英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
011234567891011121314151617181920212223242526272803
月別アーカイブ  【 2013年02月 】 

≪ 前月 |  2013年02月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

残りもの

前々回のブログ
http://ameblo.jp/english-revolution-2012/entry-11479951381.html
で言及した言葉

remaining balance=残りの未払い額

これは、 outstanding balanceで置き換えられる。

ここのoutstandingは「未解決の、未払いの」


outstandingのCore Meaning(CM)=「傑出した、顕著な」
そして、目立っている(顕著な)のが、未解決や未払いのものなのだろう。


また、remainingもくせものである。
remainとremainderの区別をどうするか。

the remainder=残り("the"がつく) = the rest

The remainder of the day was wasted.
その日の残りは無駄に費やされた。

The remainder of her life was miserable.
彼女の人生の残りはあわれだった。


remains=残っている物[人]、遺跡・遺物(複数形)

the remains of dinner
夕食の残り

discovered remains
発見された遺体

the remains of an ancient city
古代都市の遺跡


remainderとremainは、形が似ているから、意味も同じようになるのは当然である。
ただ、区別するとすれば、例文からわかる通り
remainsは、実際に目に見えるものに使われるということだろうか。




1日1回クリックして頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
【 2013/02/28 】 単語・熟語 | TB(0) | CM(0)

英語の公教育:高校TOEIC集中講座を終えて思うこと

人生がこれからという生徒たちに色々な情報を提供した。
TOEICのテクニックはもちろん、日頃の訓練法、目標到達までにかかる時間や使用する本の数、TOEIC会場でのエピソード、TOEIC以外の英語の勉強法など。

詳しい情報が知りたい方は以下の電子書籍をどうぞ。

☆「TOEIC 1日で100点アップする秘法
―英語や読書が苦手な人への特効薬― 」

☆「TOEIC 1日で100点アップするためのリーディング・ハーフ模試
―解く際の目線の移動や思考過程をライブ感覚で詳しく解説―


国内で頑張る方も留学を考えている方もぜひ!
↓ ↓ ↓
☆「日本で英語を習得する方法」



留学経験はないからそれに関する話はできないが、日本で勉強する場合何をどのようにどのくらいやればよいかを示した。

TOEICで200点UPするには、900を超えるには何冊やるか、900を超えた後満点に届くための模試の数は、英検1級はどんなものか、ニュースを理解するためには・・などなど。


全て自分がやってきたことなので、情報の内容に現実味があると自負している。


そういう意味で、英語を海外で習得した人が英語の指導にあたる場合、
不都合な部分がかなり出てくると言える。

以前にも述べたが、「英語の学習や指導」と言った場合、その中身は2つのものを含む。

獲得と運用。

獲得は、インプット、つまり、英語を記憶すること、身につけること。

読む場合でも聞く場合でも話す場合でも書く場合でも、まずはインプットが必要である。
インプットがなければ、その先はない。
アウトプットするための内容がインプットされていなければ、何も出てこないからである。

そして、インプットを一定量蓄積するためには多大な労力が必要。

それができない、または、途中であきらめてしまうために
多くの日本人が英語で挫折してしまうのである。

海外で英語を身につけた人はこの部分の指導に現実味が出せない。
なぜなら、経験がないからである。


日本の英語教育の政策を決定するのは、国会や文部科学省だが
中身を決定するのは諮問機関であろう。
その機関を構成するのは、英語教育の専門家、
そのほとんどが、英語学や英語教育学の教授であろう。

こういった教授たちは、大学や大学院時代を海外で過ごしたために
英語がしゃべれるようになっている。
(実際、留学する前は、しゃべれない場合が多い。)

つまり、自分達は海外で習得しているのに、
会議の目的は、日本で英語を学ぶための施策なのである。
(学習環境について、日本と海外の違いは極めて重要である。
例えば、英語圏で四六時中英語に触れている場合と
日本で英語に触れている場合の時間数を考えるだけで明白である。)

経験がないのだから、現実味のある政策が作れるはずもない。
本来彼らが行えるアドバイスは、「英語が話せるようになりたければ、海外で数年間暮らしなさい。」ということだろう。

このような点こそが、日本の英語教育の歴史100年の中で
最大の問題点であると考える。

今も昔も、公教育を終えていながらほとんどの日本人が英語運用能力が身につかない最大の元凶がそこにある。

このような点を十分認識したうえで
公教育を変えて行く方向に流れを作っていきたいと思う。





1日1回クリックして頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
【 2013/02/28 】 英語教育 | TB(0) | CM(0)

TOEIC:balance 差額、残額、未払い額

balanceのCore Meaning(CM) は、天秤。
そして、「釣り合った状態、つり合い、平衡」

TOEICの問題集でよく見かけるのは

You must pay the remaining balance by the end of this month.
今月末までに残りの未払い額を支払わなければならない。


balanceがなぜ「未払い額」なのか。


そもそもbalanceは、会計用語として使われる。

貸借対照表は、balance sheetという。

この表は、企業の財政状況を表す。
左側(借方=debit)に「資産」を、右側( 貸方=credit)に「負債」「資本」を記入する。
そして、「資産」=「負債」+「資本」が成り立つ。

つまり、左右でバランスがとれているのである。

the remaining balaceのCMはおそらく
「残っているbalance= まだ左右のバランスがどれていない部分=差額・残額」

バランスがとれていないということは、負債が多くなっており、「未払い額」となるのではないだろうか。


以上、分析してみたが、実際に使う時は単純に
「the remaining balance=未払い額」と考えておけばよいだろう。





1日1回クリックして頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
【 2013/02/27 】 単語・熟語 | TB(0) | CM(0)

TOEIC Part5 "staff"

staffという単語はなかなかやっかいである。

Tweetした問題をここにも記しておく。


is かareどっち?
The sales staff who speaks both English and Japanese, ( ) looking into the cause of the accident. 


正解はis。
∵staffは集合体として通例単数扱い。
ただし複数扱いの場合もある。話者が複数のメンバーを想像している場合であろう。
本問ではspeaksと三単元Sがあることから確定する。

isかareどっち?
The police ( ) investigating the cause of the accident.


正解はare。
∵the policeは集合体として複数扱い。
staffよりも集合体の意識が強いということか。


ちなみに、英会話で
「私はその会社のスタッフ(職員)です。」
と言いたい場合はどうするか。


I am on the staff of the company.
というらしい。

staffという集合体(かたまり)の上に私が乗っている、ということだろう。

あるいは、次のようにも言えるらしい。

I am a staff member of the company.

これのほうがわかりやすいかもしれない。
memberは、数えられるので、"a"が前に来ている。




1日1回クリックして頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
【 2013/02/26 】 TOEIC | TB(0) | CM(0)

TOEIC Part5 名詞VS.動名詞

動名詞という言葉は、なんとなくわかりにくい。

もともと動詞だが、文法的に必要なために名詞形に変化させることである。

advertise 「宣伝する」→動名詞advertising「宣伝すること」

一方、advertiseの名詞形はadvertisement「宣伝」

つまり、日本語での意味も、動名詞の場合は動詞の意味に「~こと」をつけた感じとなる。

では、問題を1問出す(先日のtweetと同じ)

production, producingどちらが入るだろうか?
We got an order for the ( ) of 9 cars.

( )には名詞が入ることが予想できるため名詞か動名詞か迷うことはある。

正解はproduction
理由はいろいろある。


①日本語の意味production「生産のための注文を受けた」、producing「生産することのための注文を受けた」で前者が自然

②名詞があるのにわざわざ動詞を変形させる必要なし(英語に限らず言語の運用はできるだけ楽な方向に進む)

③動名詞は前置詞の後に来る(ex.We had difficulty in producing~。.逆に言えば、前置詞の後に動詞のような意味合いを続けたいために、文法的に形を合わせるために名詞のような形にした)

④動名詞の後には目的語が来る(もともとproduce carsのような使い方があり、文法的な形を合わせるために名詞のような形にした)


Part5の文法・語法問題は、
英語慣れ、TOEIC慣れしている人の場合
一瞬で正解を見つけることも少なくないが
そうでない人の場合、正解に至る思考過程をよく確認し記憶していくことが大事である。
その積み重ねがある程度たまったときに
「秒殺」や「瞬殺」が可能となるのである。




1日1回クリックして頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
【 2013/02/25 】 TOEIC | TB(0) | CM(0)

英検1級2次試験終了

本日、朝早くから1時間半くらい電車に乗って受験してきた。
電車の中には、東京マラソンに出場するらしい人達が何人もいた。
私は、とりあえず面接に参加することにしたのだった。

先日、次のことをTweetした。
「誰かのブログで昔の英検1級の話が出てた。パブリック・スピーキング。他の受験者の前でスピーチをするとのこと。休み時間英語で雑談していた帰国子女大学生風の女性がスピーチになったとたん、全然しゃべれなかったらしい。確かに、雑談とスピーチでは発話の質が違う。ネタがなければあがったりだ。」

単なる日常会話ならまだいいが
アカデミックな話題について、理由や具体例をいくつか挙げるだけでも大変なのに
それを英語で表現するのはとても困難である。
だからこそ事前に準備しておけば非常に楽である。

そういうことがわかっていながら結局準備はしなかった。
前日と当日合わせて10-15分くらい
自己紹介、インターネット、宇宙開発をしゃべってみただけだった。
後は、以前に準備したものを脳の奥から引っ張り出せばいいや、と考えた。

自分にとって1次試験は準備しなくても大丈夫な理由は
日頃、ニュースを中心に読んだり聞いたりしているから。
しかし、2次試験は準備なしだと厳しい。
なぜなら、海外滞在経験がないのはもちろん日頃まったくしゃべっていないから。

今回の再受験の目的は、好きなトピックで気持ちよくしゃべりたかったから。
前回、興味のない話題だったから。

しかし現在、私は高校のTOEIC集中講座の真っ最中であり、
また途中から、「しゃべりたい」との気持ちもなくなってしまった。
勉強情報などをTwitterやブログで発信し、他の学習者のお役に立ちたい気持ちが強くなってしまった。

それゆえ、準備する気にもなれず当日を迎えることになった。

前回と同じ会場だったので
同じ試験官だったらいやだなぁと思っていた。

なぜなら、自己紹介をする場合
同じことを言ったのでは、「また同じこと言っている。覚えてきただけか。」と思われるのではないか
と考えたからである。

部屋の前で待っている間
前回担当だった外国人が、違う部屋へ入っていったのでほっとしたのもつかの間
自分の部屋に、なんと前回と同じ日本人が入っていった。

ありゃ~
ちょっと違うことを言わなければ・・と考えてみたが
今から変えるのは得策ではないと思いなおした。

一番最初に呼ばれた。

試験官は二人とも50-60代と思しき男性。

外国人はイギリス人らしかった。
できればアメリカンがよかったのだが
彼の発音は聞き取り易かったので問題はなかった。

結局、前回と同じような自己紹介をした。
日本人試験官も、私のことを忘れていたのか、忘れたふりをしてくれたのか
自己紹介を興味深げに聞いてくれた。

予定通り、30秒くらいをしゃべり
残り30秒くらいを質疑応答にあてた。

そして、トピック選び。
4.大学は学生を仕事のために準備させるか
という趣旨。
(確か前回も4.だったような・・。私がやり易いと感じるトピックは4.になりやすいかも。
教育、動物、環境、インターネットなどは4.になりやすいかも。
政治、経済、国際問題などは1-3になりやすいかも。)

これは、以前準備したのと全く同じトピックだったので
一安心した。
(もし見知らぬトピックばかりだったら、しどろもどろに終始したかもしれない。)

仮に、今回試験準備をしっかりしていたら
極めて流暢にベラベラしゃべれていただろう。

しかし、現実には、考えながらしゃべり
それほど流暢にはなれなかった。
内容に神経を使ったため
その分、文法は崩れたと思う。

結論とその理由づけの両方とも
記憶の引き出しからひっぱり出してくる感じだった。

スピーチ

結論:大学は学生をディレクトリー(直接的)には仕事にむけて準備していない
理由1.大学の一番の目的は、学問を教えること
理由2.クラブに入れば、他人とのコミュニケーション、組織の運営など、社会的なことを学べる。
また、大学が提供する就職説明会では社会について色々学べる。

質疑応答

1.外国人:あなたは、大学が学生をダイレクトリーには仕事に対して準備していないと言ったが、医学はダイレクトリーではないか。(私の発音はディレクトリーだったのに、外国人はダイレクトリーと言った。イギリス人の可能性が高い。)

私:はい、たしかに。しかし2つのタイプがある。1つは医学を研究すること(基礎医学のことを言いたかった。)これは、ダイレクトリーではない。もう1つは患者に治療を施すこと(臨床医学)。これはダイレクトリーである。
もう1つの例は、法学部では、ディレクトリーだ。法律の解釈や司法試験の勉強で社会的なことを学ぶ。


2.日本人:大学生は勉強していないのでは?

私:2つのタイプがいる。ある学生は一生懸命勉強する。別の学生は遊んでばかりいる。大学をリゾートのように考えている。


(もう1つ独立した、または関連した質問があったかもしれないが覚えていない。)


終了のチャイムが鳴る。

最後にイギリス人が言った。
「この話題はおもしろい。もっと話したいが時間だ。」

この発言から、会話に興味をもっていてくれたのではないかと感じた。
試験官との相性は結構よかったのではないだろうか。


それにしても、わかってはいたが
日頃使っていない表現は急速に忘れていくものだ。
(あるいは、脳の奥の方に行ってしまって非常に取り出しづらくなってしまうものだ。)


日頃まったく使わないものを無理やり覚えるのも不合理だと感じる。
(勉強の動機が「合格」だけである場合、合格後は急速に忘れる。)
いったん覚えたものを維持するためには
日頃から使っていなければならない。
しかし、使う必要性がないのに
それを維持するためだけに、英会話をやるという気にもなれない。

日本・日本語と西洋・英語は
言語的距離・文化的距離がもっとも遠い。
そういう環境で英語を学ぶことが非常に困難であることを
改めて感じた。





1日1回クリックして頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
【 2013/02/24 】 英検 | TB(0) | CM(0)

canとbe able to

先日、読者の方からリクエストを頂いたので
今回は、canとbe able toの違いを考える。

どちらも日本語では「~できる」

I can speak English.
I am able to speak English.
私は英語を話せる。

ただし、あえて区別するなら
can「~できる」、be able to 「~することができる、~する能力を持っている」

いつも言っている通り、言葉は長ければ長いほどカタイものとなるのが一般である。
そして、ableのCore Meaningは、「が可能である、能力を持っている」。

とすれば、be able toのほうがカタイのであり、
I am able to speak English.はcanとあえて区別すると次のような和訳になるだろう。
「英語を話すことができる。」「英語を話す能力を持っている。」

普通の会話では、かたすぎてちょっと仰々しくなるのではないだろうか。


そして、両者の使用方法の区別を考える場合、時制ごとにみるとよい。


<1>現在
canのみが使用可能なのはおおむね次の3つ

①現在おこなっている最中
Hey, look ! I can stand on one foot with my eyes closed.
ねえ、見て! 両目をつぶったまま片足で立てるよ。
(be able to では、「片足で立つ能力を持ってるよ」となりやや不自然であり、また、長すぎて、現在進行中の動作に対して臨場感が出ないのだろう)

②受動態
He can be trusted.
彼は信頼できる。
(He is able to be trustedでは、「彼は信頼される能力を持っている」となりやや不自然となるのではないか)
受動態にするだけで、能動態よりも長くなるのだから、それに加えてbe able toを付け加えたら
長くなりすぎて不便である。

③能力の有無ではなく方法を知っているから(上手・下手にかかわらず)できる
I can play shogi or Japanese chess.
私は将棋ができる。
(それができるための知的・肉体的能力というよりもむしろ、やり方を知っている= know how to do)

Cf. 楽器はableもOK。
I am able to play the piano.
「将棋ができる」のように「ピアノができる」というのではなく「弾ける、弾くことができる」である。
弾けるためには能力の習得が必要。
指で鍵盤を押すというやり方を知っているだけで「弾ける」とは言わない。

①②は、結局、be able toでは表現が長くて、きまりが悪いということだろう。
アウトプットにおける即席の対処法としては、全部canを使えばよい。


<2>過去

両者とも「~できた」という能力を表すが、それに加えてbe able toは実際にできたことも表すことができる。

He could [was able to] remember a lot of numbers of his friends ten years ago.
10年前、彼は友人たちの電話番号をたくさん思い出せた[出すことができた]。(永続的能力)

He was able to remember the numbers of his all friends yesterday.
昨日、彼は全ての友人の電話番号を思い出すことができた。
(could「思い出せた」では、永続的能力なのか実際にできたのかあいまいになるので
be able to「(実際に)~することができた」という表現になるのだろう。)

なお、否定文では両者とも可能。
He couldn't [wasn't able to] remember the numbers of his friends yesterday.

アウトプットにおける即席の対処法としては全部ableを使えばよい。


<3>未来

通常、will be able toであろう。
I will be able to see you tomorrow.

ただし、I can see you tomorrow. も可能。
この場合、主語が一人称(I, we)なので、通常「提案、申し出」の意味合いになる。
= It is possible for me to see you tomorrow.
「(明日お会いできますので)お会いしましょう。」


<4>その他


受動態の場合、canのみ。
The shutter could not be opened. そのシャッターは開けられなかった。
(The shutter was not able to be opened.では「そのシャッターは開かれる能力がなかった」となり不自然)

受動態にするだけで、能動態よりも長くなるのだから、それに加えてbe able toを付け加えたら
長くなりすぎて不便である。



文法的な理解はおおむね以上である。
一度このような勉強をするのは有効である。
その後は、英語への慣れによって感覚的に「自然か、不自然か」がわかるようになるのが理想であろう。
「英文を読んでいて、こう言う場合はcanしか使っていない。be able toが使われているのをよく聞く」というふうに経験値を上げて行くことが重要であろう。




1日1回クリックして頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
【 2013/02/23 】 MAGICAL 英文法 | TB(0) | CM(0)

HAVE 使役

haveは、基本中の基本であることは以前述べた。
参照:http://ameblo.jp/english-revolution-2012/entry-11474313458.html

よって用法が色々ある。
今回は、「使役」。


「使役」の意味は「(人や物に)~させる」。

let, getなども使役に用いられるが、haveが用いられるのは、「用事や仕事を人にやらせる、やってもらう」場合である。

I had him paint the wall. 私は彼にその壁を塗らせた(塗ってもらった)。

意味を認識する際に、「使役、~させる」と考えても問題はない。
I had him.....
ここまで聞こえて、あるいは読んで
まさか、haveの他の意味「食べる」を想像することは、文脈からありえない。
「私は彼を食べた・・・」ではおかしい。

haveの後に人が来たから、「使役」とわかる。

ただし、いつも言っているように、Core Meaning(参照:参照URL、以下、CM)からも理解しておくと便利。

I had / him paint the wall.
私は持った/壁を塗る彼を


また、使役のhaveは目的語に物がくることある。

I had the wall painted. 私はその壁を塗ってもらった。

CMによれば次のようになる。

I had / the wall painted.
私は持った/塗られた壁を

the wall paintedのようなチャンク(チャンクにつき参照:
<2>3.チャンクと語順 http://kics-web.com/hatuonnokotu_top.html )
に慣れておけば便利。

the desk painted, the ball paintedなど、いろいろに応用できる。



ここ数日、haveについて重要な部分を3つ見てきた。
1. have のCM
2.現在完了形
3.使役

CMを使えば、現在完了形も使役も統一的に理解できる。
CMを使えば、その文法的な意味合いを特に意識せずに、それらを使いこなせるのである。
このような感覚こそが、ネイティブ話者の感覚なのではないだろうか。
ネイティブ話者は、母語を使用する際、いちいち文法的事項を意識しないのだから。




1日1回クリックして頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
【 2013/02/22 】 MAGICAL 英文法 | TB(0) | CM(0)

HAVE 現在完了形

ブログランキングで3位になったと前回書いたが
本日、早くも2位になっていた!
にほんブログ村の「英語学習情報」カテゴリ―全429個中。
読んで頂いている皆様のおかげ!ありがとうございます!!

ある読者の方から「勉強になります」とおっしゃって頂いてとてもうれしかった。
その方から「canとbe able toの違い」についての記事をリクエストされた。
近日中に書きたいと思う。



現在完了形は中学生で学習する。
しかし、この段階で理解できない人が多い。

確かに、「完了形」ってなに?
過去形でも未来形でもない、なんか中途半端な存在
と思える。

そこでまず確認しておきたいのが、現在完了形は、現在形の一種であることである。

それゆえ、過去を表す言葉(ex. last week, yesterday) と一緒には使えない。
(この点はTOEICで問われるかもしれない)。

現在完了形は、have+過去分詞である。

例えば次のようなものである。

1. I have eaten the ramen.
私はそのラーメンを食べたことがある。

2. I have just eaten the ramen.
.私はちょうどそのラーメンを食べた(ところだ)。

3. I have eaten the ramen since its release.
3.私はそのラーメンを発売以来食べ(続け)ている。


それぞれの意味は、文法的には次のように呼ばれる。

1.経験
2.完了(結果)
3.継続

この3つの用法があることは一応覚えておくと便利だろう。

そして、現在完了形と過去形との概念の区別は次の通りである。

過去形は、過去の一時点での出来事を表現する。

I ate the ramen yesterday.
昨日(という一時点において)、私はそのラーメンを食べた。

一方、現在完了形は、過去の一時点に発生したことが現在まで続いているニュアンスである。
つまり、過去から継続している事柄の現在の様子を表現していると言えるので、現在完了形は現在形と言えるのである。


過去の一時点(ex. 1月1日、発売日、昨日) --------> 現在(本日)

過去形が表現する事柄



以上が一般的な理解の仕方である。

以下は、Core Meaning(以下、CM)からの理解である。
(CMについては、http://ameblo.jp/english-revolution-2012/entry-11474313458.html )


上でも述べた通り現在完了形は、have+過去分詞である。

過去分詞は、受動態(受け身)でも使われる。
The ramen was eaten by him. そのラーメンは彼によって食べられた。

このことからわかるように、過去分詞には受け身の意味合いがある。

eaten 「食べられた」

そして、全ての言葉は状態を表す形容詞とも考えられることから
(参照:http://ameblo.jp/english-revolution-2012/entry-11469986743.html )
eaten 「食べられた状態」
と考えることができる。


そしてhaveのCMは「持っている」。


よって、次のように解釈できる。

I have / eaten the ramen.
私は持っている / そのラーメンが食べられた状態を

すでに食べられた状態のラーメンを持っている→ラーメンがすでに食べられた(完了している)

このように認識するほうが、ネイティブに近いような気がする。
(もっとも、この文のように短いものであれば、一般的な理解「have+過去分詞=現在完了形」でよいだろう。つまり、I have eaten/the ramen. 「私は食べた/ そのラーメンを」)

しかし、ネイティブ話者がhaveを言った後、数秒無言で考えてから
続きを言い始めるのを聞くことがある。
それゆえ、CMによる理解もありなのだろうと思う。
そしてこのような理解をしておくと、自分で英語をしゃべる時も便利である。






1日1回クリックして頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
【 2013/02/21 】 MAGICAL 英文法 | TB(0) | CM(0)

must VS. have to

昨日は、ブログランキングで3位になっていた。
にほんブログ村の「英語学習情報」カテゴリ―全428個中。
2位とも10ポイント差なので日によっては2位になるかも。
読んで頂いている皆様のおかげ!ありがとうございます!!



前回の記事では、have toについて述べた。


must、have toは、いずれも「~しなければならない」という意味だと
学校で習った。
しかし、その区別については習わなかった。

どちらを使用しても通じるとは思うが
状況に、より即した使い方が実際にはあるようである。
これについて、今回考えてみる。

have toが使用されるのは客観的状況が存在する場合であり
mustが使用されるのは主観的状況が存在する場合である。

「今夜ビタミン剤を飲まなければならない。」

ビタミン不足から病気を発症しており医者から毎日ビタミン剤を飲むことを義務付けられている場合
I have to take vitamins tonight.

健康にいいと思って、ビタミン剤を毎日飲もうと決めていたが、最近飲むのを忘れていた場合
I must take vitamins tonight.

このように、個人の意思に関係なく「~しなければならない」の場合がhave toである。
前回述べたCore Meaningからは、次のように考えることができるだろう。
「今夜ビタミン剤を飲むことを持っている(ビタミン剤を飲む絶対的理由を持っている)。」

否定形を考えるとよりわかりやすいかもしれない。

両者が異なることは、その否定形の意味が異なることからもわかる。

do not have to~ 「~する必要はない」
must not ~「~してはならない」


そうはいっても、なんとなく、客観的な状況に関係しているのはmustのような気がするという人もいるかもしれない。

それは、mustが「規則・ルール」において使用されるからである。

You must pay the remaining balance by the end of this month.
あなたは、残っている未払い額を今月末までに支払わなければならない。

Everyone must wear a life jacket when in a boat.
全員ボートに乗っている時はライフジャケットを着なければならない。


以上のように、「規則・ルール」のmustの場合以外は、
客観的なhave to~(前回の記事における「~することを持っている」で考えれば客観的な雰囲気がある)と主観的なmust(おしゃれのためにはぜひ持っていたいものを「マスト・アイテム」と呼んだりするが、これは客観的な状況から全員が持たなければならないものというわけではない)
があるのである。






1日1回クリックして頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

【 2013/02/20 】 MAGICAL 英文法 | TB(0) | CM(0)

have to

英語の理解の仕方としてCore Meaning(核心的意味。以下、CM)から考えるというのが有効である。

詳しくは、拙著 「日本で英語を習得する方法」を参照されたい。


haveは、基本語の中でも最も基本的な語だと思う。

haveのCMは、「持つ」。

所有することは、人間の、そして動物の基本的欲求である。
そして、生きるためには食べなければならず、
haveには「食べる」と言う意味も加わった。

そういうわけで、haveには色々な用法がある。
今回は、have toについて考える。


I have to go there. 「私はそこに行かなければならない。」

have to は熟語として「~しなければならない」と覚えている人がほとんどだろう。

熟語というのは、多くの人が多くの場面で使用するため
その使い方が一般化した、つまり熟したものである。

では、熟す前はどうだったのか。

おそらく次のように考えられる。

I have / to go there.
私は持っている / そこに行くことを

toはいわゆる不定詞の名詞的用法である。

そこに行くことを持っている→そこに行かなければならない

このような理解を一度しておくと、いろいろな場面で役に立つと思う。






1日1回クリックして頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
【 2013/02/20 】 MAGICAL 英文法 | TB(0) | CM(0)

言葉の地域性

前回のブログでも述べたが、言葉遣いは人により異なる。
また、地域により異なる。

日本の場合を考える。
各地域に方言が存在する。
方言は、その地域の生活環境の中ではぐくまれたものであり
とても素晴らしいものだと思う。
ぜひ、方言は将来に渡って存在し続けてほしいと思う。

私の場合、神奈川県の横浜出身のため、方言らしい方言はない。
「じゃん」が挙げられることがあるが、違うという説もある。
昔、横浜のどこかの飲食店で、方言をアピールするため
言葉のはしばしに「じゃん」をつけていたという話をきいたことがあるが・・・

なお、Wikipediaによれば神奈川弁もいろいろあるようではある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E5%A5%88%E5%B7%9D%E5%BC%81

方言のある人がうらやましい。
英語ができれば、三か国語が話せるようなものである。

参照:日本の中で、最も不細工な方言は?
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=4yGcBHf4zbY

ただし、全国的にばらばらな言葉をしゃべるだけでは
意思疎通に問題が生じるため
共通語ないし標準語が作られた。

以上のように、日本国内だけでも、さまざまな方言がある。
英語の場合、地球規模の広がりがあるのだから
日本の方言どころではなく、想像もつかないほど多種多様な広がりがあるだろう。

もしあなたの特に注目したい国がカナダやオーストラリア、ニュージーランドであるなら
それらの国の英語を学べばよいだろう。

もし、そのようなこだわりがないならば、英国か米国の英語を学ぶのがよいだろう。
なぜなら、それらの言葉になじんでおけば
政治、経済、科学技術、文化などさまざまな分野において便利だからである。
言葉の優勢は、国力の優勢の現れでもあり
現在のところ、世界的に見て、指導的立場にある米国や英国の言語が優勢と言えるからである。

なお、イギリスの標準英語はRP(Received Pronunciation)と呼ばれ、BBCが放送する言葉である。
しかし、このRPを話す人は、イギリス人口の3%に過ぎないらしい。

米国発音(GA=General American)を基本としている私が
BBCを聴いていておもしろかった発音は、例えば
マグロtunaや車のジャガーJaguarである。

米国では、「とぅーな」、「じぇぐわぅ」
しかし、BBCでは
「ちゅーな」「じゃぎゅわ」であった。

車の話になると止まらなくなるので、今回はこのへんで。





1日1回クリックして頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
【 2013/02/19 】 雑談(英語) | TB(0) | CM(0)

ネイティブ信奉に要注意

日本人英語学習者同士で議論になる場合がある。
「英語の表現○○は、こういう場合でも使えるのかな」
「こういう状況では、英語ではなんというんだろう」

そんなとき、ネイティブの知り合いがいる日本人学習者がやってきて
「知り合いのネイティブが言ってたけど、○○は違うってさ。××と言うんだってさ。」

まるで鬼の首をとったかのように、あるいは水戸黄門の印籠のように
自信ありげにネイティブの意見を持ち出し、
一同を納得させる場合があるだろう。

しかし、これは危険である。
なぜなら、言葉遣いは人それぞれ微妙に異なるし、教養のレベルにも差があるからである。
また、英語の場合世界規模で使用されているため、地域によっても
使用方法、表現などが異なるからである。

アメリカでのsoccerはイギリスやオーストラリアではfootballだったりする。
しかし、オーストラリアのサッカー代表チームはSocceroosと呼ばれる。

またネイティブ・スピーカーが必ずしも正しいとは限らない。

日本語ネイティブの日本人について考える。

「そこらへん」という言葉。
「そこらへんにたくさんある。」はかなり一般的だと思う。
しかし、これから発展したのだろうか、若い人を中心に「ら」をくっつけた表現が
かなり広く使われているようである。
「どこで待ち合わせる?」「新宿らへんがいいんじゃない」
「オレのペン見なかった?」「机らへんにあったよ」
このような表現は、中高年者はほとんど使用しない。
しかし、少なくとも若い人の間では誤用ではないのだろう。

「情けは人のためならず」を誤解して
「情けをかけることは人のためにならないから、情けをかけるべきではない。」
と解釈している日本人は半数近くいるらしい。

ここ数年だろうか、「なので」を接続詞として使う人が実に多い。
「この本に興味があったんです。なので、昨日買ってみました。」
TVのアナウンサーでもよく使っているのを耳にする。

しかし、「なので」は文頭に置くのは、文法的には間違いである。
正しくは単語の後に続くのである。
例えば、「寒がりなので・・」「風邪なので・・」「静かなので・・」。

ただし、言葉は生きているから、大多数の人が誤用している場合
いずれ辞書に採用されるかもしれない。

以上のように、英語にもネイティブの誤用はありうる。


あるブログで、西暦の読み方が話題となっていた。

=================================
2012年の読み方は、
two thousand twelveまたはtwenty twelveだが
2011年は、
twenty elevenとは読まない
と書かれていた。
この結論は、32人のネイティブ話者に確認して得られたものとのことであった。
=================================

しかし、ニュースを長年聞いてきた私は
twenty elevenもあったような気がしたが・・・と思ったので調べてみた。
英語版のYAHOO知恵袋での回答の多くは
twenty eleven
が普通とのことであった。
http://answers.yahoo.com/question/index?qid=20101231085624AAaxunw

Urban Dictionary
http://www.urbandictionary.com/define.php?term=two%20thousand%20and%20eleven


ちなみに、thousandを使う場合
イギリスやオーストラリアのニュースでよく聞くのは
two thousand and eleven
である。
and はほとんど聞こえないが。

以上のように、勉強の段階で細かいことにこだわるのも悪くはないが
英語を話すときは、間違いは気にせず堂々と話すことが大事である。

非母語話者なのだから間違えるのは当たり前。
大事なのは、話の内容と、話者の人格や態度である。




1日1回クリックして頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
【 2013/02/18 】 英語習得 | TB(0) | CM(0)

文法に対する考え方

英文法が苦手という人は多い。

「品詞」と言われただけで瀕死の状態になる人もいるだろう。

確かに、文法用語はわかりにくものが少なくない。
わからない文法用語は、あまり気にしないでよいだろう。

もっとわかりやすい言葉による文法書をいつか作りたいと思っている。


また、分類や解釈により、正解は絶対的に1つということはない。


かなり極論だが、品詞は1つだけと考えることもできる。
動詞、名詞、副詞、形容詞・・・どう考えても複数だろうというのが一般的な考え方である。
しかし、別の考え方をすれば、品詞は1つとなる。

それは、形容詞である。
形容詞とは、ものごとの状態を表す品詞である。

そして、言葉は全て形容詞と考えることができる。
なぜなら、言葉は、人の気持ちや考え、人や物の動き、様子を表現するための道具であって
「表現」している以上、すべてなにかを「形容」しているからである。


よって文法学習において重要なのは
文法の専門用語ではなくて
その言葉が、どのような場面でどのように使用されるのかを知り
自分でも使用できるようにすることである。





1日1回クリックして頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
【 2013/02/17 】 英語習得 | TB(0) | CM(0)

英語表現 Formal VS. Informal

フォーマル VS. インフォーマル

かたい VS. やわらかい

文語的 VS. 口語的


基本的に、単語や表現が長ければ長いほど「かたい」。
car「車」よりもautomobile「自動車」のほうがかたい。
Where is he? 「彼はどこ?」よりも I am wondering where he is.「彼はどこにいるのだろうか。」の方がかたい。

また、省略しないほうが「かたい」。
Let's begin.「始めよう。」よりもLet us begin.「始めましょう。」の方がかたい。
省略するということは、自分が楽をするということであり、丁寧さが減少するということであろう。

なお、上で対比した日本語はあくまでもニュアンスである。
英語は外国語である以上、ほとんどの場合、正確にあてはまる日本語は存在しないはずである。


同じことを言う場合でも、場面によって、あるいは書き言葉・話し言葉によって
使い分けができることが理想だろう。

例えば、相手の名前を聞きたい時に、まず思い浮かべるのは
What is your name?
であろう。

しかし、これは、言い方によってはちょっとぶしつけな、あまり丁寧ではない表現になりうる。
「君の名前ってなに?」

一般の社会における初対面の場合やビジネスの場面などでは
May I have your name, please?
がよい。
「あなたの名前をうかがってもよろしいでしょうか。」

最近、知った口語表現は
on the ball

これは、「調子が良い、有能な、注意が行き届いて」
(ballがうまく転がっているイメージだろう。)

He has a lot on the ball.
彼は非常に有能だ。(ボールの上にたくさんのものが乗って、うまく転がっているイメージだろうか。)
職場において、彼の最近の活躍ぶりが目覚ましくて
まるでボールが勢いよく転がっている(日本語では破竹の勢いであろうか)
ような感情を話し手や聞き手が持っている場合には
まさにうってつけの表現であろう。
口語表現は、このように場面に合っていれば最高のパワーを発揮する。

しかし、フォーマルないしTOEIC的には
He is a quality person.
であろう。


日本で学習し、英語を使った友人との付き合いもないような場合は
まずはフォーマル表現を覚えておいたほうがよいだろう。

TOEICでも役立つはずである。

母語話者の会話などから覚えた口語表現のみしか知らない場合
例えば、
"It's like...you know, I wanna say gotta go 'cause I'm broke."
「あのね、おれ、カネねーんで行かなきゃって言いたい、みたいな」

友人同士ならいいだろうが、それ以外の場面では
相当、品性が下がっていると思われてしまうかもしれない。

英検の面接でも、このような言葉遣いは評価が下がるらしい。
そういう意味でも、また、外国語として英語を学ぶ者としては
ある程度かたい表現を覚えておくのが望ましいだろう。

その上で、いろいろな口語表現を知っていて
相手が言ったときに理解できるのがよいだろう。
必ずしも使える必要はないだろう。
なお、英検1級の語彙問題では、口語的なものもかなり問われているような気がする。

ちなみに、先ほどの例文の丁寧な形は
"I would like to say that I have to go because I have no money."
「私は、お金が無いので行かなければなりませんと言いたいです。」
であろう。




1日1回クリックして頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
【 2013/02/16 】 英語習得 | TB(0) | CM(0)

語彙 TOEIC VS. 英検

一般に英検1級の語彙問題は難しいと言われる。

たしかに、大問番号1の25問は難解すぎるものが多い。
イギリスの有名な大学を出ているイギリス人にもわからない問題があったこともあるらしい。
しかし、大問番号2以降は、急に難解な語彙は影をひそめる。
また大問番号2以降では、仮に単語の意味をはっきり知っていなくても
文脈などから正解できる場合もあるだろう。
大問番号2以降で正解率が低い人は、基本的な英語力(単語、文法、構文把握)が
まだ足りていないのだろう。

以上から、読解問題がある程度正解できる人の課題は語彙問題の語彙となる。
その場合、17個前後正解できることを目指したらよいのではないか。

ただし、語彙だけを覚えていくのは大変かもしれない。
しかし、不足する語彙力をある程度の短期間で底上げするには
ボキャビルは有効であるようだ。
(私は、いわゆるボキャビル本を使ってのボキャビルはやっていない。
1級1次対策は行ったことがない。
何年もかけてニュースに必要な単語・熟語を覚えてきた。
その結果、「20個前後は常に正解できるが、25個は正解できない。」状態である。)

暗記の際のコツは、私の著書にいろいろ書いてある。
☆「日本で英語を習得する方法」
ぜひ参考にして頂きたい。

ちなみに英検1級の語彙レベルは10,000-15,000語と言われている。


一方、TOEICで満点を取るためには8,000語前後が必要と言われている。
語彙数は英検1級に比べて少ないが、その分、比較的平易な単語・熟語の自然な使用方法を
即座に答えられる力が必要とされる。

TOEIC満点取得者にもタイプがあって
海外生活が長く、語彙も豊富なパワフル・ファイターはともかく
国内学習を中心とした満点取得者の中には、ずばぬけた語彙力がなくても大丈夫ということを証明している人達もいる。

参照:
http://texkatotoeic422.blog33.fc2.com/blog-entry-104.html
http://p.twipple.jp/a8EvV

TOEICでは、頻出の単語・熟語・語法を正確に素早く思い出せる能力が必要である。


このように、2つのテストは傾向がかなり異なる。
両方やりたい人は、両方に対応できる能力を身につけなければならないだろう。





1日1回クリックして頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
【 2013/02/15 】 英語習得 | TB(0) | CM(0)

英会話のコツ

以前にも述べたが、会話というアウトプットをするためには
まずインプットがなければならない。

その他に重要な事の1つは、形から入ることであろう。

英会話に限らず、何かを習得するとき、形から入ることは重要である。
正しい形をとることによって、中身がそれに近づこうとするからである。

大前提として、英語・英語文化は日本語・日本文化とは正反対であることを意識しておくとよい。
発音にしても、日本語の場合はほとんど唇や舌を動かさないが
英語では、狂ったように動かす。

英会話の時は、脳も体もギアを「西洋文化」にチェンジしたほうがいい。
日本人は話すたびに頭を縦にうなずくことが多い。私はそれを縦揺れと呼んでいる。
(テレビのキャスター達もそうなのだが、あれはやめたほうがいい。
狭い画面の中でがくがく頭が動くのは見苦しい。
昔はまったく気にならなかったが
アメリカのニュースキャスターが、頭をまったく動かさないのを見てから
日本人キャスターの動きが気になるようになった。
そして、中国人も韓国人もキャスターは頭を動かさない。
がくがく動かすのは日本人くらいだろう。)

英会話の時は動きが横方向である。
欧米人は話の区切りで顔が横に若干振れることがある。
動作も、例えば「さあ?」という時両手のひらを天に向け水平方向となる。


日本人は意見を求められたら「やはり・・・」という場合が多い。
「政治家の○○の発言をどう思いますか。」
「やはり・・・配慮に欠けていると思いますね。」

これは潜在的に「皆と一緒」の意識があるためだろう。
日本に古来から続く伝統的な感覚で悪いことではない。
しかし英会話の時はやめたほうがいい。
聞き手が望んでいるのは他人の意見ではなく話し手の意見なのだから
"As everybody may think...."などと言う必要はない。

率直に意見を言えば良い。
それが、賛成でも反対でも構わない。
聞き手と意見が異なるからといって、後で仲間外れにされたり
いじめられたりといった、日本にありがちがパターンはないと言ってよいだろう。


以上のように意識と形を変えるだけで、英会話への適応力が数段アップするはずである。




1日1回クリックして頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

追記2「英検1級2次対策」

1次試験合格後、あわてて2次面接の準備をしている方もいるだろう。
今からでも間に合うであろう方法を考えてみたい。


私のタイプは日本語でも基本無口。興味のない話題は耳に入らず語りたいとも思わない。
興味のある話題のみ饒舌。

このようなタイプはコミュニケーション能力に欠陥があるとも言えよう。
しかし、生活に必要最低限度のことに関しては日本語でも英語でもやり取りができる。

それゆえ、わざわざ英検を受けなくてもよいのだが
資格の1つとして欲しかったので頑張ってみた。

残念ながら1級は、生活に必要最低限度以上の会話力を求めている。
そこで、私のようなタイプ、あるいは普段英語をしゃべらない人が
どのように準備をおこなったらよいかについて考える。

まず、英検面接で興味のあるトピックがなかった場合どうするか。

①黙っていて、次回のチャンスを待つ
②自分の好きな話題に持ち込むようあがく

①もなかなかおもしろい方法だが、高額な受験料をみすみす無駄にするようなものだから
実行する人はほとんどいないだろう。

そこで②について考える。

準備の方法は人によって主に2つあるようだ。

1.スピーチを30-100個覚える
2. スピーチを5,6個覚える

そして、1,2のどちらの場合でも、即座に自分の言いたいことが言えるように練習しておく。
2.の場合は、即興練習の度合いが高くなるだろう。
「それについて賛成。なぜなら~」「それについて反対。例えば~」というふうに。

即興で重要なのは、自分の得意なトピック、そしてそれに関する表現を
他のトピックにおいても使いまわせることである。
そして、得意な具体例をすぐに引き出せることである。

私が得意で興味のあるトピックは、車、ネット、環境、英語教育。
それゆえ、テクノロジー、医療、犯罪、一般教育、高齢化などについても
具体例として好きな話題に持ち込めるように準備した。


たとえば、
教育の問題点は?→英語教育の問題点、ネット教育の問題点

テクノロジーの利点は?→ネットや車の利点。

21世紀に克服すべき問題は?→グローバルウォーミング、電気自動車


ビジネスに携わっている方は経済関係の話題に強いかもしれない。
いろいろなトピックについて、自分が得意とする経済の話題にからめる練習をしておくとよいだろう。


要するに、具体化のときに自分のフィールドに着地するのである。
そうすることにより、話しやすくなるし、オリジナリティーが高くて評価も高くなるようである。


<メモ>


・歴史上最大の発明の1つだ
 ∵①遠くへ行ける(自分は親戚の家に行く時、車を運転する。運転は楽しい。操作をするのがおもしろ い。混んでる電車に乗らないから楽) ②重いものを運べ経済が発展した。(通販をよく利用する。重い本をまとめて買ったとき、実に便利だと実感した。)
・電気自動車
 ∵①ほしい。自分の車は排気ガスを出す ②二酸化炭素を出さない(温暖化対策にもなる)
・電気自動車のLEAF
 ①ほしい ②ホームページで見た。燃費、充電時間、走行距離など

・インターネット
 長所:①コミュニケーション(いつでもどこでも、速く、無料で) 、具体例②ネット通販(簡単、便利、特に高 齢者、本やスウィーツを買ったときの具体例) ③カスタマイズされた医療、僻地医療、難病治療の専門  家に簡単に相談できる)
短所: ①いじめ、不遜な態度、具体例 ②セキュリティ、詐欺、具体例 ③健康(精神、肉体)、具体例




1日1回クリックして頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
英検1級 TOEIC
【 2013/02/13 】 英検 | TB(0) | CM(0)

追記「語彙習得」

前回の記事で、英検1級の小学生による合格について触れた。

面接のトピックには、科学技術、貧困、教育、医療など
日本語で考えても難しいものが少なくない。

小学生が合格したということは
運よく、平易な語彙で話せるトピックにあたったか
または、本人の語彙力・学力がずば抜けているかのどちらかだろうと思っていた。

と過去形で書いた理由は、
新しい情報を得たからである。

高校生以下の場合、高校生以下の受験者は
1か所に集められ、難解なトピックは除外されるとのことである。
http://ameblo.jp/studyabroad-america/entry-11359155698.html

果たしてこの情報は正しいのだろうか。
大人と同じ待合室で小学生を見かけたという情報はあるが
その後、試験の直前に振り分けられたのかは不明である。

もしこの情報が正しいとしたら、高校生以下の英検1級合格は
通常の合格とは違うものになるだろう。

なんでそのような差別をするのだろうか。
やはり受験者を増やし利益を増やすためだろうか。
しかしそんなことをしたら
「英検1級は大学上級レベル」とうたっているのも
いきなりうさんくさくなってしまうだろう。

まあ、はなから、「大学上級レベル」という言葉もあいまいでよろしくないのだが。
それに、語彙問題の難しさは大学上級どころではないと思う。
その最たる証拠が、日本人大学生の上級生である3,4年生で合格できる人はほとんどいないことである。会場にいるのは、ほとんどが帰国子女風の若者、留学帰り風の学生、おじさん、おばさんである。

以前にも書いたが、中学・高校で指導すべきとされる語彙数は2,200(2013年春からは3,000)。
これは文科省が決めたこと。
そして、英検1級になっていきなり10,000-15,000語に跳ね上がって
これが大学上級だというのはどうかしている。
英検を後援している文科省は、中等教育の段階から語彙数をもっと増やすべきである。

「大学上級レベル」は「英語圏の大学上級レベル」のことなのだろうと思いたい。





1日1回クリックして頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
【 2013/02/13 】 英語習得 | TB(0) | CM(0)

語彙習得

語彙は一生をかけて学習するものである。
語彙は言葉の年輪のようなものであり
人生のレベル、直面した課題などに応じて出会う語彙が変化するからである。

BICSとCALPというものがある。
Basic Interpersonal Communication SkillsとCognitive Academic Language Proficiencyである。
生活言語と学習言語と言われる。

前者は対人関係に必要な基本的なコミュニケーション能力、
後者は勉強するために必要で、先生の話を理解し自分で考えるために必要な能力である。

特殊な事例ではあるが、英検1級には9歳が受かったこともある。
ということは、英検ではCALPはそれほど多く含まれていないと言えるのではないか。
そういう意味では、英検もTOEICと同様、専門性の高い内容、
例えば、政治、経済、科学などに関する詳細な内容や
殺人、軍事、宗教などの話題は出ないだろう。

英検の公式サイトによれば、正式名称は実用英語技能検定。
実社会で役立つ、「世界レベルの英語力」を測るとのことである。

一方、TOEFLはCALPがたくさん含まれているのではないか。
受験したことがないから内容は全く知らないが
アメリカなどの大学や大学院の進学に必要なテストであり
学際的な内容であるらしい。
このテストで小学生が高得点を出したという話は聞いたことが無い。
単純に考えて、TOEFLに限らず、大学受験に必要なテストであるなら
高校の勉強内容が英語でわからなければならないだろうから。

小学3年生くらいで英検1級を取得したとしても
その後も、年齢に応じた生活言語及び学習言語を学んでいかなければ
その子供の英語力は大人になっても小学3年生のままである。

すなわち、コミュニケーション能力3要素のうち、「流暢さ」はあるかもしれないが
「正確さ」はあやしいし、「適切さ」は欠如していることになるだろう。

誰にとっても語彙は学び続ける必要があるのである。

語彙習得のコツは、私の著書にいろいろ書いてある。
☆「日本で英語を習得する方法」
ぜひ参考にして頂きたい。




1日1回クリックして頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
【 2013/02/13 】 英語習得 | TB(0) | CM(0)

英語マニアを分析

マニアと言って思い出すのは鉄道マニアだ。
しかし、鉄道マニアと言っても、その中身はいくつかに分類されるようである。

電車の写真を撮る人、電車に乗って旅をする人の他
時刻表を読んだり、車両を研究したり、電車の音や車掌のしゃべり方を分析する人もいるようである。

同様に?
英語好きな人の中にも、実はいろいろなタイプがいるだろう。

英会話をマスターしたい人、小説を読みたい人、映画を楽しみたい人、ビジネスで使用したい人の他
単語の語源、文法の法則、音の種類、教育の方法などを研究している人もいる。
ちなみに私の一番のこだわりはニュースである。
PCのデスクトップに常にスタンバイしているショートカット・アイコンは
英・米・加・豪の公共放送局のものである。
ニュースを理解するために必要な単語にもこだわりがある。

また試験についても、TOEICと英検のどちらか、または両方を何度も何度も受験する人がいる。

さらにTOEICマニアの中身もよく見てみると単一ではない。
TOEICだけを受験し続ける人と英検も受験する人。
英会話の練習をしている人とそうでない人。
読むのが速い人とそうでない人。
語彙力がすごい人とそうでない人。
TOEIC FIGHTERS include speedsters and powerful fighters.

つまり、同じ競技に参加しているものの、選手のタイプはいろいろだということである。

ちなみに私は、読むのが遅く、語彙力はまあまああると思う。
私の英語体力はニュース英語が基本となっているため体(頭)が英検対応になっているのだろう。
英検の長文の方がTOEICの長文よりもやりやすい。
まあ、遅いのは、日本語でも読書の習慣がないためだったり
細かいことが気になる性格でTOEICの文章も精読してしまうからかもしれないが。
日本語で読むときでも速く読めているとは思えない。

そういう私がなんとか時間内にTOEICを解ききるために
いろいろ工夫し編み出した技をまとめたのが以下の電子書籍である。
TOEICで困っている人はぜひ参考にして頂きたい。

「TOEIC 1日で100点アップする秘法
―英語や読書が苦手な人への特効薬― 」


「TOEIC 1日で100点アップするためのリーディング・ハーフ模試
―解く際の目線の移動や思考過程をライブ感覚で詳しく解説―





1日1回クリックして頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

【 2013/02/12 】 雑談(英語) | TB(0) | CM(0)

3月2・9日 無料ネットラジオ「TOEIC模試解説」生放送

私は東京を中心にTOEICを指導している。
TOEICを学習したいが、時間的、場所的に通うことが難しい方も少なくない。
そこで今回ネットラジオを放送してみることにした。


以下、「お知らせ」である。


ネットラジオ「TOEIC模試解説」生放送を行います。
TOEICを時間内に解き終わるための方法をいろいろ考えます。

1回お聞き頂くだけで100点アップの実力がつきます。

実際に模試問題を解きながら、受験生の立場に立ち
どのような目線の動かし方をしていくのかを実況します。

そうすることにより、「どのような順番で、どこをみて、どこをみないでよいか」がわかります。
高得点者の取り組み方の実例を知ることができます。

ライブですので、掲示板を通じて質問して頂くこともできます。
また、ライブ中でなくても、教材ご購入者のためのサポート・ページで質問して頂くこともできます。

次回のテストで絶大な効果を発揮するはずです!


======================================

【詳細】

日時:
2013年3月2日(土曜)及び9日(土曜) 午後12時30分 開始(終了は2~3時間後)
(どちらかの日をお選びください。使用教材は同一です。)

ラジオURL:
http://koebu.com/live/ch88270
放送をお聞き頂くにはラジオ・サイト「koebu」(http://koebu.com/)の事前登録が必要です(無料)。
※混雑時はサーバーの関係で入室できないことがあります。ご了承ください。
プレミアム会員になると優先的に入室できます。
        
対象者:
使用教材を購入し、かつ730点未満の方(730点以上の方も歓迎致します)

参加費:
無料

使用教材:
「TOEICレジスタードトレードマーク 1日で100点アップするためのリーディング・ハーフ模試」(pdf 200円)
http://goo.gl/SFL0s
☆事前に解いておくことをお勧めします。ラジオで、ご自身の解き方と講師の解き方の違いが確認できます。

サポート・ページ:
http://kics.sns.fc2.com/exec/community/view/community/23393/
事前のアカウント作成が必要です(無料)

募集期限:
3月1日(2日ご希望の場合)
3月8日(9日ご希望の場合)

======================================


>>ラジオ・ホスト プロフィール<<

K. Masuhara
英語講師。
公式サイト:http://kics-web.com/
国内英語学習法に精通している。
国内学習のみで英検1級、TOEIC530→990を達成。英語学修士。
高校や大学、企業などで英会話やTOEICを教える。
1回の講義で100点アップした生徒が出現。
3カ月で200点アップは当たり前。
時間的・場所的に都合がつかないため実際にお会いできない方々にも
最短で最高のスコア・アップをして頂きたいと思いラジオ放送を行うことを決意。


>>意欲的に学習する方々へ<<

好評の2冊も合わせてご利用ください(ラジオ放送では使用致しません。)

「TOEICレジスタードトレードマーク 1日で100点アップする秘法―英語や読書が苦手な人への特効薬―」
http://goo.gl/801xu

「日本で英語を習得する方法―中学生から大人までに共通する習得術で 英語能力やTOEICレジスタードトレードマーク・英検のスコアが急上昇!!―」
http://goo.gl/XqR1x


>>>お願い<<<

参加ご希望の方は参加表明を
koebuのBBS(http://koebu.com/user/kics/user/comments)
にて必ず行ってください。
☆「2日参加希望」または「9日参加希望」の旨をご記入ください。
参加人数把握のためご協力をお願い致します。




1日1回クリックして頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

【 2013/02/11 】 お知らせ | TB(0) | CM(0)

方向 direction は正しいのか

右に曲がる
turn to the right

右へ行く
go to the right

ここまではわかりやすい。
では、次の( )の中に入るものは?

正しい方向に進む
go ( ) the right direction




(  )に入るのはin

「右」が正しいということだろうか。
左利きの人には納得いかないかもしれないが。

inのCM(Core Meaning)は、「の中」

物事が正しい(right)領域の中に入っている、というイメージなのだろう。


in the right direction
は、わりとよく使われる。

例えば

正しい方向へ向く
face in the right direction


英会話で使うとよいだろう。





1日1回クリックして頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


【 2013/02/10 】 MAGICAL 英文法 | TB(0) | CM(0)

追記「英検1級2次対策」

「スピーチ」や「やりとり」では、根拠または具体例に関してオリジナルが望ましいと述べた。

スピーキングが苦手な人は
自分の体験や身のまわりのことを具体的に述べるようにしたらよいだろう。
(私もスピーキングは苦手だったが自分の体験を話す機会がなかった。
「動物園は必要か」というようなテーマで、話したいものではなく
なんとか具体例をと思い、もっぱらニュースの事例を6個ぐらい挙げていた。
今思えば、上野動物園に行ったときの体験談などを話した方が
よかったのではないか、と思う。)

コツの1つは、自分のフィールドに持ち込むことである。
相手の土俵では分が悪い。
ボクシングのチャンピオンでも、キックボクシングのリングではなかなか勝てない。

色々なトピックについて、自分のフィールドに持ち込む練習をしておくとよいだろう。

「科学技術」「経済不況」「教育」「インターネット」「環境」など自分の話したいテーマ3,4個について
自分の体験や生活に関連させて話せるようにしておくとよい。
私の場合は、「インターネット」「英語教育」「環境」について力を入れていた。
そして、例えば「科学技術」が出たなら具体例を「インターネット」に、「一般的な教育問題」なら具体例を「英語教育」に話を持ち込むように準備していた。

「経済不況」に関しては、最近自分は給料を減らされた、
毎日の食費を○○円に制限している、車を運転しないようにしているなど
自分の生活にあてはめるとよいだろう。

あなたがエンジニアで、科学技術の話題ならあなたの専門に関する話をしたらよい。
試験官は、内容がよくわからないだろうから、意地悪な質問が出にくいだろう。
ただし、得意分野だからといって「やりとり」において話しすぎるのはよくないだろう。
4分間で、試験官が3回質問が出せるように時間配分するとよいだろう。

「動物保護」の話だったら、自分が飼っている犬の話をしたらよい。
犬がどれだけ自分の生活を楽しくしてくれるかを話したら
試験官も気持ち良くきいてくれるはず。


ちょっと高等テクニックかもしれないが
試験官の質問を誘導できるとなおよいかも。
意地悪い質問を受けにくくなるから。
例えば、スピーチで得意分野が出て、具体例がたくさん出せる時でも
2個におさえておき、後の「やりとり」で使えるように隠しておく。

また、「やりとり」において、例えばこちらから「あなたはそれに関してどう思いますか。」
と尋ねるのである。
試験官から質問→受験者の回答・質問→試験官の回答
まさに「やりとり」という感じである。
ただ、ここまでやれる余裕はそうそうないと思われるが。
もちろん、私もそんなことはやらなかった。


自分の回答の表現は、
対策本などをそのまま使ったらよいだろう。
自作の場合は、ネイティブ・チェックをしてもらうのが望ましい。
文法的に正しくても不自然な作文になりがちだから。

近くにネイティブがいない場合は
語学交換サイトのLang8などを利用したらよいだろう。
ただし、ちゃんとしたネイティブを見つけたほうがよい。


評価項目に「語彙」があるが、難しい単語を使うのも考えものかも。
英検勉強サイトに出ていたcalumny「中傷」を使ったら
試験官の2人ともから"calumny?"と意味を聞き返された、という話がある。
わざとrephraseさせる意図だったとは思えない。2人ともが聞き返したから。
まあ、それでrephraseすれば「やりとり」は成立するから問題はないだろう。
(しかし、試験官、しかもネイティブまで聞き返すとは。
ここだけの話?試験官も玉石混交らしい。
だいたい、試験官になるのは、すでに試験官をやっている人からの紹介によるらしい。
ネイティブも日本人も標準的でわかりやすい英語をしゃべる人は少ないのではないか。
彼らはニュースキャスターではなくほとんどが大学教員なのだから。しかも音声学の専門ではない場合がほとんどだろうから、きれいな発音は期待できない。)

服装はラフでも問題なし。
スーツにネクタイの人はまずいない。
(もちろん、スーツでも構わない。ちゃんとした服装がよいと思う人はネクタイ着用でももちろんよい。)
私もジーンズにグレーのシャツ、黒のスニーカーで合格した。
(着物を着て行ったら注目されること間違いなし。最初の1分はその話題でもちきりだろう。
ただし、こんな離れ業は各自の責任において行っていただきたい。)

話す時の姿勢は、背筋を伸ばして、適宜目を見て、相手の話を真剣に聞いている態度を示したほうがよいのではないだろうか。姿勢は評価対象ではないだろうが、試験官の心象はよくなるはずである。

受験の順番は待合室への到着順である。早く済ませたい人は早めに行くとよい。
といっても、1級は受験者数が少ないから、そんなに待つこともないだろう。

帰国子女っぽい人や小学生がいたりするが気にしない。
そういう人達は簡単に受かるだろうが、人は人。
そういう人達は、日本語能力や日本文化への適応などの点で、我々とは異なる苦労があるはずである。

会場についたら、用紙を記入する。
2枚あるから両方記入する。
隣をちらっと見たら1枚書き忘れていたようなので教えてあげた。

もしそのまま忘れてしまうと、面接直前に書かされることになり
あわててしまい動揺するといけないから
そのときに教えてあげたのだった。
【 2013/02/09 】 英検 | TB(0) | CM(0)

英検1級2次対策

先日の1次試験は合格だった。
再受験の理由は、面接で「語りたいトピックについて思い切り語りたいから」。
前回合格のときは、しゃべりたいものが1つもなく不愉快だった。
今度も語りたいトピックが皆無だったら無口で済ませようか・・・

今回も1次試験に関しては全く無対策だったがギリギリ合格。
リスニングの最中おばさんがせきをしつづけ集中を欠いたため不合格だろうと思っていた。

英検の長文は読みやすい。ニュース英語が好きだからだろうか。
(TOEICの長文よりも簡単に感じる)。
もともと私の英語学習の動機は「ニュースをすらすら理解すること」。
それゆえアウトプットにはほとんど興味がなかった。
従って、得点源は読解とリスニングとなる。
(前回合格した時のライティングは、準備しなかったこともあってやり方もわからず全体平均より下だったと思う。)



英検1級2次対策。
TOEICと比べて極めて少数派のためのものになるだろうが、一応書いておく。
参考にして頂ければ幸いである。


本来、スピーキングは意思伝達ができればよいのであって、他人に評価されるべきものではないと思う。しかし、受験して合格を目指す以上、対策が必要となるだろう。

カラオケでよい点を出すには、よい点を出すための注意点があるらしい。
妙にビブラートをつけない、のばすところは正確な長さでのばすなど。
うまい歌手、人気のある歌手が高得点を出すわけではない。
面接でも同様のことが言える。

抑揚をつけるといいらしい。どうしても日本人の英語は平たんになりがちだから、
そんな中にあって、しっかりと強弱がついていたら試験官の目をひく、いや耳をひくのではないか。

点数配分は
Short Speech30, Interaction30, Garammar&Vocabulary20, Pronunciation20
どんな試験でも配点の高いものを得意にすると有利。「スピーチ」と「やりとり」は、かせぎどころ。


以下、流れに沿って述べる。


椅子に座ってから、1分間のやりとりがある。
大抵「自己紹介」か「日曜日なにしているか」。どちらをきかれても、ほぼ同じことを答えられるようにしておけば便利。
たまに「ここまでどうやってきたか」とか「よくわからないこと」をきかれるらしい。
いずれにしろ、自分の話す時間は20~30秒にして残りをやりとりにあてるとよいのではないか。1分間しゃべり倒すのは「やりとり」が評価されず不利になるかもしれない。(ただし最初の1分が評価の対象かは不明。しかし試験官へ与える心象は変わるだろう。)

その後、トピックの書かれた紙をおもてにして5つの中から1つを選び
スピーチの構想を練る(1分)
(10秒で選び、50秒で練るのが一般的。最初のほうで得意なトピックがあれば
その後のトピックは見ないのも手。)

スピーチ(2分)

質疑応答(4分)
(試験官からは3回ほど質問が出される)


「スピーチ」は、あわてないこと。
1次のエッセイと同様、3部構成を目指す。
①導入・主張・結論 ②根拠・具体例×2 ③結論
*根拠・具体例は2つが理想だが1つでも合格可能。とにかくオリジナルな内容がよいようだ(自分の体験や見聞きした話などをもとにできると評価が高いらしい。)

沈黙は避けたほうがよいらしい。しゃべり続けていれば途中で時間切れになっても大丈夫。
大抵、「もう少し続けて」とか、次の質疑応答において「スピーチを終わらせて」と言われるようである。

余裕のある人は、あらゆる分野についてしっかり準備をすればよいだろう。
しかし、時間的余裕がない人は
得意な分野を3~4個準備して、その分野についての様々な話題を語れるようにするとよい。
そうすれば、別の分野においても、その話題を引用できる。
例えば、「インターネット」の様々な表現を用意しておけば、
「教育」においても使える。
例えば、「インターネットを使った教育の長所」「ICTの導入例」など。
なお、スピーチで長所を述べたならば、「やりとり」では短所を聞かれる可能性がある。
準備段階から、Pros and Consを覚えておくとよい。


「やりとり」においても、理由・具体例は大事(オリジナルであればなおよい)。
「はい」か「いいえ」だけではなく、その根拠や具体例を出す(理由を聞かれなくても述べるのが欧米流の一般的な会話形態らしい。)


オリジナルがよいとされるのは、試験官が人間だからである。
つまり、対策本に書いてあることは聞き飽きているから、
そのようなことを話しても試験官としては
「ああ、またそれか」と思うだけで、高く評価しようという気にはならないだろうから。


精神的には、気楽にやればよいだろう。60点/100点とればよいのだから。
落ちたらまた次やればよい。対人である以上、相性、あたりはずれもある。例えば、試験官の英語が分かりづらいなど。よく聴き取れなかったら、きき返したり、「それはこういうことですか」と確認したりすればよい。こういう発言も「やりとり」として高く評価されるようである。




1日1回クリックして頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
【 2013/02/09 】 英検 | TB(0) | CM(0)

電子書籍サポート・サイトを作成

私が作成した電子書籍は、おかげさまで毎日ご購入頂いている。

そこで、サポート・サイトを作成してみた。

コミュニティの形式なので、初めての方は会員登録(無料)をして頂く必要がある。

「日本で英語を習得する方法」をご購入頂いた方はコチラ
TOEIC関連書籍をご購入頂いた方はコチラ



私の著作が英語学習者のお役に立てるならば、これ以上の喜びはない。


========電子書籍3 好評です!==========

TOEICのスコアが伸び悩んでいる方や時間内に解けない方はぜひご利用ください!


☆「TOEIC 1日で100点アップする秘法
―英語や読書が苦手な人への特効薬― 」

☆「TOEIC 1日で100点アップするためのリーディング・ハーフ模試
―解く際の目線の移動や思考過程をライブ感覚で詳しく解説―


国内で頑張る方も留学を考えている方もぜひ!
↓ ↓ ↓
☆「日本で英語を習得する方法」







1日1回クリックして頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

【 2013/02/08 】 お知らせ | TB(0) | CM(0)

スピーキングのコツ:CM(Core Meaning)=核心的意味でとらえる効用と英語用の日本語

CM(Core Meaning) については昨日述べた。
今回は、CMの効用について。


いつも述べている通り、スピーキングの目的は意思の伝達。
よって、第1段階では発音や文法の間違い等を気にする必要はない。

しかし第2段階では、より正確に話すように努めるとよい。


ウェブ上で以下のような記述を見つけた。


夏休みに、東京に行った。
I went to Tokyo at summer vacation.

atが間違いである。
日本語の「夏休みに」の「に」に引きずられたのだろう。

「に」を含む日本語、たとえば次のようなものでは、たしかにatが使える。

私は駅にいる。
I am at the station.

atのCMは、「で」。
場所の1点を表す。

店で
at the store

びんの底に
at the bottom of a bottle

都市の中心で
at the center of the city


atが「1点の場所」を意味するというCMを理解しておけば
最初の例文のような間違いを防げるだろう。


それと同時に、「英語用の日本語」を作れるように練習しておくとよい。
つまり、英語でアウトプットする際に、元となる日本語である。

「夏休みに」を翻訳しやすい日本語にするのである。
例えば「夏休みの間」である。

そうすれば、during the summer vacationというふうに
「間」=duringが出てきやすくなる。

duringのCMは、「の間」である。
一定の期間を表す。






1日1回クリックして頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

CM(Core Meaning)=核心的意味でとらえよう

基本的な語ほど多様な意味がある。
例えば、makeなどは辞書に30以上もの意味が出ている。

しかし、すべての意味はCore Meaning(CM 核心的意味)から派生しているはずである。
(Core Meaningは私が考えた造語である)
よって、普段からCMでとらえ、CMのニュアンスを覚えるようにしていれば応用がきき
30個もの意味を覚える必要はなくなるのである。

そしてCMは、辞書の1,2番目くらいに出てくるものがほとんどである。

makeなら、CMは「作る」だろう。

例えば、makeの意味で5番目くらいに出てくるのは
「(事件などを)引き起こす、もたらす」
という意味。

例文:make trouble = 面倒を引き起こす

しかし、CM「作る」でとらえるほが便利。

「トラブルをつくる」でまずは理解して
その後で、「引き起こす」というふうに使うのだということを確認すればよいだろう。

CMでとらえておけば、インプットのときだけでなく
アウトプットでも大いに役立つ。

そしてそのようなとらえ方こそ
ネイティブ話者が母国語を身につけた過程と類似するのではないだろうか。




1日1回クリックして頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

【 2013/02/07 】 英語習得 | TB(0) | CM(0)

発音:RとL

RとLの違いを出すことは、日本人が最も苦手とするものの1つである。

right とlight

日本語ではどちらも「らいとぅ」であって、両者を区別する余地がないからである。


そこで、英語を使うときは、その点に十分注意して
自分の中で違いを出すようにするべきである。


Lは、舌の位置について、上の歯からその付け根の歯茎の あたりに舌が接触する。

Rは、舌が少し巻かれる、あるいはすぼまる。そのような舌の形・位置にするためには
唇が少しすぼまり、とんがる。舌は口の中のどこにも接触しない。

rightを発音するときは
唇をとんがらせて(ヒョットコみたいに)、「う」を言う。
その際、舌が少し巻かれる。

舌の形がわからなかったとしても構わない。
とにかく舌が口の中のどこにも接触していないことが大切。

そうすれば、Lとの区別ができるのである。




1日1回クリックして頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

知らなくてもいいが知っていたら理解が深まる頭文字語シリーズ1

頭文字語は、acronym

頭文字語は、そのまま覚えておけば事足りる。
しかし、元の言葉を知れば理解が深まるだろう。


ATM
=automated teller machine 

tellerは窓口係。a fortune tellerは占い師。


LED
=light emitting diode(発光ダイオード) 

emitは「出す、排出する」


また思いついたら書くことにする。




1日1回クリックして頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
【 2013/02/05 】 単語・熟語 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。