英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

英会話のコツ「アーウー」(Tweetまとめ)

次のようなTweetがあった。
============
 即興でのスピーチトレーニング。アーウー言い過ぎって言われた…。
せめてwell …だな。
============

それについての私のTweetは以下の通り。
>RT
言いたいことが英語で言えないのはよくあること。回数を重ねていけばだんだんアーウーは減る。
でも考えるときに使うことはある。そのときの言い方のコツがある。
>続き
「あー"uh"」はできるだけやめた方がいい。aと勘違いされ相手が混乱するかも。
ex.I have uh...many books~(単数なの複数なの?って思われる)
よってコツとしては"uh...m"と言う(最後に口を閉じる)。ネイティブ話者でもそういう人は多い。
>続き
もちろん勘違いされない文であれば"uh..."で問題ないだろう。
ex.Uh...I have many books~

1日1回クリックして頂けたらうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
【 2015/05/27 】 発音・スピーキング | TB(0) | CM(-)

どうすれば語学が上達しますか

英語教育を専門とする、ある大学教授が次のように述べている。

===============================
「どうすれば語学が上達しますか」とよく尋ねられるから、それに対して4つの答えを提示する。

①辞書をひきまくる
②使って失敗を重ねる
③日本語力を磨く
④あらゆることに興味を持つ
===============================

たしかにそうだが、これでは旧態依然とした回答であって100年前から変わっていないといえよう。
やるべきことが多すぎ、かつあいまい。
その結果、多くの学習者が挫折してきたし、このアドバイスを聞いた学生も、ほとんどが挫折するだろう、あるいは最初から着手さえしないだろう。

そもそもそのような、あいまいかつ幅の広い回答であるなら、むしろ「アメリカで3年以上、勉強または仕事をしてきなさい」とアドバイスしたほうが、英語力が上がるだろう。

日本における英語学習を考えるのであれば、まずは「目標を定める」ことが大事。

「旅行で買い物などを楽しみたい」という目標であれば、文法などは気にせず、定型表現を覚えればよいだろう。
それ以外の目標の場合、最低限度、中学程度の文法はわかっていたほうがよい。

基本的な文法を身につけたら、後は各自の目標に向けて量をこなせばよい。

目標に合わせた練習方法が重要である。

例えば、目標が「TOEICで高得点を出すこと」であるのに、英会話スクールに通うことに熱心で、TOEICの問題を解く練習をさぼっているのではダメなのである。

4技能(読む、聞く、話す、書く)のうち、どの技能を特に鍛えたいか、も忘れてはならない。
仕事で英語を使う場合、もちろん会話力も必要だろうが、次のような場合も少なくない。
「毎日、複数のメールのやりとりをし、大量の資料を読むといった業務を行う。」
こういう人は少なくないだろう。そのような場合、速読力がとても重要であろう。

また辞書をひきまくるといっても、目標によって語彙が異なってくることにも注意が必要だろう。

「ニュースを読めるようになる」という目標なのに、小説ばかり読んで、そこに出てくる語彙に詳しくなったところで、ニュースが読めるようにはならない。

「TOEICも英会話も得意になりたい」というふうに、目標が複数の場合、優先順位をつければよい。

就職に必要だからなるべく早くTOEICでスコアを上げたいなら、当面はTOEICに重点をおきつつ、英会話も少しずつ練習すればよい。

日本語に囲まれた日本という環境において、英語の専門家のように英語ばかりやっているわけにもいかない一般学習者は、とにかく目標を定めて、その目標に合わせた学習・練習を重ねるのが合理的である。

文法学習にはこれがオススメ!
          
国内学習のコツはコチラを参照してください!
  

1日1回クリックして頂けたらうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

【 2015/05/23 】 英語習得 | TB(0) | CM(-)

英語教育を本気でやるなら幼児から

先日、米国人指導教授と一緒に帰宅した。
その途中、TOEICの話となった。

学生達は米国留学プログラムの前後にTOEICを受験するが、留学直後だけはスコアが上がるものの、その後はまた元に戻るという。

このパターンは私の勤務校でも聞く話だ。


それについて私のTweetは以下の通りであった。

========================
大学の中には留学プログラムが含まれている所も少なくない。留学直後のTOEICスコアは100~200点アップすることも珍しくないが、大抵の場合しばらくすると100~200点下がるようだ。要するに帰国してからの実力維持・向上が行われていないのだ。もうすぐ就職活動という時期であるにもかかわらず。

>続き
大学生だけでなく小中高生もそうだろうが「将来必要だから勉強をしなさい」といっても、なかなかできないのが大半だろう。これは英語に限った話ではない。よほど強烈な意識がなければ、普段使いもしない英語を熱心に勉強するのは非常に困難だろう。

>続き
日本語に囲まれたEFL環境において英語を勉強するのは本当に大変。とにかく動機付けが難しい。モチベーションの維持が難しい。やらなければやらないで生活ができてしまうのだから。

>続き
「国民に英語を身につけさせる」という目的を果たそうとするなら、小さいときに大量に英語に触れさせ音韻を脳にしみこませるのが最も合理的で効果的だと思う。そして中学レベルの文法を勉強させれば、後は本当に必要になった人が自分で短期集中特訓をして実用レベルに持っていけると思う。
========================

学校教育は、生徒全員をプロ級にするわけではない。
数学をやるから全員数学者になるわけでもなく、理科をやるから全員気象予報士になるわけでもない。
それゆえ、英語をやるから全員「スラスラ読めてペラペラ話せる」ようになるわけでもない。

よって、「幼児のときからそんなにやらなくてもよいのでは?」と考える人も少なくないだろう。

確かにそう考えてもよい。

しかし「国際的観点から英語は必須であって、国民に英語を身につけさせる。そのため中高6年間に加え、現在では小学5,6年生から、近い将来3年生から、また学校によっては1年生から教えている」というほどの力の入れようである。

とすれば、ある程度ましな力をつけるようにすべきだろう。

そうでなければ、時間も金も浪費以外のなにものでもなくなってしまう。


英語でやっかいなのは次のこと。

・英語科は他の教科とは性質が違う。すなわち他の教科は、理解の対象は日本語以外であり(ex.因数分解、高気圧)、それを理解するための言語は日本語だが、英語科だけはそうではない(理解の対象は英語そのもの)。
・教科書を使って文字だけ理解するのでは極めて不十分で、音声教育が最も大切である。


これら2点のために、英語教育は本来他の科目よりもはるかに多くの時間が必要となる。(教師の質も、もっと高いことが望ましい=教師自身が高い英語力と指導力を備えていること)。

よってこれを実現するためには、幼児のうちに音声に慣れさせるのが最も効率的で、なおかつ、ほとんど唯一可能な方法なのではないか、と思う。

一方、「国民の9割は英語を必要としない」というならば、そこまで熱心にやらず、英語は高度な特殊能力で一部のエリートが身につければよいと考えることもできるだろう。そして、希望者には留学奨励金を出すのもよいかもしれない。

しかし、それだと優秀な人は海外にとどまってしまうことが多いようである。これでは国が英語に力を入れる意味がなくなってしまうのではないだろうか。
コチラのブログも参考になる。


1日1回クリックして頂けたらうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
【 2015/05/23 】 英語教育 | TB(0) | CM(-)

テレビで見かける日本語表現「なつかしい味」

 TVでは食べ物のレポート番組が実に多い。
レポーターが何かを食べて一言。
「なつかしい味がします。」

この表現はどうなのか。あいまいでよくわからない。他にほめるところがないのかと疑ってしまう。

「なつかしい」はレポーター本人にとってなつかしいのであって、視聴者にとっては意味不明。

その人の母親の味なのか、学生時代によくかよった店の味なのか。
出身地によっても味付けは様々だろうから、その人の出身と違う地域の人にとっては「なつかしい」わけではないだろうに。

この表現も、以前書いた「やはり」と同様、暗黙の前提として「他の多くの日本人が幼い頃、または若い頃に食べたと思う。」という気持ちがあるのだろう。

よってこれも日本独特の言い回しであり、英訳するのは不可能に近いだろう。

あえてやってみると
This food has brought back my memories of my mother's dishes in my childhood.

先述の通り、「その懐かしさ」はその人だけのものであると表現せざるを得ない。

しかし、あえて日本人の感覚を考慮すれば
This food has brought back my memories of my mother's dishes in my childhood and will make many Japanese feel the same way.

「なつかしい」という単純な言葉だが、共通体験を持たない異文化の人に伝えるには、非常に長い説明となる。

もっとも、お互いの文化を知っている場合には長い説明をするよりも、相手の文化にたとえたりすると明快である。

例えば、英国人からの質問
"What is NHK?"

に対して「公共放送だ」と答えるのでもよいが、「BBCのようなものだ。」と伝えた方がわかりやすい場合もある。

お互いの言語・文化の理解の程度によって、話し方を変化させるのは
異文化間交流において有効である。


1日1回クリックして頂けたらうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


【 2015/05/20 】 雑談(英語) | TB(0) | CM(-)

テレビで見かける日本語表現「やはり」

 TVで、一般人に対するインタビュー。
「○○大臣の辞任についてどう思いますか。」
「やはり~、当然だと思いますよ。」「やはり~、許せませんよね。」
などという答えが多く聞かれる。
「やはり」はほとんど枕ことばのように、よく使われる。
「やはり」=たいていの他の人達もそう思っているだろうし、私もそう思う
ということだろう。

この考え方が成り立つのは狭い日本で、しかもほぼ単一民族だからであろう。
日本語を話すとき「私は」という主語を省くのが通常であることと連動しているといってもよいだろう。
「私」を消しさり、他の多くの日本人と同じであるという意識に通じるのだろう。
民族・宗教などが異なり、個性を大切にする欧米文化においては「やはり」は役に立たないだろう。

あえて英訳するなら
I guess most people think the same way as me, I think~
かなりおしつけがましいものになりそうである。

どの表現がよいとか悪いとかの評価の問題ではない。
表現は地域によって異なるのである。

異文化交流の時はそういうことも意識しておくとよいだろう。


1日1回クリックして頂けたらうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
【 2015/05/13 】 雑談(英語) | TB(0) | CM(-)

テレビで見かける日本語表現「かわいー」

 日本女性が色々なものについて「かわいー!」というのをよく耳にするが
「おお、そういう発想か」と思うことがある。
赤ちゃんや子犬ならわかるが、車やピンク色にも使うのかと。

TVで、小京都の町並みに白い壁の家や蔵がたくさんあり若い女性レポーターが「レトロでかわいい白壁」と言っていた…

う~む奥深い。

女性の感性は女性にしかわからないのかもしれないし、言葉で説明ができないものかもしれないが、一応自分なりに考えてみる。

色だけを言っているのではなく、形がかわいらしいことに重点が置かれているのか。建物がいくら大きくても形であれば「かわいい」は成り立つ。
あるいは、白さがきれいで、仮に他の小さなものが同じ白色だった場合、その小さなものは形や大きさも含めてかわいいから、それを連想させるその白さがかわいいのか。
それとも、形は含めず色そのものに着目して「真っ白」や「ピンクがかった白」ならかわいくて、「黄ばんでいたり黒ずんでいたりする白」はかわいくないのか。

まあ、いいや。
今のところ「かわいー」は女性的な言葉だから自分が使うことはないし。

女性的な言葉と言えば英語にもあって、例えば
感嘆表現How[What]~!はどちらかと言えば女性的だから男性は多用しないほうがいいとされる。
そのかわりとしてThat's~などが使われるようだ。

How beautiful it is ! →That's beautiful !

英語の場合性別による表現の違いはそれほど多くはないだろう。
一度自分で調べてみたり、普段からドラマ・映画などで気をつけておくとよいだろう。


1日1回クリックして頂けたらうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



【 2015/05/06 】 雑談(英語) | TB(0) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。