英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

英会話のコツ「を見てきました」

英会話の練習でよく行うことの1つが「自分の体験を語る」こと。

「先週、横浜へ行ってきました。ベイブリッジを見ました。中華料理を食べました。」

このような例文が典型だろう。

まず、「行ってきました。」はどう言うか。

「行って」はwentでよいとして、「来ました」はどう言うのか・・・

こういう場合は、単純に「行った」でよいだろう。

英会話のコツの1つは、日本語を、英訳しやすいような日本語に変形すること。
つまり、自分が最初に考えた日本語を全部そのまま英訳しようとしてはいけないということ。


「へ行きました。」は誰でも言える。
I went to~/I visited

「を食べました。」も、まあ大丈夫。
ただ気をつけるべき点は、時制。
初心者は、I eat としてしまう。

逆にいえば、eatを過去形にすることを学べるよい機会でもある。


問題は、「見ました。」。
look at, watch, see。
どれを使えばよいのか。


look atは、「意識を対象に向ける」ニュアンス。
Look at this ! 
と言われた人は、視線をthisに移す。

watchは、「意識して見る、見つめる」。
テレビを見るような場合、意識して画面を見るので、watch TV。

seeは、「見る、見える、会う」。
watchほど、意識しないニュアンス。

よって「映画を見る」は次のような使い分けとなる。
watch the movie on TV=テレビで見る
see the movie at the theater=映画館で見る(大きなスクリーンのため、TVの場合に比べ「意識」の程度が弱いのかも)

(ただし、see the movie on TVと言う場合もある。語感は個人差も大きいからだろう。)


とすれば、「ベイブリッジを見た」は
saw the Yokohama Bay Bridge
でよいだろう。
景色など、大きな対象はseeが適切だろう。

なお、
watch the bridgeと言えば、「その橋を(じっと)見つめる」というニュアンスになるだろう。


以上、初心者のうちは知っている単語を使えばよいが、勉強をしていく際には類義語の本質的な意味を区別して覚えていくようにするとよいだろう。

1日1回クリックして頂けたらうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
【 2014/10/30 】 発音・スピーキング | TB(0) | CM(-)

クモは益虫

この記事はブロとものみ閲覧できます
【 2014/10/26 】 雑談(一般) | TB(-) | CM(-)

楽しかったシンポジウム

この記事はブロとものみ閲覧できます
【 2014/10/26 】 雑談(英語) | TB(-) | CM(-)

【発音】coffeeを注文してコーラが出てくる

英語クラブの生徒さん数人が共通して持っていた経験

「coffeeと注文したのにcokeと思われた」

「わたしも、おんなじ~!自分だけじゃなかったんだあー♪」
と喜んでいたが・・・(笑)

このような誤解が生まれる原因は、日本語のつもりで「こーひー」と言ってしまいがちということだろう。

日本語の「こーひー」の音の中には、英語と共通する部分は皆無と言ってもよい。
それゆえ、ネイティブの聞き手は、飲み物の会話中であるにもかかわらず「こーひー」という音からcoffeeを連想するこができないのである。それだけ、日本語の「こーひー」という音は、coffeeからかけ離れていると言えよう。

しかし対処法は、簡単。
いつも私が言っているように、「日本語と英語は言語的距離が最も遠いこと」を常に意識しておく。

日本語と英語は全くの別物。英語を使うときは意識的に日本語とは違うことを忘れないようにする。とりわけ、カタカナ語(外来語)には注意である。

カタカナ語こそ、日本人が作り出したものだ。
そのほとんどが、英語の音ではなくて文字から作り出したものである。それらは英語に似せた日本語である。
それゆえ、カタカナ語をしゃべったところで、それは日本語を話しているにすぎないのである。

coffeeについて言えば
英国[ kˈɔfi]、米国[kάfi]。

最大のポイントはFで(息を吐きながら)下唇を軽くかむこと。そして最初に強勢を置くことも大事。

両国の発音をあえて日本語で書くと、それぞれ

こふぃ、かあふぃ

となる。

見てもわかるとおり、日本語の「こーひー」とはまったく違うのである。


以上から考えれば、「通じる発音」を身につけるための重要なポイントを手っ取り早く身につける方法はカタカナ語に注意することである。

普段から気をつけていれば、どんどん英語らしい発音を身につけていけるだろう。

テキストなどを参考にしたいのであれば、拙著「発音PREMIUM」をお勧めしたい。

       

「Hi, Friends !」に準拠しつつ、カタカナ語に焦点を当てているので、効率的に発音練習ができるからである。
(「Hi, Friends !」は文部科学省が作成し、多くの小学校で使用されている本である)。

1日1回クリックして頂けたらうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



【 2014/10/22 】 発音・スピーキング | TB(0) | CM(-)

【おしらせ】シンポジウム「日本の英語教育を発信する」が開催されます

この記事はブロとものみ閲覧できます
【 2014/10/18 】 お知らせ | TB(-) | CM(-)

関連語は一緒に覚えよう peter≒fizzle

peter outについてTweetしている方がいたので、関連する表現を記しておく。

peter=次第に減少する[小さくなる・細くなる・弱まる・衰える]

outをつけると意味が強まる(その意味から派生して、別の熟語的意味になることも多い)。これは他の単語の場合も同じであることが少なくない。

ex. cut out=切り取る、切り抜く、除外する


なお、大文字Peterだと個人名。また、〔十二使徒の〕ペテロを指す(紀元前1年頃に生まれたとされる、キリストの十二使徒の筆頭格である聖シモン・ペテロ(Saint Simon Peter)。イエスの死後各地に教会を建て、ローマで宣教をして紀元67年に殉教したとされる。ローマ・カトリックでは伝統的に、ペテロを初代の教皇であると見なしている。また、新訳聖書の「ペテロの手紙」を書いたとされている)(英辞郎on the web)。

ローマにある聖ペテロのバシリカ
聖ペテロ(サン・ピエトロ)大聖堂(ローマ)

peterとほぼ同じなのがfizzle。

fizzle (out)=(炭酸の泡が)次第に消える、(勢いが)徐々になくなる、(計画が)失敗に終わる
cf.sizzle=(肉などが)ジュージュー[シューシュー]と音を立てる、焼けるように熱い(暑い)

go from sizzle to fizzleなどで対の意でよく使われる。(最初あった勢いが徐々になくなる)

sizzleはsizzlerというレストランがあるので覚えやすい。
sizzlerには「料理人、熱いもの、非常に暑い日、すごい物・人」等の意もある。


以上のように関連語(同義語、反意語など)は、できるだけ一緒に覚えておくと効率的である。


1日1回クリックして頂けたらうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





【 2014/10/15 】 単語・熟語 | TB(0) | CM(-)

吸血鬼とニュース英語

ハロウィンは、オカルトと関連していて大好きである。
ブログでは毎年触れているが、今年もいく!

今回は吸血鬼について。

ハロウィーンの衣装で子供たちと犬

まず、「ドラキュラ」の誤用について。
ドラキュラ(Dracula)は、イギリス時代のアイルランド人の作家、ブラム・ストーカーの恐怖小説『ドラキュラ』(1897年)に登場する男性の吸血鬼。日本では「吸血鬼」の意味で誤用される事が多いが、あくまでも小説の登場人物の固有名詞であり、吸血鬼全般をドラキュラと呼ぶのは間違い。吸血鬼を表す英語はヴァンパイア(Vampire)である。ドラキュラはルーマニア語で「竜の息子」を意味する(竜は悪魔という意味もある)。(Wikipedia)

吸血鬼は、蘇った死人または不死の存在であって、実態はなく、鏡には映らないとされる。

もし、我々が吸血鬼に出会って血を吸われたら大変なので、対処法を考えておく。

にんにくや強い香草が苦手。にんにくをたくさん食べたばかりの人は、かなり安全なのではないか。

その他、吸血鬼の一般的な弱点は、日光、聖書、十字架。
金属の杭を心臓にうちこむ。

炎で焼かれるし流水を渡れない。その家の住人に招かれないと中に入れないなど。

以上、全体的にキリスト教の影響が強い(例えば、「流水」はキリスト教で用いる「聖水」からイメージされる)。

そして銀の弾丸(silver bullet 悪魔や狼男なども倒せる)にも弱い。

silver bulletはニュースなどでたまに出る。
「(難問の)特効薬(的解決策)」という意味で使われる。
ex. seek a ~=特効薬を求める

弾丸ついでに、ニュースでたまに耳にする表現を挙げておく。

cf. smoking gun=決定的証拠(煙が出ているということは、その銃を使った決定的証拠)
ex.be caught with a ~=決定的証拠でつかまる

cf.spearhead=(運動などの)先頭に立つ(やりの穂先の意から)
ex.~the campaign=そのキャンペーンの陣頭指揮をとる

cf.whistle-blower=内部告発者(笛を吹く人の意味からだろう)
ex.
Whistle-Blower Protection Act
〈米〉内部告発者保護法◆1989年制定
〈日〉公益通報者保護法◆2004年制定


以上、吸血鬼とニュース英語であった(笑)


1日1回クリックして頂けたらうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


【 2014/10/08 】 単語・熟語 | TB(0) | CM(-)

食欲の秋には肉を食べよう

この記事はブロとものみ閲覧できます
【 2014/10/01 】 雑談(英語) | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。