英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「多くの中高生:英語は将来使わないと予想」→義務教育での英語の授業はスピーチ・芝居を

次の記事があった。
"9 割の中高生が英語の必要性を感じつつも、半数は「使わない」未来を予想 - ベネッセ教育総合研究所"
http://blogos.com/article/101110/


英語に限らず嫌いな科目は「何で勉強しなければならないのか。将来使わないのに。」と思うだろう。
数学なら「何で因数分解をやらなければならないのか。社会で使わないのに。」と。
逆に好きなら「数学的思考がおもしろい。」「すらすら解ける人はかっこいい。」と思うだろう。

英語についても同様。
好きであれば「英語はおもしろい。言葉の並び方、音のひびき、日本語との違いなど、色々がおもしろい。」「すらすら読めたり、ぺらぺら話せる人はかっこいい。」
(英語に限っては、好きでない学生も含め9割が「英語を話せるのはかっこいい。」と感じており、特殊であろう。この「かっこよさ」を利用するのが教育上有効であろう。)


どの科目であっても学校教育段階では、「将来それを使う自分」を十分に想像できないのは当然だろう。
しかし、その科目を楽しく勉強する者もいれば、ひどく嫌う者もいる。

違いはどこにあるのか。
勉強ができる生徒は次のどれか、またはすべての考えをもっているのではないか。
・将来必要だから(留学や仕事で)
・できたらかっこいいから
・おもしろいから

一般に動機付けは2つに分けられる。
統合的動機付け(integrative motivation)、道具的動機付け(instrumental motivation)。

前者は「目標言語の文化・社会を理解し同化したい」というもの。カナダなどではよく見られるとのこと。
後者は「試験に合格したい、就職に役立てたい」など功利的なもの。どちらも大事であって、どちらであってもよいだろう。

学校教育で、英語に限らず科目を教える場合、「その科目についての動機付けや、勉強する理由」が存在するとよいだろう。
一番単純なのは、「よい成績をとればよい進学・就職につながる」であろう。

この理由だけでがんばれる生徒はそれでよいが、それではまったく足りず、その科目に嫌悪感を抱き勉強しない生徒は多いだろう。
なお、この調査結果によれば「就職に役立つ」「外国人と友達になりたい」「音やリズムがおもしろい」などと、8~5割ほどの中高生が考えているように見える。
ただし、注意したいのは回答が選択制であること。
おそらく多くの生徒は「そんなには思っていないが、この中から選ぶならこれかな」くらいのものであろう。


英語に関してこのような状況を改善する方法はあるだろうか。

先生が「英語の必要性や楽しさ」を教えるのはよいことだろう。ただし、生徒は説明を聞くだけでは実感できないかもしれない。

1つ有効だと思うのが、「英語のスピーチやドラマ・芝居の暗記と発表」ではないか。

例えばスピーチについて。
まず原文を聞いたり読んだりして内容の理解に努める。これにより、リスニングやリーディングが鍛えられる。英語の音やリズムに慣れ、チャンクごとに理解できるようになる。
そして暗記をすることにより、語彙や表現をそのまま覚えることができ、英語の感覚も身につく。
最後に発表することにより、「英語を話す自分」を体感できる。そして、「ペラペラ話すかっこいい自分」を体験できる

従来からしばしば行われている「例文を暗記」だけでは無味乾燥かもしれないが、「発表」という目的があること、「英語を話す自分」を体感できること、という点で大いなる違いが存在する。

なお、重要なのは「意味を考えない丸暗記」はダメということ。それでは覚える意味があまりない。(幼児期は、意味を考えずに音だけを丸暗記するのも言語習得として重要であり、また当然のことだが、知的能力が発達した中高生の場合、それでは非効率的である。)

恥ずかしがる生徒も少なくないかもしれないが、構わずにやったほうがいいだろう。恥ずかしさの軽減という観点からは、1人のスピーチよりも、仲間との英語劇のほうがやりやすいかもしれない。

いずれにしても、英語の正しい発音をすれば「恥ずかしさ」を感じるのは当然である。英語と日本語はまったく異なる言語なのだから。この点もあらかじめ教えたほうがいいだろう。

また、調査結果で多くの生徒が「英語の勉強で大切なのはたくさん話すこと」と回答しており、さらに、これは一般的にも思われていることである。しかし、「話す」前提として「大量のインプット」が必要ということを忘れてはならない。

受容語彙(聞いたり読んだりできる語彙):産出語彙(話したり書いたりできる語彙)は、2:1とも3:1とも言われており、さらに、この割合は受容語彙を5000語以上を持っている場合であるとも言われている。つまり、まずは大量の語彙・表現を持っていなければ「話す」ことはできないのである。

この観点からも、「すべて覚える」学習法は「話す」ために有効と言える。

そして、文科省による英語を学ばせることの目標:「コミュニケーション」は、何も1対1の会話だけではない。会議での発表やスピーチだって立派なコミュニケーションであってその練習は必要である。学生のうちに経験させるに値する活動であろう。

なお、スピーチなどを全部覚えてしまうというのは、英語が苦手な人にとっても非常に強力な勉強法である。大学受験などにも大いに役立つし、仕事で英語を話すときにも自然と出てくるはずである。

最後に、スピーキング、スピーチ、発表、芝居など、どれも「英語を音声化」することである。
4技能のうち、もっともアピール力があり、ほとんどの人が「かっこいい」と感じる部分である。
英語教師にはぜひ、英語の正しい音、リズムを生徒に指導して頂きたいものである。
もし、自信がないようなら、拙著「発音PREMIUM」をご一読して頂きたい。

       

1日1回クリックして頂けたらうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
【 2014/12/20 】 英語教育 | TB(0) | CM(-)

発音:LとR、子音の連続

LとRの区別は一番の難所。

語頭のRを出すためには唇がとんがる。ヒョットコのおちょぼ口のよう。そして、radioをいうとき、最初に「う」を入れるようにして「ぅれいでぃおぅ」とする。最低限必要なのは、Lのように舌が口の中のどこかにくっつかないようにすること。

paperの最後の部分は、米国では「舌を巻く」が英国では巻かないで「ぺいぱ」と言う場合が多い。


store,stressなど最初のs,tはともに子音なので、sとtの連続である[st]だけを何度も言う。
日本語の「ストレス」につられて[suto]はダメ。

blackなども子音のb,lが連続する所だけを何度もやる。
日本語の「ブラック」にひきずられて[bula]になってはいけない。
間の母音を入れずに[bl]でなければならない。

このような一部分を抜き出した練習は有効。
ピッチャーが肩や手首を鍛えるようなもの。

小泉八雲が自分の子供に英語を教える際、日本によいテキストがなかったから自作し、最初の1か月位は子音の連続を中心にやったようだ。それだけ英語の音の中でも重要ということだろう。

八雲の出自は英国領ギリシャ生まれ、父はアイルランド人。日本人女性と結婚、日本で生活。よって、彼は英語も日本語もよく知っていただろう。そういう彼が英語教育の入門として、子音の連続を教えたことが意義深い。


以上の練習法は大学で私のLLクラスでも行っている。

なお、以上の発音のコツ、それ以外のコツなど、音声つきで学びたい方は
拙著「発音PREMIUM」2冊を参照頂きたい。
     

1日1回クリックして頂けたらうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



【 2014/12/17 】 発音・スピーキング | TB(0) | CM(-)

英語初心者からの卒業のカギ「現在完了形」

 今週は大学で小テストを実施した。
リーディング・クラスで「現在完了形」の文法テストを実施した。


個人的に思うのだが、英語初心者が中級者になるためのカギは現在完了形だろう。
中学で登場して以来、わからないままの人が実にたくさんいる。

英語で本を読んでいても、話を聞いていても、現在完了形はひっきりなしに現れる。
それゆえ、現在完了形の理解は英語使用にとって必須であろう。

たしかに、現在完了形は日本語では意識しない概念なので理解が難しいかもしれない。
そして、中学で納得のいく説明を受けた人は非常に少ないかもしれない。

よって、なんとなくわかった程度にしたままの人も多いようである。


日本のそういう教育事情を考え、もっとわかりやすい指導を目指すべく、以前Kindle版電子書籍を書いた。

       
書名: 「英語初心者からの卒業 ザ・現在完了形」Kindle版(100円)

おかげさまで好評である。
完了形について「もやもや」している方はぜひご一読をして頂きたい。
目からうろこを全て落としてすっきりと新年を迎えてみてはいかがだろうか。

一応、最低限度のことをこの記事でも書いておく。

<1>公式

現在完了=主語 + have[has] + 動詞の過去分詞形

ex. I have seen the movie.=私はその映画を見たことがある。

*動詞の活用=現在形、過去形、過去分詞形。
原則は、現在形にedをつければ過去形、過去分詞形となる(ex.walk-walked-walked)。これを規則変化という。
不規則変化をする動詞は、変化形が辞書に書いてある(教科書などにも表が出ている)。(ex. see-saw-seen)。

<2>意味

①経験 ②継続 ③完了・結果

① I have seen the movie.=私はその映画を見たことがある。
② I have seen the movie for three hours.=私は3時間(継続して)その映画を見た。
③ I have just seen the movie.=私はちょうどその映画を見(終わっ)た。


<3>現在完了形は現在形

現在完了形は過去形ではない。
過去形は、過去の1時点の出来事を表す。その出来事の影響や結果が現在どのようであるかは、表さない。過去の出来事と現在は切断されている。
現在完了形は、過去の1時点に発生した出来事の現在の様子を表す。それゆえ現在形である。

ex. I ate ramen an hour ago. =私は1時間前(という過去の1時点において)ラーメンを食べた。(現在食べているか、また食べた結果どうなのか、については表さない。)

cf. I have eaten ramen for an hour.=私は1時間(ずっと)ラーメンを食べていた。1時間前という過去の1時点に発生した「ラーメンを食べる」ということが現在まで継続しており、その現在の様子(ちょうど食べ終わった様子)を表す)。

なお、他の文法事項も総合的に学びたい方は、コチラの拙著もお勧めである。
                  
書名:「MAGICAL 実用英文法」Kindle版 (500円) (約446ページ)
書名:「MAGICAL 英文法問題集」Kindle版 (250円) (約218ページ)
       


1日1回クリックして頂けたらうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
【 2014/12/12 】 MAGICAL 英文法 | TB(0) | CM(-)

リスニングはなぜ難しいか&対処法

TOEICを頑張っている方のTweetに次のようなものがあった。

=========
実際に英語を使う場では、リスニングが一番難しいと言います。スピーキングは自分の知っている表現だけ使えばいいし、リーディングは時間をかけて辞書を引けばいい。ライティングも時間をかけられる。それに対して、リスニングは自分の知らない表現が使われる。
現実世界での英語のリスニングは難しい。せめてTOEICのリスニングぐらいは満点とっておきたいわけです。
=========

確かにその通りだと思う。リスニングが一番難しい。

しかし、対処法はある。
拙著「禁書 日本でやりきる英語習得の真実」にも書いたが、最近思うことも加えて、以下で述べる。

  



トーイックマニアの人は、常人をはるかに超えた量の問題練習をしている。だから、多種多様の問題や出題例を予め知っている。よって本番で同じまたは類似の問題がたくさんあってハイスコアを出せる。

リスニングも結局は同じこと。
たくさんの練習をしておけば、多種多様の音声を予め知ることとなり、次回、同じまたは類似の音声に出会ったときは聞き取れる。

問題は、一般的なリスニングは変数が多すぎること。
まず発音に関して英米加豪の4つ。そして各国の各地域の方言・訛りの数。
早い、遅いの2つ。高い声、低い声の2つ。
語彙・表現(=場面)が多数(TOEICでの場面は数が限られ、戦争、犯罪、科学などはない)。

以上から、簡単に見積もっても次のような数を網羅しなければならない。
4×2×2×方言・訛り数×場面数

とすれば、これだけ幅が広いことを考えれば、すべてが聞けるようになるのは多大な練習時間が必要。
逆にいえば、目標を定めることで、目標達成の時間を短縮できる。
例えば、まずは日常会話だけとか映画だけとかに絞ればよい。
さらに、映画なら、ホームドラマだけなどとするのもよい。例えば、戦争や犯罪に関するものなどは、特殊な語彙が多かったり、どなったりわめいたり、放送禁止用語を多用したりするから。

練習素材は、音声にスクリプトがついているものがよい。
文字で内容を確認することは大事である。
先に聞いてもよいし、読んでもよい。

いずれにしても、何度も繰り返す必要がある。

基本的には、シャドーイングをする。つまり、英語の音のすぐ後に続いて、音を言う。声に出さなくてもよい。
その際、意味もできるだけ考える。
また、シャドーイングにあきたら、同時通訳をするのもよいかもしれない。

わかりにく方言や、ささやくような小さい声などは、聞けなくても構わない。
そういう場合は、せりふの言いたい要点をまずは理解するようにしたらよいだろう。


そして、インプット練習の効果は、練習量に正比例しないことも忘れてはならない。

例えば、スピーキングであれば、覚えた表現の数だけ、話せるようになってやった実感がわきやすい。
しかし、リスニングやリーディングは、やった分だけ、その日のうちに進歩を感じることはできない。

半年や1年は、まったく進歩が感じられない日々が続くことを知っておくべきである。
この時期をプラトー(平原期)という。
ただし、これは進歩していないのではなく、知識が「蓄積」されているのであり、進歩の途中である。

そして、一定量が蓄積されたら、一気に実力があがる。コップに水がたまっていき、いっぱになったらあふれるようである。
これがブレイクスルー(爆発的成長)である。

インプット練習は、このブレイクスルーが来るのを待てるかどうかにかかっている
と言っても過言ではない。

結局は、大人の言語習得も、赤ちゃんのそれと変わらないと思う。
1,2年は、とにかくインプット量の増大に努める必要がある。
ただし、違うのは、大人の場合、知的能力を言語習得の道具として利用できる点である。
文法や背景知識、経験などを活用して、高度な内容も短期間で理解・習得できるのである。

1日1回クリックして頂けたらうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
【 2014/12/10 】 リスニング | TB(0) | CM(-)

帰国子女など海外で身につけた人の英語習得論は、ほどほどに

太っている人や髪の毛に不自由している人は、それを自分でネタにするのはいいが、人から言われると非常に不愉快になるもの。それらに関しては他人の発言権はないといってもよいくらいである。

日本での英語習得法について、今も昔も海外経験者ないし帰国子女などが自説を述べたり本を出版したりしているが、そのような人達の発言権についても似たようなことが言える。
もちろん発言の自由はあるが、発言の中身の価値はほとんどない。つまり日本での習得に関しては役立たないということ。

最大の理由はESL(English as a second language)とEFL( English as a foreign language)。つまり言語環境の極端な違いのため。
ESLは、簡単に言えば学校以外でも英語が使用されている環境。
例えば、シンガポールや英語を母国語とする国々。

先日見かけた学者のTweetで次のようなものがあった。
「海外にいても日本人学校に通い、日本人同士でかたまっている人に比べれば、日本で海外ドラマを長時間見る方が効果が高い。EFLとESLの区別は意味がない。」

しかし実際には「ドラマを長時間見る」ことを日本でやるのは非常に困難である。
「ドラマを長時間見ればよい」などと気軽に言ってしまうこと自体、本人が海外に滞在しながら英語を身につけた人であることの証であって、EFLでの、つまり日本での英語習得の難しさが、本質のところでわかっていないと言える。

すなわち、経験していないので、実質がわかっていないのである。

10数年から20数年以上、日本語のみで育ってきた日本人にとって、英語を身につけるのがどれだけ困難なのか、わかっていない。

「長時間見る」といっても、ただ見るだけではだめである。スクリプトで意味を確認したり、聞こえない所を何度も何度も巻き戻して聞きなおしたり、せりふを覚えて何度も何度も言ってみたりと、「ハードな訓練」が必要。

「ハードな訓練」こそ、EFLでの言語習得の真髄と言っても過言ではない。
そして、それを3年ほどは継続しなければならない。
継続することは非常に困難。
強い動機や意志が必要。

そもそも、英語習得にとって最も重要なのは動機付けである。
強い動機がなければ継続学習は困難となる。

その点、海外に滞在すれば、いやでもたくさんの英語に触れ、話す機会にも遭遇し、英語が使えるようになるのである。
「英語ができなければ生きていけない」という最強の動機付けが自然に存在しているのである。
EFLにおける場合とはまったく違う。
いやでも英語との付き合いが継続できる。
その証拠に「英語がうまい人」に尋ねれば十中八九「海外経験あり」だろう。

なお、海外にいながら日本人同士でかたまっている人は、英語習得の話に乗せる価値もないので、論外である。

そういうわけなので、日本で英語習得に励む人は、海外で習得した人の習得論は参考程度にして日本で高度な英語力を身に付けた人の話を重視したほうがよい。

(このようなことを述べる理由は、かつての自分のように習得法に悩む人を減らしたいからである。私が訓練していたころは、あまり情報がなくて迷いが多かった。もっとも現代は、逆に情報が多すぎて迷ってしまうかもしれないが。)

日本での英語習得を目指す方には、拙著Kindle版「禁書 日本でやりきる英語習得の真実」をお勧め致します。
   

1日1回クリックして頂けたらうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
【 2014/12/05 】 英語習得 | TB(0) | CM(-)

ホントにあった怖い話:大事なデータの意図しない削除

以前、修士論文を書いていたときに気をつけていたのは、データをなくさないようにすること。

ワードで執筆中は、こまめに上書き保存をした。
なぜなら、執筆中に何らかの原因でコンピュータやワードが突然停止してしまいデータが消失してしまうかもしれないと思ったから。
1日の終わりには、ウェブメールに添付して自分宛に送信。
そうすればクラウドに保存したのと同じとなる。

なお、論文執筆の場合、上書き保存よりも、名前を付けて保存を繰り返すのもよい。
1日ごと、あるいは数日ごと位には、新規に保存していくのがよいかもしれない。
なぜなら、本日書いたものよりも、昨日の方がやっぱりよかったという場合にすぐに対処できるからである。


今回、論文執筆中のデータ保護に関しては、メールに添付はちょっと面倒だから、新たな方法を考えた。
メモリーメディアの利用である。
コンピュータ内のHDDに保存をすると、コンピュータが故障したときにデータが消失、または取り出すのが困難になる可能性があるからである。

かといって、外付けHDDを買うほど、ワードのデータ量は大きくない。
そこで思いついたのが、すでに所有していた、USBメモリーとSDカード。

それまで、これらのメディアはデータを持ち運ぶためのものだと思い込んでいた。
しかし、今回気がついたのである。
持ち運ぶだけでなく、PCに差し込んだまま、外付けHDDのように使えばよいのだと。

これに保存しておけば、コンピュータが故障しても、まったく怖くない♪


と、その時までは思っていた。

しかし、やってしまった。

執筆中の論文データを削除してしまった。数か月前のことである。


ホルダーの中に、論文、参考文献、アンケート用紙などいろいろ入れていて、新たなホルダーを作って、その中にも同じものを入れたつもりでいたので、古いホルダーは削除した。

しかし、新しいホルダーの中には、入っていると思っていた論文がなかった!


SDカードに保存していたから復元ポイントを過去にしてもダメ。
怖くて頭髪の大半が抜けるかと思った。


もうだめかと思ったが、一応、Googleしたら、復活させるフリーソフトがいくつもあるようだった。

そして、なんとか戻せた。頭髪も生き延びた。

今回使用したのは、Renee Undeleter。
http://www.reneelab.jp/data-recovery

教訓:執筆中むやみに削除しない。削除するなら事前に2か所以上で保存しておく。


1日1回クリックして頂けたらうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


【 2014/12/03 】 PC | TB(0) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。