう。
授業では丁寧に説明しておいた。
local:「いなか」ではない。
half past seven:pastは「過ぎた」だから、7時を過ぎて半分、つまり7時半。主に英国式で、米国ではseven thirtyが普通。

正解:現地時間は7時半。

そして珍解答は…

学生1:7歳の半分を地元で過ごした

←「地元」まではよかったが…

学生2:昔7人の小人がいた

←む~~~、さすが「子ども学科」の学生…


問題:A low pressure system is approaching from the west. の意味は?

初見では、とまどうかもしれない。これは天気予報のリスニングで出てきた表現。
学校教育では滅多に出てこないだろう。
それゆえ授業でしっかり説明した。

正解:低気圧が西から近づいている。

low pressure system=低気圧。pressureは圧力でしょ?
systemをこういう場合にも使うよ。他にも例えば宇宙の話をしていてthe solor systemと言えば「太陽系」。「ソーラーシステム」だからと言って「太陽光でお湯をわかすシステム」か何かと間違えてはだめだよ。

印象に残りやすいように説明してあげたので、みんなできるはず!
との期待を見事に裏切る珍解答Best3は…

第3位: 良い機械は西から出ている

←system=機械、低いプレッシャー(緊張?)=良い、ということか…

第2位: 高電圧システムは西から届いている

←lowが「高」という認識か…

そして栄えある??第1位は



低血圧は腰からやってくる



なるほど…low pressure system=低血圧領域という表現は確かにあるが。westがウエスト(腰回り)ということか(笑)

これと同じ系統の思考をしたと思われる解答にはこんなものもあった。

緊張はおなかから近づいている

プレッシャー=緊張か…


以上、まあ、笑わせてくれるが、テストは笑わせてほしくてやっているわけではない。
このようなその場で考えた回答は、出席していても聞いていないことを如実に示している。

出席だけしても、ちゃんと授業を受けなければダメと、最初に言ってある。

よって、カラ出席+低得点=不認定 となる。


もし、これを読んでいる学生の方がいらっしゃったら、授業中は先生の話を聞くことをお勧めする。
わからないことは質問をするのもよい(ただし、指導者によっては面倒がる場合もあるかも。先生にもいろいろなタイプがいるから)。
教えるほうからすると、そういう学生はとても印象がよく、よい成績をあげたくなるのである。


1日1回クリックして頂けたらうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
【 2015/01/31 】 大学の授業 | TB(0) | CM(-)

語学授業では文化的背景も学ぼう

先週の月曜はMartin Luther King Jr.Dayだった。
米国では祝日。彼の誕生日の1月15日にちなみ1月の第3月曜日となっている。

キング牧師は歴史上、非常に重要な人物と言えよう。
彼のスピーチをちょうど最近LL授業で扱った。

それゆえ期末テストに出題する。
といっても難しいことは問わない。
彼の演説は非常に格調高く、難しい単語も多い。

試験で問うのは黒人差別の実態、演説での比喩表現について。
授業を聞いていれば答えられるものである。
答えられない学生は非常にマズイことになる。
寝ていたか、起きていても聞いていなかったことになり、心象が悪い。

社会情勢などは英語力とは直接関係ないが文化的背景は語学と密接ゆえ学ぶべきだろう。
学校の語学教育は単なる語学レッスンに終わらせるべきではないだろう。


1日1回クリックして頂けたらうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
【 2015/01/26 】 大学の授業 | TB(0) | CM(-)

春学期の授業は無事終了

今週で春学期の授業は全て無事終了。来週は期末テスト。

今まで小テストなどをやってきてわかったのは、学生達は自主的には勉強しないということ。
そこで英米語科には夏休みの宿題を出してあげた。
通年授業なので可能なのである。

皆、「えー」と苦い顔をしたが不思議だ。
「英語をやりなさい」と言われて嫌がるとは。皆、英語をやりたくて入学したのでは?

NCM_0592.jpg

「英語をやれと言われたら大喜びして、よだれがたれるくらいになりなさい」
と言っておいた(笑)

いや、まあ、「勉強や宿題がいや」なのは、本当は不思議ではないのだが・・・

彼らは確かに、「英語ができるようになりたくて入学してきた」と言っていた。
しかし、その目標を達成する手段である「勉強」はいやだということだ。

確かにそれはつらいことだ。
しかし、このことは英語に限らずである。

「野球がうまくなりたい。でも、練習はいや。」というのと同じである。

「英会話学校に通いさえすれば、英語がうまくなる。」と多くの人が思っているが、それはない。
「○○ラーニングを聞き流しさえすれば、英語がうまくなる。」と多くの人が思いがちだが、それはない。

他人から「うまいですね。」と言われるレベルに到達するためには、どんな分野においても苦しい練習は不可欠である。


「高等教育研究」という学内の紀要(論文・レポート等の投稿雑誌)で、ちょうどよい記事を見つけたので学生に見せた。
「2年生の4カ月間行う留学の効果についての報告」

ポイントは次の通り。
・留学前の基礎学力が高いほど留学の効果は高い
・留学後のTOEIC IPのスコアが50点以上伸びた人が全体の73%
・リーディング力にはあまり効果が無い
・帰国後の英語運用力の伸びがない


これらの報告からわかるのは次の通り(この報告がなくてもわかってはいたが、改めて確認できた)。

留学前にできるだけたくさんインプットするべきなのである。
なぜなら、話したり書いたりするアウトプットのためには、まずは頭の中に英語が入っていなければ、出したくても出せないのだから。

そして、リーディングという高度な知的作業は、「机に向かった勉強」が必須である。海外で外国人といくら会話をしたところでリーディング力はつかないのである。

TOEICで50点以上伸ばすくらいなら、4カ月も留学する必要はないし、勉強をしていなければ、伸び悩んだ27%に入ってしまう。


そういうわけで、留学の効果を少しでも高めさせたい(そしてTOEICでよりよいスコアをとらせたい)ので、今のうちに少しでも多くの知識を学生達にインプットさせたいのである。


夜は暑気払いを行った。
院の同期の男性2人と。日本語科と韓国語科。3者3様。

日本語科の人は同じ大学で助手をしているので学内の内部事情が色々きけて実におもしろかった。
給料はいくらとか生々しい話や○先生は△先生のことが実は大嫌いとか(笑) 

「白みそもつ鍋」、とてもおいしかった。

1日1回クリックして頂けたらうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
【 2014/07/26 】 大学の授業 | TB(0) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。