英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
121234567891011121314151617181920212223242526272829303102

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Twitterまとめ:猛吹雪=Snowmageddon

先日の雪では、えらいめにあった。
それほど積もったわけではないのに、電車が全然動かなかった。

科学技術の発達した現代においても、自然の脅威にはなかなか太刀打ちできないと感じる。

一方、積もった大雪をためておいて、干ばつ・水不足に生かせないものかと、以前から思っている。


今回の単語は「雪」に関するもの。
とても新しい単語だが、マスコミやオバマ大統領も使った「猛吹雪」についてのTweetをまとめておく。

================
単語:Snowmageddon=Snowpocalypse=Snowzilla=猛吹雪
前2つの最初の登場は2008,9年。その後英米の大手メディアが使い、オバマ大統領も2010年民主党全国委員会の会合で使った(https://goo.gl/mPJ3EV)

前2つはArmageddon(ハルマゲドン=世界の終末における善と悪との決戦場)、the Apocalypse((新約聖書の)ヨハネ黙示録)からきていると思われる。3つ目はGodzillaから。

新しい語だから「現代用語の基礎知識」「流行語大賞」でとりあげられるようなものか。今も使われてるから「一発屋」ではなさそう(笑)。

上位語=blizzard,snow storm。
上位語よりも、聖書における世界の終末やゴジラの凶暴さによる都市の破壊の方が交通機関、政府機関を麻痺させ壊滅的な被害を引き起こす気象状況を想像しやすい。

どれも頭文字は大文字のようだ。「~げどん」のアクセントは「げ」におく[ὰɚməgédn|ὰː‐]。「はるま」ではなく「あ(r)ま」。#カタカナ発音滅却委員会
================
スポンサーサイト
【 2016/01/30 】 単語・熟語 | TB(0) | CM(-)

「石」の区別を一応しておこう

「石がころがっている」「石を投げる」など、いわゆる「石」はなんというのか。
一番よく知られているのはstoneかrockだろう。普段使う範囲では、これらで事足りるだろう。


以下、一応、語彙学習の観点から類義語を見ておく。

小さい順に並べると次の通り。
gravel<shingle<pebble<cobblestone<boulder

ただし、生活にかかわる単語ほど、地域差・個人差があるので、以下の区分けは厳密ではないだろう。

gravel=(集合的に)砂利(不可算)
e.g.a gravel path[road]=砂利道
 
大きさも色々。おそらく、業務で使用するものだから、ひとまとめに「砂利」と呼んでいるのだろう。

shingle(不可算)=小石
「shingle」の画像検索結果

Cf 1.
shingle=屋根板(をふく)、(医者・弁護士等の)小看板(米口語)
hang out [up] one's shingle 〈医者・弁護士が〉看板を出す, 開業する.
Cf 2.
shingles=帯状疱疹(不可算)

pebble=(水に洗われて丸くなった)小石

cobblestone
=(通例~s)(鉄道・道路舗装などの)丸石
「cobblestone」の画像検索結果 

boulder
=巨岩
最近、「ボルダリング(bouldering)」が人気のようである。ボルダリングとは、フリークライミングの一種で最低限の道具(靴とチョーク)で岩や石を登るスポーツ。

stone
 (可算)(個々の)石 、宝石(precious stone)
the philosopher's stone=賢者の石
( stone は rock のかけら; rock は地球の表面を形成している大きな岩石。ただし 主に米国 では rock を石・小石の意にも用いる)

rock 岩、岩盤、岩石(可算・不可算);(主に米国・豪州)石・小石(可算)

結局、「石を投げる」などのいわゆる「石」はa stoneかa rock(主に米国)で、「小石」はa pebbleと覚えておけばよさそうである。

throw[hurl/pelt] a rock[stone] at him=彼に石を投げつける

ちなみにパワーストーンは和製英語。
英語では
gemstone totem/healing crystal
というようである。

【 2016/01/27 】 単語・熟語 | TB(0) | CM(-)

区別:lash,lush,rash,rush,flash,flush,crash,crush,clash

以下、区別しにくい似たもの同士をまとめ、記憶のてがかりを記しておく。


lash=ムチ(打つ)
ex.
She lashed him with her tongue. 彼女は彼を毒舌でののしった。

lash out violently 激しく非難する


lush=(植物が)青々した、生い茂った
ex.
lush fertile land 緑濃き豊かな土地


rash=発疹(名詞)、性急な、軽率な(形容詞)
ex.
I developed a skin rash. 皮膚に発疹ができた。

I made a rash decision. 私は軽はずみな決断をしてしまった。


rush=突進、殺到(名詞)、大急ぎでする、突進する(させる)(動詞)、急を要する、切迫した(形容詞)
ex.
rush an order 素早く注文に応じる、注文品を至急調達する

avoid commuting during peak rush hour
ラッシュアワーのピーク時の通勤を避ける

the morning/evening rush hour 朝の(夕方の)ラッシュアワー

Don't travel at rush hour/in the rush hour.ラッシュアワー(の時)に出かけるな。

*the rush hourのtheはつける場合とつけない場合があるようだ(rush hourを固有名詞的にとらえるとtheは不要となるのだろう)。


an eyelash=(1本の)まつげ(まばたきするとムチのようだからか)

lower lash/upper lash=下まつげ/上まつげ



flash=点滅する(flicker)、ぴかっと光る、懐中電灯



flush=赤面する(させる)、どっと(ざっと)水をかけて~を流す・洗い流す
ex.
You're flushed. 顔が赤いよ。

flush a toilet 水洗トイレの水を流す



crash=(砕けるような)すさまじい音をたてる、砕ける、墜落する
ex.
A car crashed into a truck. 乗用車がトラックに衝突した。


crush=押しつぶす、粉砕する
ex.
The car was crushed flat. その車はぺちゃんこにつぶされた。


clash=(金属などがぶつかりあって)ガチャンと鳴る、(チーム・軍などが競技・戦闘で)ぶつかりあう、(意見・利害などが)衝突する
ex.
His plan clashed with her interests. 彼のプランは彼女の利益と衝突した。



どれも区別がやっかい。
例文で覚えてしまうのがよいだろう。

"a"と"u"がある場合、"u"のほうが「差し迫った」ニュアンスがあると思う。発声の長さからいっても、crashは「くらーしゅ」、crushは「くらっしゅ」という感じで、"u"のほうが短い。
crushなどの"u"の発音は[ʌ]で、「あ」よりも「お」に近いともいえる。ヨーロッパ人の中には、「くろっしゅ」に近い音を出す人も少なくない。

また、拙著「禁書 日本でやりきる英語習得の真実」

でも触れたが、暗記のコツの1つとして「桝原流」がある。そのうちの1つが「文字の形のイメージ化」。

例えば"u"は、縦の線が2本もある。縦方向から「押しつぶされる」かんじ。
よって、「差し迫った」ニュアンスがある。

なお、今回の単語はどれも「非常によく使われるわけではないので、なおさら記憶にとどめにくい。
ニュースなどでたまに見かけるのは飛行機がcrash、政党同士がclashといったところだろう。
【 2016/01/20 】 英語習得 | TB(0) | CM(-)

「英語教師は英語ができる」は一般的な気持ち→英検で解決

前回の記事で「英語教師になるための必須条件として、英検取得を」と述べた。

なぜなら、そうすることが英語教師の英語力確保にとって、わかりやすいし、やりやすいから。

日経の記事「英検準1級以上の取得 中・高教員、目標遠く」には次のようなことも書かれていた。
============
文科省幹部は「日本の子供は学校で何年も英語を習うのに、使える英語がなかなか身につかない」と認める。

「行政事業レビュー」でも英語教育が批判の対象になった。「子供の語学力向上に成果が出ないのは、教員の英語力や指導力が足りないため」
============

英語教師の中には「英語の資格をとらないのは、とる必要が無いから」と考える人も少なくない。
それでも構わないが、それ相当の英語力を持っている必要はある(文科省も言う通り、英検準1級レベルが望ましい。確かに現状では、かえり読みをしたり、何度も読み直したりすることによって教科書をなんとか訳すことができれば授業を行うことができるだろうが、そのレベルでは「英語を専科として教えるプロ」とは呼べないと思う。)

また、学校教育では英検受験を勧める事が多いが、本質的な指導はできないだろう。
受験した経験がなければ、核心的な部分を語ることができないのだから。

「英語資格を持たない教師が英語を教えるのは、ボクシング・チャンピオンになれなかった指導者がチャンピオンを育てるようなもの」と考える人もいる。しかし認識を誤ってはいけないのは、そのボクシング指導者もプロとしてある程度の実力はもっていることである。
英検準1級をとれない指導者がいたとしたら、それはプロになる前の実力というべき。なぜなら、準1級は大学中級レベルとされているから。
そのレベルとボクシング指導者を一緒に考えるのは不適切。

逆に、中学生や高校生はまだ子供であってチャンピオンを目指すようなプロではないと考えることもできる。こう考えた場合にもやはり、プロボクシングの話題を例としてあげるのは不適切だろう。

まだまだアマチュアレベルの中高生を教えるのだから、教師にそれほど高い英語力を求めなくてもよいかもしれない。高校卒業レベルとされる英検2級でよいかもしれない。

しかし教師という職業は、大学で専門的なコースを経た上でつくことができるとされている建前から考えると、英語力についても大学生レベルはもっていると考えるのが自然であろう。

英検準1級を教師の条件とするのが、教師の最低限度の英語力の確保にとって、最も簡単に実行でき、大学生にとっても十分可能であり、一般にとってもわかりやすいと思う。
【 2016/01/18 】 英語教育 | TB(0) | CM(-)

英語教員「話す・書く」強化&今後の英語教育 

「英語教員「話す・書く」強化 文科省、400大学で共通授業 」という記事が日経電子版にあった。

記事の重要部分は次の通り。
=========================
文科省が次のことを決定した。
①英語教員志望者の「話す、書く」力を強化する
②そのため全国約400の大学で基礎的な授業内容を共通化する

②につき、共通の授業は「コア(基本)カリキュラム」と呼ばれ、医学部や歯学部では導入されているが、教員養成過程に取り入れるのは初めて。

①につき、
話す力の強化策として、時事的な話題に関してディベートをする授業を増やす。中高生の授業でディベートを実施できるよう、模擬授業の必修化を検討する。
書く力の強化策として、あるテーマについて自分の考えを記述する授業を増やす。

また、2020年度以降、小学5,6年生に英語を正式教科になる予定なので、小学校の教員免許を取得できる約230大学でも英語の共通授業を導入する方針らしい。
=========================

まあ、いつも言っていることだが、理想論ばかり並べているとしか思えない。

以前決定した「高校の授業は英語で行う」も実施されているところはほとんどないらしい。

英語で言われたことが聞き取れないのに、討論なんてできるわけがない。
自分の言いたいことだけ、それに関する単語や表現を覚えてただ言うだけ、みんなが自分の言いたいことを言うだけになるのは明らか。

インプットの重要性を忘れないでほしい。
授業時間は限られているから、授業中に読む、聞くの練習が十分取れない場合が多いだろう。その場合、毎日各自が行うべき、と言及すべき。

それにしても、「時事的な話題に関してディベート」は英検1級レベル。
それを大学生にやらせようということになる。
かなり無理がある。

いっそのこと教員になるための条件として、政策を机上であーだこーだ考えるよりも、英検1級または準1級を必須にしたらよい。

大学の授業もその方がやりやすく、学校間でのばらつきも出にくい。
なにより、資格取得を目指すことは、学習者にとって大きな勉強意欲につながるから。

英語教育の歴史100年以上の間、まったく効果があがっていない最大の理由は、海外で英語ができるようになった日本人が帰国して指導者になって、日本における英語習得法を考えているから、と個人的には思っている。

つまり日本における英語習得の大変さや、海外での学習とは異なることを、政策決定者がわかっていない。もし、わかっていながら、理想論ばかり並べているとしたら無責任でしかない。(大抵のバターンは、「英語ができるようになったらカッコイイな!」と期待に胸を膨らませて中学に入るも、1年生の2学期には英語が嫌いな科目1位になる。そして英語への苦手意識を持ち続け、「中高6年間も英語を学んだのに全然しゃべれない」と悲観的な気持ちを持ち続けること。私はこのパターンを崩したい。)

日本において学習するためには、修行、鍛錬とも呼べるような、意識的な反復学習が必須であり、そのことを明確に意識しなければならない。

それを可能とする有効な方法の1つが、資格取得である。
資格取得のためには、いやでも反復学習をすることになるからである。

なお、「修行」を必要とするのは、ある程度使えるレベル(英検準1級レベル以上)になるための場合(もちろん、それ以前のレベルにおいても、習得のために反復練習をすることは大切ではある)。

日本で英語を習得した人ならだれでもわかっていると思うが、「修行」は必須であり、非常に大変である。

ただし、本気になれば3年(3,000-4000時間)ほどで達成できるものであるのも事実。

これを日本人全員に学校でやらせるかは、今後考えたほうがよいかもしれない。
つまり、全員にやらせるのはもっと簡単なレベル、基本的な国際交流、道案内、旅行などでなんとか使える程度のものでよいかもしれない。
それ以上のことは、英語専攻コースを希望する者、英語の専門家を目指す者がやればよい、としてもよいかもしれない。
それだけ、日本における英語習得は難しくて、専門的な訓練が必要なものである。

英語の学習や教育の分野で、まず最初に行われなければならないのは次のことであろう。
「英語習得」は、すてきな外国人と会話を楽しみながら楽に身につけられる、というような誤った認識を払拭し、他の学問・技芸と同様「修行」が必要だということをしっかり認識し、また認識させることである。
【 2016/01/16 】 英語教育 | TB(0) | CM(-)

語彙:perpetualなど、"per"は「長く続く」感じ?

次のようなTweetがあった。

それに対して私のTweetは次のよう。
=============
perpetual=永続する、絶え間ない
e.g.perpetual quarreling=ひっきりなしの口論

perennial=四季を通じて続く、長期間続く
e.g.annual, biennial and ~ plants=一年草、二年草、そして多年草 

perpetrator=犯罪者、加害者
perpetrate [pˈɚːpətrèɪt|pˈəː‐]=(悪事等)を犯す
e.g.~a crime=罪を犯す
=============

perpetratorは、たまにニュースで聞く。

persist=固執する、やり続ける

permanent=永遠の
( 髪のパーマも、これからきている。
パーマ=a permanent wave/《口語》 a perm
パーマをかける=have one's hair permed [permanently waved]/have [get] a perm.)

以上のように「ずっと続く」ニュアンスの"per~"は結構ある。

発音にも注意。
 [pˈɚː|pˈəː‐]である。口は半開きであって、「ぱー」のように大きく開けてはダメ。
「ぷぅ」に近い。

だから、「パーマ」の英語の音は「ぷぅm」という感じ。

上に挙げた単語は皆、この音で始まるのだから、その音が聞こえた瞬間、聞き手は「ずっと続く」ニュアンスを持つわけである。

このように、文字や文字の組み合わせごとに、その持つ意味のニュアンスがあったりする。
学習しながら、そういう点にも意識を向けていくとおもしろいだろう。



【 2016/01/13 】 単語・熟語 | TB(0) | CM(-)

英語はコア・ミーニングで覚えよう

次のようなTweetを見つけた。
===============
in the face of …=…をものともせず
===============

中級くらいまでは、このように「○○=△△」と英語の日本語訳をきっちり覚えて、その表現は「覚えたぞ」と学習を終了してしまうのもやむをえないとも言える。

しかし、単語はもちろん熟語も、できるだけコアミーニングを考えてから覚えるようにしたほうがよい

確かに「をものともせず=in the face of」とだけ覚えておけば、「をものともせず」とアウトプットするときすぐに出てくる。

しかし、そのような記憶の仕方では不都合がある。

つまり、同じ表現で別の意味がある場合も多く、それも知っていないと応用がきかない。

次の例は「ものともせず」ではわかりかねる。
pain experienced by the people in the face of reform
(解釈は後述)

また、そのように固定して記憶する必要もない。もしこの表現を知らなくても、アウトプットは別の表現(ex.despite)でも可能だから。

コアミーニングでの理解は以下のようである。

in the face of~
コア=~の顔面の中→~に直面して

She is strong in the face of criticism.
コア=彼女は強い、批判に直面しても

結局これは、「をものともせず」で解釈してもよいが、「批判の中でも彼女は強い」と認識してもよい。つまり、絶対に「ものともせず」と解釈する必要はない。

自然な日本語にすると、「彼女は打たれ強い。」

上述の例
pain experienced by the people in the face of reform
コア=その人々によって経験された痛み、改革に直面しての

自然な日本語にすると、「改革の痛み[改革に伴う痛み]」

要するにコア=直面して
であって、それ以降の意味合いは文脈による。

私が言いたいのは、がちがちの日本語訳だけの記憶では応用がきかないから、コアミーニングをもとに、文脈から意味合いを判断したほうがよいということである。
また、コア・ミーニングからの意味の判断を行えると、アウトプットの際にも大いに役立つのである。


【 2016/01/09 】 英語習得 | TB(0) | CM(-)

申年だから猿を英語で言おう

2016-00094-1.jpg

猿はmonkeyの他にapeということも。
apeは類人猿のニュアンスがあるから、直立して歩く尾のないサルで、
特に chimpanzee,gorilla,orangutan,gibbon などを指す。

 orangutanは日本語ではオラ(ン)ウータンだが英語は
「ぅrぇーnぐてぇn」というかんじ。[əˈræŋ.əˌtæn(米), əˈɹæŋ.əˌtæn(英)]
#カタカナ発音滅却委員会


動物の英単語は、学習上の重要度は低い。
基本的なものを知っていれば問題ない。

ちゃんとやろうとすると面倒。
こどもの呼び方、雄と雌の違い、群れの名前などが様々ある上、普段使わないからなかなか覚えられない。

猿のこどもは、infant。雄雌の違いはない。群れはtroop。

ただ、chimpanzeeの雌はempress、雄はblackbackというようだ。


その他、牛、にわとり、ライオンなども色々注意点があるから、各自で確認しておくとよいだろう。

動物の呼び方について、たとえばコチラにまとまっている。





【 2016/01/06 】 単語・熟語 | TB(0) | CM(-)

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます

本年もどうぞよろしくお願い致します
【 2016/01/02 】 雑談(一般) | TB(0) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。