英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

○○○○○掲示板○○○○○

ここはブログ・トップ・スペースです


日本で英語学習をする日本人の方々へ

私が今までに研究したり感じたりしたことを書いておきます。
ご自分に適した勉強法を見つけるための参考にして頂けたら幸いです。

☆英語習得に王道なし


学習法に関する詳細は拙著や当ブログを参照して頂きたい。
拙著に関する紹介記事はコチラ。

習得法は大雑把にいえば次の通り。
大量のインプットでリスニング・リーディング力をつける(個人差はあるが、最初の1000-2000時間はほぼインプットにあてるくらいがよい)
・その前提として中学の文法は習得している必要あり
・リスニングにつき、初心者・中級者は文字で確認できる素材を繰り返す。基本はシャドーイング。
・スピーキングやライティングは、それの練習が必要(基本表現は覚えてすぐに言えたり書けたりできるようにしておく)。
・ある程度の実力がつくには2,3年かかる。モチベーション維持方法は人それぞれ(リスニング、音読、リーディングなど色々やる、TOEICや英検などを目標にする、SNSなどを活用し勉強仲間と交流する、学習内容や時間を記録する etc)

日本で頑張っている方はたくさんいらっしゃる。
ネットで検索すれば学習者のブログやTwitterが色々出てくるはずである。

参考までにブログを3つ挙げておく(お三方ともTwitterなどで交流を持たせて頂いている)。

Sushi Boy English Channel(すしぼーい氏)
4技能に渡って驚異的な学習量を誇る。「英語がなかなかできるようにならないなあ」と嘆きたい方は、この著者くらいやりこんだか否かを考えてからにしたほうがいい。

Lake Shinji(Mako氏)
毎日、英語でブログを書くと決めていらっしゃる。もちろん、リーディングなど他の技能を鍛えることもなさっている。

Play with TOEIC(HeadbuttK氏)
TOEICや英検をほぼ毎回受験し満点や合格を繰り返していらっしゃる。風呂の中でも勉強をするという。

【注意】
「勉強法」に関する本などについて
"○○テストで最高点" "1回受験しただけで○○検定に合格"などの宣伝文句があっても、すぐに飛びつかないこと。
著者の経歴を見るべき。
○○テストで最高点を取得した等を売りにしていても滞米10年などとあったら、まず参考にならない。(もっと気をつけなければならないのは「留学経験なし」とあっても実はネイティブ環境にいたような場合である。つまり「ホームステイはした(確かに「留学」ではないが)」や「5人のネイティブ話者と1年以上も日本でルームシェアをして毎晩議論していた」といった経歴の場合。さらにネイティブ話者や帰国子女による習得法も参考にはならない。)
参考にできるのは、渡米前の実力を日本でどう養ったか、である。
滞米前の実力とその養成方法が明記されていない場合、信用できない。
その著者の高い英語力(ex.リスニング力、スピーキング力)が滞米中に身につけられたものであれば、日本での学習者の参考にはならないからである(英語に囲まれた環境と日本語に囲まれた日本という環境での勉強法は同じではない。)

日本人から見てネイティブ話者並みに話す著者の姿などを見たら英語学習者であれば誰もがあこがれるだろう。だからといってそういう著者の言うことを鵜呑みにしてはいけない。

私はあえてこういうことを書いている。なぜなら、頑張っている学習者に挫折してほしくないからである。明治時代以来、英語ができる人のほとんどは長期海外滞在を経て帰国して、自分の経験をもとに英語習得法を語ってきた。そして学習法がわからない多くの学習者がわらにもすがる思いでそれに飛びついては挫折することを繰り返してきた。実際、挫折した人をたくさん見てきた。
仮に、そういう著者の方法が気に入り実践し望む結果が出たなら問題はない。
ただ、そうではない人が多いはずなので書いているのである。

英語学習は年単位の時間がかかる長旅である。
しかし、目的地が見えていれば頑張れるのが人間。
そこで学習者としてはまず「目的地=目標」を定めるべきである。
自分がどのような英語力が欲しいのか。TOEIC高得点なのか、英会話なのか。
それによって旅のルート(鍛え方)が決まる
仮に目的地=総合的な英語力(英検2級~準1級程度)ならば、3000時間の旅であると申し上げておこう。
1日3時間の学習であれば3年弱である。
決して不可能な旅ではない。

正しいルートに従って着実に進んでいけば
「英語ができる未来の自分」に必ず会えるのだ


==========================

カタカナ発音滅却委員会 (当ブログの説明ページに飛びます)

#カタカナ発音滅却委員会
 
(Twitterに飛びます)

==========================


ゼロ円でできる花粉症対策(体、特に腸内環境を整える)

(1) お湯を飲む
ただそれだけ。
もしあなたが花粉症で、食事以外に1日0.8-1.5リットルの水分をとっていないのであれば試してほしい。
詳細はコチラ

(2) 食事を1、2回にする
内臓、特に腸を一定時間休ませることは大事であるようだ。
詳細はコチラ

(3) 砂糖を控える
砂糖をとると悪玉菌が増え腸内環境を悪化させる。
詳細はコチラ

(4) 自律神経を整える
副交感神経を活性化すると内臓の働きがよくなる。
詳細はコチラ

(5) その他
・サラダ油とマヨネーズをやめる。
詳細はコチラ

(6) 即効性の対症療法
・ワセリンを鼻の中や目の周りに塗る(赤ちゃん用ならより安心)。
詳細はコチラ

☆心にも生活にも「あそび」を持つことは大切☆
~勉強にも腸内環境にも~


☆健康TIPS☆
スポンサーサイト
【 2022/02/22 】 英語習得 | TB(0) | CM(-)

「どのように日本語を、聞き話せるようになったの?」日本人が外国人に教えられるか

次のような記事があった。

「日本語なら私も教えられそう」と言われた時の日本語教師の反応 - NAVER まとめ http://matome.naver.jp/odai/2146854409147442601

これに関連して英語習得に関して、私は次のように考える(その一部をTweetした)。

=================
文法を含め、ターゲット言語が話されていない土地での「習得」を指導することはネイティブ話者や長期滞在による習得者にはほとんど無理。特に英語の場合。

なぜなら、日本語と英語は言語的・文化的距離が最も遠いため習得が困難で、習得経験がなければ指導・アドバイスのしようがないから。

「日本語をどのように習得しましたか。習得方法を教えてください。」と日本人が外国人から言われたときどう答えるか。

「どのようにして日本語を聞けるようになったの?どういう練習をすれば話せるようになるの?」

このようなリスニング・スピーキング能力を、日本以外の外国で、意識的に勉強・練習することによって習得する方法を、日本生まれ・育ちの日本人が外国人に指導できるのか、ということ。

これを逆から見たのが、英語習得の話。

なお、ネイティブ話者の本領が発揮されるのは、習得後の「運用」である。

ネイティブにしかわからない感覚など。
言葉の「正確さ」「流暢さ」「適切さ」を身につけるならネイティブ話者の胸を借りるのが有効。

もっともネイティブ話者でも、縦と横の振り幅が大きいことを忘れてはいけない。
つまり、知的・言語レベルおよび英語母語話者の祖国は英米だけではなく、また地域差も存在する。

さらに、国際共通語としての英語であれば、ネイティブ話者が絶対的とはならないことにも留意。
=================

日本のような環境では、教授法・勉強法をうんぬんする前に、大量にやることが大事。
基本となる音声・文法を習得したら、後は量をこなす。

これは根性論ではない。
言語習得には「大量」が必要不可欠で、日本人にはそれが圧倒的に欠けている。

教授法よりもまずは、日本で英語を習得した人々の勉強法を参照したほうがいいだろう。

最後に、先日Tweetしたものを貼っておく。

【 2016/08/17 】 英語習得 | TB(0) | CM(-)

現地に住めば日常会話は得意になるだろうけど

昼休み、院生室で中国人留学生の女性2人が日本語で会話をしていた。
「結婚してすぐに妊娠して…つわりはなかった。…言語習得学会と○○の日程がかぶって…韓国のアイドルの○○が、俳優ね…」

話題が次々変わるだけでなく日本で生活しないと会話でパッと出てこない言葉がたくさんあるなと思った。
「つわり」「かぶる」など。

日常会話能力を身につけるには、これを見ても明らかなように現地で生活するのが圧倒的に有利だと思う。
まさに日常の話題について、1日のうち何時間も接し、それを毎日繰り返すのだから。
現地で数年間生活すれば、日常会話がペラペラになるのは当然だろう。

(留学などしていたのに英語が話せるようにならなかった人もたまにいるようだが、それは現地で英語を話そうとしていなかったからだろう。)

ただし、我々が外国語として学ぶ英語は世界共通語としての英語であり、
休憩中のおしゃべりのための英語ではないことを忘れてはならない。

例えば英語で置き換えて考えると、国際コミュニケーションにおいて、「つわり」という語彙は必ずしも必要ではないし、「かぶる」という口語体を使いこなせなくても事はたりる。その言葉を使ってしまうと、場合によっては自分のレベルを下げてしまうことさえあろう。
むしろ「同じ日だ」など別の言い方をしたほうがよいとさえ言える。

日本で英語を学んでいる人があこがれるかもしれないが目指す必用のないのは
「深みのない会話をペラペラとネイティブのように話せること」
であろう。

よく言われることではあるが、重要なのは話の内容であり、それをいかにわかりやすく伝えられるか、であろう。
そして、中級以上になったら、その場に応じた語彙・表現を使い、相手に失礼のないように話せるようになることであろう。
【 2016/06/01 】 英語習得 | TB(0) | CM(-)

区別:lash,lush,rash,rush,flash,flush,crash,crush,clash

以下、区別しにくい似たもの同士をまとめ、記憶のてがかりを記しておく。


lash=ムチ(打つ)
ex.
She lashed him with her tongue. 彼女は彼を毒舌でののしった。

lash out violently 激しく非難する


lush=(植物が)青々した、生い茂った
ex.
lush fertile land 緑濃き豊かな土地


rash=発疹(名詞)、性急な、軽率な(形容詞)
ex.
I developed a skin rash. 皮膚に発疹ができた。

I made a rash decision. 私は軽はずみな決断をしてしまった。


rush=突進、殺到(名詞)、大急ぎでする、突進する(させる)(動詞)、急を要する、切迫した(形容詞)
ex.
rush an order 素早く注文に応じる、注文品を至急調達する

avoid commuting during peak rush hour
ラッシュアワーのピーク時の通勤を避ける

the morning/evening rush hour 朝の(夕方の)ラッシュアワー

Don't travel at rush hour/in the rush hour.ラッシュアワー(の時)に出かけるな。

*the rush hourのtheはつける場合とつけない場合があるようだ(rush hourを固有名詞的にとらえるとtheは不要となるのだろう)。


an eyelash=(1本の)まつげ(まばたきするとムチのようだからか)

lower lash/upper lash=下まつげ/上まつげ



flash=点滅する(flicker)、ぴかっと光る、懐中電灯



flush=赤面する(させる)、どっと(ざっと)水をかけて~を流す・洗い流す
ex.
You're flushed. 顔が赤いよ。

flush a toilet 水洗トイレの水を流す



crash=(砕けるような)すさまじい音をたてる、砕ける、墜落する
ex.
A car crashed into a truck. 乗用車がトラックに衝突した。


crush=押しつぶす、粉砕する
ex.
The car was crushed flat. その車はぺちゃんこにつぶされた。


clash=(金属などがぶつかりあって)ガチャンと鳴る、(チーム・軍などが競技・戦闘で)ぶつかりあう、(意見・利害などが)衝突する
ex.
His plan clashed with her interests. 彼のプランは彼女の利益と衝突した。



どれも区別がやっかい。
例文で覚えてしまうのがよいだろう。

"a"と"u"がある場合、"u"のほうが「差し迫った」ニュアンスがあると思う。発声の長さからいっても、crashは「くらーしゅ」、crushは「くらっしゅ」という感じで、"u"のほうが短い。
crushなどの"u"の発音は[ʌ]で、「あ」よりも「お」に近いともいえる。ヨーロッパ人の中には、「くろっしゅ」に近い音を出す人も少なくない。

また、拙著「禁書 日本でやりきる英語習得の真実」

でも触れたが、暗記のコツの1つとして「桝原流」がある。そのうちの1つが「文字の形のイメージ化」。

例えば"u"は、縦の線が2本もある。縦方向から「押しつぶされる」かんじ。
よって、「差し迫った」ニュアンスがある。

なお、今回の単語はどれも「非常によく使われるわけではないので、なおさら記憶にとどめにくい。
ニュースなどでたまに見かけるのは飛行機がcrash、政党同士がclashといったところだろう。
【 2016/01/20 】 英語習得 | TB(0) | CM(-)

英語はコア・ミーニングで覚えよう

次のようなTweetを見つけた。
===============
in the face of …=…をものともせず
===============

中級くらいまでは、このように「○○=△△」と英語の日本語訳をきっちり覚えて、その表現は「覚えたぞ」と学習を終了してしまうのもやむをえないとも言える。

しかし、単語はもちろん熟語も、できるだけコアミーニングを考えてから覚えるようにしたほうがよい

確かに「をものともせず=in the face of」とだけ覚えておけば、「をものともせず」とアウトプットするときすぐに出てくる。

しかし、そのような記憶の仕方では不都合がある。

つまり、同じ表現で別の意味がある場合も多く、それも知っていないと応用がきかない。

次の例は「ものともせず」ではわかりかねる。
pain experienced by the people in the face of reform
(解釈は後述)

また、そのように固定して記憶する必要もない。もしこの表現を知らなくても、アウトプットは別の表現(ex.despite)でも可能だから。

コアミーニングでの理解は以下のようである。

in the face of~
コア=~の顔面の中→~に直面して

She is strong in the face of criticism.
コア=彼女は強い、批判に直面しても

結局これは、「をものともせず」で解釈してもよいが、「批判の中でも彼女は強い」と認識してもよい。つまり、絶対に「ものともせず」と解釈する必要はない。

自然な日本語にすると、「彼女は打たれ強い。」

上述の例
pain experienced by the people in the face of reform
コア=その人々によって経験された痛み、改革に直面しての

自然な日本語にすると、「改革の痛み[改革に伴う痛み]」

要するにコア=直面して
であって、それ以降の意味合いは文脈による。

私が言いたいのは、がちがちの日本語訳だけの記憶では応用がきかないから、コアミーニングをもとに、文脈から意味合いを判断したほうがよいということである。
また、コア・ミーニングからの意味の判断を行えると、アウトプットの際にも大いに役立つのである。


【 2016/01/09 】 英語習得 | TB(0) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。