英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

発音のコツ:メソッドに振り回されないこと

発音を向上させたい人も少なくないようだ。
確かに「英語力」を示すのに「発音・スピーキング」こそ見せ場となるから。
そこでコツのいくつかを。

簡単に言えば歌うようにすればよい。
つまり腹式呼吸で話す、読む。腹に空気をためこみ息を吐き出しながら、唇や舌の形を変化させることにより英語の音を連続的に変化させる。
ちょうど、笛を吹きながら指でおさえる場所を変えて音を変化させるように。

英語は日本語とは全く違う発声法だ。
この違いが生まれる理由は各言語の構造の違い。
日本語はほぼ全て「母音だけ」または「子音+母音」。

「私は男だ。」の各音節は全てのばして言える。
「わー、たー、しー、わー・・」
つまり「子音+母音」を1かたまりとしてぶつ切りにできる。
事実、外人が日本語を聞くと、機関銃のように「ぶ、ぶ、ぶ、ぶ、ぶ」とぶつ切りに聞こえるとのこと。

英語はそうではないため、ぶつ切りにしないよう腹に息を吸いこんだら、意味のひとかたまりを一気に言うこととなる。アクセントの所は強くし、その直後に脱力。

なお、どんなに優秀な発音指導者に指導を受けても、指導者が長期海外滞在者で、生徒が日本で学習している人の場合、まず指導者のようにはならない。

どのようなメソッドであっても、理想となる発音を生み出すための土台たる「圧倒的なインプット」が存在しているから。
海外生活やネイティブの配偶者により、毎日大量の音・呼吸・タイミングなどを脳に刻み込んで、
それをもとに自分が発話しているのである。

発音・発話の正確性・リズム・タイミングなどがネイティブのそれと比べて同じなのか違うのかといった比較の基準となる大量のインプットがなければ、いくらメソッドを学んでも効果は薄いと言わざるを得ない。もっともポイントを知って日頃の練習に役立てることは大事だが。

嫌と言うほどのインプットがあれば大抵の人は問題のない発音・発話ができる。
日本人がいくら英語が下手だといってもアメリカに何年も暮らしている人は皆ちゃんとコミュニケーションがとれているのがその証拠であろう。
また、2~3年ほどの海外滞在があればコミュニケーションがとれる会話力を身につけることができることは言語習得論の実験からも証明されている。

発音がうまくなればリスニング力も向上するとよく言われるが
それも、大量のインプットないしトレーニングがあっての話。
音に対応する日本語の意味を知り、その音が聞こえた瞬間その意味を連想できる訓練をしていなければならない。
意味を付随させる訓練がなければ、いつまでたっても音しか認識できない。

発音のコツは、私のHPにも載せてある。
発音にこだわるのはいいことだが、そのほかのトレーニングも忘れずにしてほしい。
日本で学習する場合、意識して行わなければ意味の認識はできるようにならない。
海外生活ならば、相手が何度も言い換えて話してくれたり、身振り手振り雰囲気から意味を推測したりということはできるだろうが。


あえてこのような事を述べる理由は、再三このブログで述べている通り、日本の英語教育をよりよくしたいからである。
海外経験の長い英語力自慢の者が日本の英語教育を惑わせるのを止めたいからである。
過去100年以上もの間、長期海外滞在経験ありの英語の達人がいろいろな事を述べてきて、そのたびに日本で学習する人達が翻弄された揚句英語が身につかずあきらめてしまったという歴史の繰り返しに終止符を打ちたいからである。
達人たちが述べてきた方法が、日本で学習する日本人にとって本当に役立つものならば
高校を卒業した日本人の多くが英語ペラペラになっているはずである。
しかし、そのような理想郷は、明治時代の英語教育以来、一度も実現されたことはなく
平成になってもいまだ実現されていないのである。




1日1回クリックして頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

「適切性」の大切さ

このブログで何度も述べているが、英語能力の3つの指標
正確さ、流暢さ、適切さのうち、適切さはとても大事だ。

勉強をしていると正確さに気を取られ、
英会話を目指していると流暢さに気を取られ
適切さが忘れられる事が多い。

しかし、場面ごとに適切な表現・語彙を使うというのはとても大切である。

仕事の取引先の会社に電話をかけて「○○さん、いる~?」というのはまずい。
逆に丁寧な表現だからといって若い友人同士で「ランチを一緒に召し上がりませんか。」というのも仰々しい。

外資系で働く友人から聞いた話。
取引相手のヨーロッパの女性は日本語を勉強しておりメールの最後に「お疲れ様でした」と書いていたが最近もっと丁寧な表現を学んだらしくこう書いてくるらしい。
「ご健勝様でした」。
確かに丁寧極まりないが使う場所と使い方を間違っている。

外国語学習にはこういうことはどうしてもありがちだ。
普段の学習では「適切性」を意識するのは大事。

仮定法で、「もし~がなければ」と言う表現を、いくつかまとめて学習する場合が多いだろう。
Without~、But for~、If it were not for~
この3つを機械的に覚えておいて英会話でBut forを使うとおかしなことになる。
なぜなら、But forは、そもそもあまり使われないだけでなく、口語では使われない文語表現だからである。

文法の勉強をしていて、このようなことまで気にするのはなかなか大変だが
できるだけ、普段の学習で気をつけるべきである。

もっとも、そのようなことまで文法書に書かれていない場合もあるし
初学者がそこまで気にすることは非常に困難であろう。

それゆえ、完璧な適切性を求める必要はないだろう。
ただ、私が現在執筆中の文法書では、そのような点にも気を配っている。


ところで、先ほどの間違った日本語を使っていた外国人のことを友人に聞いてみた。
「その外人にちゃんと教えてあげた?」
友人曰く、
「いや、意味は通じるし、おもしろいからほっといてる。職場でみんなで笑っている。」と。

あぁ、ネイティブなんてそんなものか!(笑)




1日1回クリックして頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

【 2013/07/25 】 英語習得 | TB(0) | CM(0)

発音指導は大事だろう

Twitterで次のようにつぶやいている人がいた。
「オンライン英会話のレッスンで、発音が良くない先生との会話は、非常にストレスがたまる。脳にストレートに指令がいかないから。こういうレッスンの後は、発音ってめちゃくちゃ大切だと思う。だって相手に迷惑をかけるから。」

たしかにその通りだと思う。
相手への思いやりの観点からも、発音指導は必要だろう。
相手への思いやりこそコミュニケーションの核とも言えるだろう。

大抵の小学校で行われる「発音なんて気にしないでとにかくしゃべりなさい」という指導は「相手を思いやらないで、とにかく自分勝手に話せばよい」と言ってるようなものだ。
コミュニケーション能力の素地を養うという文科省の方針とも相容れないと言える。

小さい時こそ発音指導のチャンスなのに。子供の時に変な発音を身につけてしまうと、後で直すのは非常に大変である。

しかし、現実問題として、日本人指導者でちゃんと発音指導できる人がほとんどいないことが問題の根源だろう。

ただそれもやむを得ない。
小学校英語の指導は英語の専科の教師が行うわけでもないから。
もっとも英語専科の中学・高校教師が優秀という場合も非常に少ないと思うが。

結局、問題の根源の根源は、教員採用基準ということになる。
英語専科でありながら、TOEIC800点レベルもとれず発音もいい加減な者を合格させるのだから。

例えば英語教育の良さで有名なフィンランドの英語教師は全員修士号を持つ英語教育のプロである。
教師は国民から尊敬されている。
日本でも法科大学院ならぬ英語科大学院が必要であるとさえ言えよう。
それくらい真剣に英語と英語教育を研究した人に英語教師になってもらいたい。

なお、発音指導には、いくつかの意味が含まれる。
まず、日本人である以上、日本語(外来語)と英語の音の違いを指導することは必須である。
これがなければ、日本人が英語を教える意味が激減する。

そして、1個1個の単語の発音だけでなく、いくつかの単語が続いたときの音の変化やイントネーションの付け方も指導する必要がある。これができなければ、日本語とは全く違う英語の音声にならないからである。

小学校英語で発音に困っている指導者がいらっしゃるようであれば
私のHPを参照して頂きたい。
http://kics-web.com/shougakkoeigohatuon_top.html
全般的な発音のポイントと
「Hi, Friends」に載っている単語の発音の仕方を記載してある。
単なる発音記号ではなく、日本語を取り入れた独自のものを開発してみた。
少しでもお役に立てるなら光栄である。






1日1回クリックして頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
【 2013/07/23 】 英語教育 | TB(0) | CM(0)

文法書のネイティブ・チェックをチェック中

Twitterのまとめ


本日は英検とTOEICの結果発表が重なったようだ。
希望がかなった方々おめでとうございます!
そうでなかった方々もがんばった分は必ず実力になっているのですから、今後の飛躍のための材料にしてほしいと思う。

私の英文法本の原稿に対するネイティブ・チェックを確認中だが、チェック項目が多過ぎでうんざり・・・

「文法的には正しくても普段使わないもの」をできるだけ明示していきたい。
従来の文法書はその観点からの記載が不足していると思う。
それは外国語学習ではある程度やむをえないことだが、
文語・口語の違いなどを学習中に意識しておくのは有効だと思う。

外人が日本語で友人に「あなたはお食事をお召し上がりになりましたか。」と言うのが変ということだろう。
しかし、外国語を学ぶ上では丁寧な表現を優先して覚えておいたほうがいいとは思う。
ネイティブに「変」と思われても「不快感」は与えないだろうから。

「動名詞」の項目でThere is no~ingは「不可能」を表すと説明されるが実際にはあまり使われないようだ。
It is impossibleやYou cannotが普通であろう。

文法をかなりやりこんだ人なら知っているであろう"speak ill of(のことを悪く言う)"、
うちのネイティブにはピンとこない表現らしい。




1日1回クリックして頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

【 2013/07/16 】 雑談(英語) | TB(0) | CM(0)

文法書を作っているが・・・

Twitterのまとめ



言葉遣いは人それぞれ。
また年代や地域によっても違う。
英語圏は極めて広範囲だからなおさらバリエーションは広い。
言葉遣いによって個性を出せるのだからよいことだが、
今、作っている文法書ではどれを基本に置くかで困る。

辞書や文法書に出ている用法でもアメリカ人は訂正した。
確かに文法的に正しくても普段使わないものはかなりあるだろう。
しかし文法書の性質上載せないわけにもいかない。
実用的な文法書を目指しているものの、
軽い表現ばかりでは深みが無いし会話に不要でも読み書きで必要になるかもしれない。

そこで普段使うか否か、口語か文語かで仕分けることになるが、
これも人によるだろうから困る。
結局、筆者である私の裁量にかかっているということだろうが悩みは大きい。
しかし悩みすぎると頭が暑くなって毛が抜けるのではないかと心配。

そういえば英語科の教授が言っていた。
「私は辞書はつくりません。」
なぜなら「辞書作りに携わると死ぬから。」

たしかに、辞書作りは長い時間がかかるだけでなく悩みがいっぱいだろう。
私も辞書ではないが辞書的な文法書を作っているので十分気をつけよう。
体が死なないまでも毛根が死なないように。




1日1回クリックして頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
【 2013/07/12 】 雑談(英語) | TB(0) | CM(0)

分詞は実態があるようでないようだ

分詞=「現在分詞」と「過去分詞」

現在分詞=能動態で進行形の意味を表す(~させる、している)
 ex. developing countries( 発展している国々→発展途上国 )

過去分詞=自動詞の場合、完了の意味を表し(~してしまった)、他動詞の場合、受動態の意味を表す(~された)
 ex1. developed countries (発展してしまった国々→先進国 ) <自動詞>
 ex2. prepared food (準備された食品→加工食品 ) <他動詞>

ポイント=分詞は形容詞になっているものも多い(分詞形容詞)。例文のdeveloping,developed, preparedも形容詞でもある(形容詞と考えたほうがわかりやすい)。よって大切なのは、文法用語の名前にこだわることよりも、文の意味がとらえられることである。熟語・慣用句になっているものも多く、文法的な説明よりも使用方法をそのまま覚えてしまうのがよい。

cf1. 分詞構文=分詞を使って句にしたものであり、文に情報を副詞的に付け加える
  ex. Coming into the living room, I found the burglar. 「私は強盗を発見した」という文に、「(私が)部屋に入ったとき=When I came into the living room,」という「時間に関する情報」を付け加えている。

cf2. 独立分詞構文分詞の主語が文の主語と異なる時、意味上の主語を分詞の前に置く
  ex. It being very hot, we were in the building. (とても暑かったので、我々はそのビルの中にいた。) 文の主語Weと分詞構文の主語Itは異なるため省略されない。

cf3. 慣用的独立分詞構文分詞の主語が文の主語と異なる時でも一般的なものは省略する
  ex. speaking of ~, judging from~など

cf4. 動名詞=意味は動詞に近いが、役割が名詞である語。主語、目的語、補語になる。原形動詞にingがついている見た目は分詞と同じだが、分詞の役割は上述のとおり形容詞(的)である点で異なる。
  ex. Walking is fun. 歩くことは楽しい。(動名詞) cf. There is a walking man. 歩いている男性がいる。(現在分詞)
         



1日1回クリックして頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
【 2013/07/09 】 MAGICAL 英文法 | TB(0) | CM(0)

友人同士の会話法:気軽な表現を

Twitterのまとめ


女性が、友人の女性数人に呼び掛ける時よく使うのは"You guys, ~"。

ポイント①女性同士でも使う(もちろん男性に対しても使う)②友人関係で使う


友人同士で「ディズニーランド行かない?(行きたくない?)」と誘うには
"Wanna go to Disneyland?"がぴったり。
それに続いて"Let's all go."(みんなで行こうよ。)と言うことも可能。

ポイント:疑問文のDo youを省略すると堅苦しくなくなる。




1日1回クリックして頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

deviled eggs

Twitterのまとめ


"deviled eggs" 「悪魔化された卵??」と思ったら
アメリカではオードブルとしてよく食卓に並ぶ卵料理らしい。
ゆで卵を縦に切って黄身を取り出しマヨやマスタードとあえて元に戻す。
写真を見るとおいしそうhttp://goo.gl/vZ3QZ

devilは名詞で「切断機、裁断機」、動詞で「(布など)を裁断機にかけて細かく裂く(細かく切った肉・魚などを)香辛料を使って料理する、に辛みを利かせる、あぶり焼きにする」がある。
cf.deviled ham 刻みハムの香味焼き。

まあ、これは英検にもTOEICにも出ないだろう(笑)




1日1回クリックして頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
【 2013/07/03 】 単語・熟語 | TB(0) | CM(0)

7月7日は英検2次

Twitterのまとめ


受験予定の方はラストスパートに入っているのだろう。
1級ではとにかくオリジナルな意見が高評価のようだ。
受験本に書いてあるアイデアは変わり映えしなくて試験官からしたらつまらないから。
もちろんつまらない意見を入れてもよいが、それプラスオリジナルがあれば万全だろう。自分の意見・体験・ニュースなどで得た情報などを持ち出すのがよいだろう。I think ~.の後にBecauseかFor exampleでそれらの情報を入れていくとよいだろう。

これらの情報は使いまわせるようにするとよい。例えば自分の持ちネタで「電気自動車」があるなら、「科学」「エネルギー」「環境」「生活」などの分野で持ちだせる。分野に合わせて少しずつ変化させることができればなおよいだろう。

試験官の英語は聞き取りにくいことも多い。ネイティブも日本人も学者のような人が多く発音が不明瞭な人も少なくない。アナウンサーではないのでやむを得ない。わからないときは丁寧に聞き返して構わない。
質問の意味がわからないときは「~ということでしょうか。」と確認したり、"Could you rephrase that?"などと言い換えを求めてもよいだろう。そういうやりとりも「やりとり」として評価されるのではないだろうか。




1日1回クリックして頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

【 2013/07/02 】 英検 | TB(0) | CM(0)

来月発売予定の文法本

英語に限らず、何かを習得するためには反復練習を避けて通れない。
野球でもピアノでも何でも。

しかし、ハウツー本では、その反復練習をやらずに、とっても楽に短時間で身につけられる方法を紹介するというのがほとんど。

そういうタイトルでそういう内容でなければ商品が売れないからだろう。

英語に関しても、そういうものがほとんどだ。
「1日5分でペラペラ」から始まって「TOEICの成績がひどかったが数年で通訳になった」など
人目をひくようなものが実に多い。

しかし結局勉強に王道はなく、反復練習してある程度時間をかけなければならない。

「1日5分でペラペラ」にはならないし、
「数年で通訳になった」と言う人は、実はその前にホームステイしたりや外人とルームシェアしたり英語学校や通訳学校に通いつめたりしていたりする。

誰も「短時間で楽に」英語を身につけた人はいない。


しかし、一方で、何年も何十年もまじめに英語の練習をしているのに
なかなかものにならないという日本人は少なくない。

そういう人は学習法が間違っていたり、無駄が多かったりする。
私はそういう人達にこそ、正しい方法を知って頂きたい。

そのような間違いを正して合理的に練習すれば、一定量の練習が済めば実力はつく。

そのような正しい勉強の素材の1つとなるような文法書を出したいと思っている。
反復練習は絶対に必要との観点から、何度も繰り返せるような分量を目指した。
多過ぎると嫌になってしまうし、少なすぎると文法書の役割を果たさなくなってしまうから。


その他、色々な工夫も盛り込んでいる。

先週土曜の「外国語教育研究会」での私の発表の中で文法書のことについても触れた。
その後、大学4年生の男性が話しかけてきた。
W大学の教育学部に在籍していて来年大学院に行って将来教材を作りたいとのこと。
そこで、私の本のことを話したら、「それは今までにないですね。」と言っていた。

今までにあるものを出しても意味ないから、今までにないものを出す。
世の中には有名な文法書も色々あるが、それに負けないものと信じる。
日本の学習者にとって最も有効なものとなるだろう。
なぜなら、海外に長期滞在して身につけたのと違い
私自身が日本において苦労しながら勉強して発見した法則などを盛り込んでいるし
日本で学ぶ学生に指導をしてきて多くの人にとっての弱点となっている部分を丁寧に解説しているから。

7月中には出せると思う。現在、最終チェックをしているところである。
既に知り合いの方々からは楽しみにしていると言われている。
ぜひ、皆様も楽しみにして頂きたい。




1日1回クリックして頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

【 2013/07/01 】 英語習得 | TB(0) | CM(0)