英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
021234567891011121314151617181920212223242526272829303104

英語母語話者は世界共通英語ができない


科学技術の発達等により、近年世界はますますつながってきている。
とりわけビジネスの世界ではそうで、それに伴い世界共通語である英語は、非母語話者の方がはるかに多く使用している。

そして、米国人や英国人の英語が、非母語話者に通じなくてビジネスにおけるコミュニケーションで問題が発生することもあるようだ。

それゆえ、母語話者向けに「誰にでもわかりやすい英語」に関する本やセミナーなどが現れてきているらしい。

このような状況に関するニュース記事について、私は次のようなTweetをした。


さらに、以下のようなTweetをした。
=====================
母語を非母語話者レベルに合わせるのは難しいだろうがまずは①比喩的な語彙を使わず②早口・省略を避けることに気をつければよいのでは?

ballpark=球場、からビジネスでの「概算」に結びつけるのは、知らない限り無理。an approximate numberなどを使ってほしいところ。商習慣という言葉がある通り、商売ではその地域ごとの習慣・表現があるだろうが、別の地域の人を相手にする場合は考慮すべき。

日本語でも「○円で手を打つ」「今回はかなり勉強してもらった」などは日本語非母語話者には理解されないだろう。比喩的・婉曲的な表現は、商売における駆け引き・戦いを和らげる効果があるから重宝されるのだろうが、それは母語話者同士の場合に限った話にすべきだろう。

なお「勉強」の語源は「勉め強いる」(本来は気が進まないことを仕方なくする)。商人が値引きをする意味は江戸時代から使用されていた(「学ぶ」意味の勉強よりも古い)http://gogen-allguide.com/he/benkyou.html
=====================

Tweetでも述べた通り、母語を非母語話者レベルに合わせるのは難しいだろう。
しかし、コミュニケーションは(言語的、文化的に)双方の思いやり、歩み寄りが重要だから、ぜひ努力して頂きたいものである。

「どのような言葉づかいが万人にわかりやすいか」に気がついたり、考えたりするための大きな要因になるのは、外国語学習だろう。

米国人や英国人は外国語を習得している人は少ないらしい。
もっと多くの英語母語話者が「外国語習得」を経験すれば、世界はもっとつながりやすくなるのではないだろうか。
スポンサーサイト
【 2016/03/30 】 ビジネス英語 | TB(0) | CM(-)

Twitterまとめ:桜満開で息がとまりそう

私がTweet したものをまとめておく。

===================
日本では桜が咲き始めたが、米国でも同じらしい。ワシントンD.C.には日本からおくられた桜がきれいに咲いていて多くの人が楽しんでいた。テレビのインタビューで米国人のおばさまが目をまんまるくして答えていた。
"My breath...goes away! It's amazing."

My breath goes away.はたぶん辞書になくて、その人がその場で考えたのだろう。既存のbreathtakingなどから考えて「息がとまるほどだ」というようなことを言いたかったのだろう。

goes awayは現在形。過去形でも現在完了形でもない。つまり、一般的な状況を(気持ちの上で)表していると言える(この桜を見れば誰でも息がとまる)。もし現在進行形なら、その人だけが、ちょうど息がとまっている最中ということになる。
===================
【 2016/03/27 】 発音・スピーキング | TB(0) | CM(-)

blue&silverの強さ

次のようなTweetがあった。


blueは高級でよいイメージのようである。ただ、特に口語で「憂鬱、よくない」というニュアンスで使うことはある。

You look blue.=落ち込んでいるようだ。
Things are looking blue. =形勢が思わしくない。

以下、ブルーとシルバーに関連した表現をTweetしたのでまとめておく。
=======================
blue blood [blúblʌ̀d]
「ぶるー」と伸ばさない

貴族の血統(不可算)、 貴族[名門]の人(可算)

#カタカナ発音滅却委員会



silver bullet=〔問題を解決するための〕確実な方法、特効薬(オオカミ男を銀の弾丸で殺せるという言い伝えから)

cf.smoking gun=決定的証拠となるもの(主に米国)


silver lining=〔地上から見た灰色の雲の後ろ側で〕銀色に輝く裏地〈比喩〉希望の兆し


Every cloud has a silver lining. 悪いことの反面には必ず良いことがある。
Every silver lining has a cloud.楽あれば苦あり。/どんなに良いときにでも悪いことは起きる。/喜びの後には悲しみが訪れる。
=======================











【 2016/03/23 】 単語・熟語 | TB(0) | CM(-)

花粉症対策

3月は花粉が大量に飛び、花粉症の人は極めて苦しい時期。

私も以前は非常に苦しんだが、近年対策を色々試し、自分にあったものを見つけ、症状はとても軽くなった。

対策については当ブログのトップ「ゼロ円でできる花粉症対策」にまとめてある。

薬品を使うのが嫌な方もいらっしゃるだろうが、適宜使用すると効果的である。
以前私は、目のかゆみには目薬、鼻のつまりには点鼻薬を使用していたが、どちらもよく効いた。
(ここ何年かはどちらも使用していない。)

最近ウェブ上で見つけたのはこれ。


私は使用したことがないが、評判がとてもよいようだ。

このような商品を活用するのもよいのではないだろうか。


【 2016/03/21 】 健康 | TB(0) | CM(-)

新たな仕事をプラス

春はスタートの季節。
自分に関することも、新たに始まるものがある。

春からS女子大大学院博士課程で2年目を迎え、本格的に論文作成にとりかかる。
そして、その女子大で教えることにもなった。

週1コマであるが、自分にとっても新たな発見や学びがあるに違いないと思い、引き受けることにした。

以下、それに関するTweetをまとめておく。

====================
春からS女子大でも教えることに。グローバルビジネス学部ビジネスデザイン学科というカッコイイ所。週1コマなのに本の量がすごい。どういう使い方をしていくのかまだよく知らない。ただ、全員TOEICと米国留学するようだからその準備は必須。
KIMG0335.jpg

ビジネス関連なのも、おもしろい。TOEICの経験はもちろん、英字ニュースに毎日接したり、大企業で教えた経験も役立つに違いない。

私は普段M大で教えS女子大の院では女子大生をしているが春からは教員にもなったので、当アカウントを途中から見た人は何が何だかわからなくなるに違いない…
====================

現段階では、それらの本を全部使うのか、どのように使うのかもわからない。
しかし、どのような道具を使うにしろ、最低限目指すべきことは、「将来役立つ英語力の養成」であると考えている。
【 2016/03/19 】 大学の授業 | TB(0) | CM(-)

五郎丸、英語力不足でスタメン落ち→小学校英語教育をどうするか

 次のような記事を見つけた。
課題浮き彫りに…五郎丸、英語力不足でスタメン落ち/SR


要約すれば「英語ができないからメンバーに入れない」。

ラグビー以外の理由でラグビーをやらせてもらえないとは。


以前も述べたが、小学校英語はどんどんやるべき。

ある研究者が統計的に「英語を必要としている日本人は、たった1割で、エリートがほとんどだ」と主張したのに対して、私は「だからなに?」と考えた。

子供には多様な可能性があるのに、最初から1割のエリートだけに英語が必要だとするのは不適切だ。
例えば芸術やスポーツで、将来世界的に活躍する子供もいるだろう。

もし、小学校から英語をどんどんやっていたら、「英語ができないからラグビーをさせない」などと言われることはなかっただろう。

今回の記事は、私の主張の裏付けになろうだろう。


ただし、五郎丸氏は数カ月でコミュニケーションがとれる状態になるだろう。
根拠は次の通り。
・特に受験勉強をして知識はあるが話せない会社員が海外に赴任した場合でも、1~数カ月で仕事上必要なコミュニケーションはとれるようになる場合が多い。
・そのスポーツの内容についてはよく理解しているので、英語の上達は早い。
・毎日その英語に接することができ、大量のインプット・アウトプットが可能。
・そのスポーツで必要とされる英語表現は限られている。
・1つの分野で優秀な人は、別の分野でも高いレベルの結果を出す事が多い。
・「結果を出したい」「ラグビーをもっとメジャーにしたい」など強い動機がある。

記事中に「日本の多くのトップ選手が海外留学を経験する中、五郎丸は国内でキャリアを積んできた」とある。

チームになじむのに最初は大変かもしれないが、いずれ適応していくに違いない。
日本国内で培った素晴らしい技術を、ぜひ海外でも発揮してほしいものである。
【 2016/03/16 】 英語教育 | TB(0) | CM(-)

岡秀夫教授 退任パーティ

昨日は、岡秀夫教授の退任パーティに出席してきた。
KIMG0311.jpg  
岡先生は、私の目白大学院修士時代の指導教授。

パーティは岡先生のゼミ出身者で計画したもの。
場所は中野サンプラザの最上階のレストラン。
眺めは最高。
KIMG0320_compressed.jpg 

目白大学の卒業式は毎年中野サンプラザで行われるが、私が修了した年、ちょうど東北大震災が発生し、その影響で中野サンプラザで行うことができず、大学の教室で行ったのだった。
今回、ようやく中野サンプラザに来られた感じもする。

岡先生はかなりの雨男だが、本日は曇りでよかった。きっと、一緒にいらっしゃった奥様が晴れ女だったのだろう(笑)。

先生が東京大学を退官して目白大学に移っていらっしゃった春、私が入学したのであった。

以来、7年間が経過した。

(同期のマダムKは非常にのんびりした方で、我々が先生の第1期生だということを本日初めて知った、ということに驚いた(笑))

先生は英語教育学の草分け的存在のおひとり。
また、バイリンガリズムの研究でも著名。

大学時代から、「毎日論文を1本読む」と決めて読んでいらっしゃったとのこと。
その後、英国や米国に何度も留学。
先生の指導を受けた方々の多くも、いろいろな大学等で優秀な研究者・指導者になられている。

41年間にも渡る偉大なご経歴に、本日大きな区切りが打たれたのだった。

法律学科出身だった私は大学院に入る前は、英語関係の学問の世界につき右も左もわからず、研究者のこともまったく知らなかった。

たまたま時期を同じくして目白大学にいらっしゃった岡先生にご指導を受けることができて本当によかった。

「歩く辞典」ともいえるほど何でもご存じで研究者として偉大なのはもちろん、教育者としても非常に素晴らしい。

意見を押し付けることはなく、バランスのとれた素晴らしい人格者でいらっしゃり、会話もお上手。

先日、昭和女子大学で博士号を取得した先輩女性の審査を務めた審査員の一人も岡先生であり、彼女も先生のことを「とてもやさしくてジェントルマン」といい、岡先生が審査員で本当によかったとのこと。

研究室では、とてもお似合いの蝶ネクタイをし、紅茶をたしなみクラシック音楽を聞いていらっしゃるご様子が、以前から「相棒」の杉下右京に重なって仕方がなかった。

そこで今回初めてその話をしてみた。ドラマはご存知なかったが、奥様が特に関心を示され今度見てみる、とのことであった(笑)

岡先生、今まで色々なご指導をありがとうございました。
これからもお元気でお過ごしください!
KIMG0317モザイク 








【 2016/03/13 】 研究・論文 | TB(0) | CM(-)

ミニ・アクティビティ集が出版されました

このたび、
Mini-Activities in University Non-Major English Classes (1)
(昭和女子大学現代教育研究所)  500円
が出版されました。
KIMG0301.jpg
59ページ A3サイズ(1ページのサイズがA4)

まえがき
KIMG0305.jpg

英語の授業やサークルなどで、学習意欲を高めるためのミニ・アクティビティを集めたものです。
各アクティビティは15分以内でできるようになっています。

私も共同執筆者として参加しました。
私が寄稿したのは3つ。
①カタカナ・トライアル
②"What's This?" Game
③リズミック・ドリル(with Nursery Rhymes)

①について
カタカナ語(外来語)と英語の違いをしっかり認識するためのゲーム。知っている外来語が日本語と同じではない場合がほとんど(特に発音)。この違いを、ゲーム形式で楽しみながらしっかり認識することができます。
例えば、「ハンド」は日本語であり、英語ではなく、発音上どのような違いがあるかを自分の頭と言葉でしっかり確認できます。

②について
情報のやりとりを迫られることにより、発話が促進されるゲーム。黒板に背を向けた解答者が、黒板に書かれた物の名前を、他の人達に質問することにより当てます。外国人に道を尋ねられた場合と同様、話す必要性が発生し、意識が「スピーキング」に集中できます。

③について
英語のリズム、特に強弱に意識を向けるための練習。文にアクセント・マークをつけたりチャンキングしたり(意味のかたまりごとに区切る)することにより、日本語と英語の違いをしっかり認識できます。
素材としてNursery Rhymes(マザーグース)を選んだのは、これが韻を踏んだ詩集であって英語の基礎になりうるからです。英語圏の人たちは幼少期よりこれを口ずさんで英語のリズムを身につけるとも言われています。


1つのアクティビティにつき見開き2ページのみで説明されているので使いやすいです。
KIMG0309.jpg 

目次
KIMG0307.jpg 
どのアクティビティも、大変興味深く、おもしろそうです。

私以外にも、英語教育の経験が豊富な方々が多数参加しています。

執筆者一覧
KIMG0304.jpg 


本書は、英語の授業やサークルなどで、簡単にできて楽しめる活動をお探しの方にとっては非常に有効なものになると思います。


タイトルからわかるとおり、大学生の授業向けではありますが、レベル別になっているので中学生以上であれば使用可能だと思います。

おかげさまで大変好評なようで、続編や小学生向けなどもいずれ出版されるようです。


お問い合わせやご購入は以下までお願い致します。


昭和女子大学 現代教育研究所(http://iome.jp/)

TEL 03-3411-7391 FAX 03-3411-7398

EMAIL: ichiyama@swu.ac.jp 

(担当:市山)
【 2016/03/11 】 お知らせ | TB(0) | CM(-)

だまし取る=swindle 物 out of 人 vs. swindle 人 out of 物

彼はその女性から貯金をだましとった。= He swindled the woman out of her savings.

swindle much money out of the woman(swindle 物 out of 人)もありだが前者の方(swindle 人 out of 物)が普通らしい。
なんか例外的なパタンだ。

まあ、swindleの直後に物ではなくて人がおかれるのは、だます対象が金ではなく人だからだろう。
ただout ofはわかりにくい。

普通の場合、get out of the room=部屋から(外へ)出る、というふうに「out of~=~から外へ」。このことから「~から」という意味にも使われる(e.g.out of curiosity=好奇心から)

それで考えると「女性から」金をとった=swindle money out of the womanのほうが素直。

「out of=から」とすれば、 swindle the woman out of her moneyは意味がとりづらい。

out ofが使われるのはなぜか。

もともとは、swindle money out of the womanの方がよく使われていて、out of が残っているからだろうか。

それとも、次のように考えるべきか。
swindle her / out of her money=彼女をだまして/(彼女を)金の外におく(out of=の外)=金を使えない状態におく


詳細をご存じでしたらTwitterで教えてください。


なお、文法的な理由などがわからなくても、使い慣れてしまえば問題ないだろう。
しかし、日本で学習している場合、「だます」話はそんなに頻繁にしないので、記憶するには時間がかかるだろう。

【 2016/03/09 】 単語・熟語 | TB(0) | CM(-)

文科省指針:英語教員に英検準1級を

次のような記事があった。

「英語教員の教職課程に統一指針 英検準一級目標に」


文科省が出した指針が、私が以前から主張していた通りになった。
珍しい!(笑)

よって、今回はあまり書くことはない。

簡単にいえば、「中学高校の教員の英語力として英検準1級がほしい、だから教職課程で英検準1級を目指させる」ということ。
そして、今まで大学ごとにばらばらで統一されていなかった教職課程の内容が、「英検準1級を目指す」点で統一化される。

簡潔明瞭で合理的な方針だ。

しかし、「目標」ではなく、免許の必須条件とすべきだろう。
また、「英語を使った討論や論述」を「指導する」というのであれば、1級はほしいところ。

個人的には中高の教員に1級は不要だし、よって「討論や論述」も不要と考える。
(本来、高校生がそういうことをするのも重要だろうが、現状では大量のインプット等、他にやらなければならないことがたくさんある)
なぜなら、それらは非常に高度なものだし、1級を要求すると教員不足になる可能性が高いから。
「高校の英語専門コース」や大学の英語科で学べばよいのではないだろうか。

なお、以前書いた私の記事はこちら。

http://kics2013.blog.fc2.com/blog-entry-514.html

http://kics2013.blog.fc2.com/blog-entry-515.html
【 2016/03/05 】 英語教育 | TB(0) | CM(-)

研究授業から感じること

「研究授業ってなに…」
http://goo.gl/THq17w

小川直樹先生のおっしゃる通り「お芝居」。
芝居を演じたり鑑賞したりする時間があるなら教師は自分の英語力養成に励んだほうがいい。

そうする中で先輩英語学習者としての知恵が生まれ後輩の生徒の魂に響く授業ができるだろう。
自分が学習する中で発見したコツ、苦労話など。
体験者の話ほど真に迫るものはない。

もちろん、他の教師の指導法を参考にさせてもらうという部分もあるだろう。それでもやはり「リアル」ではないという事実は変わらない。

逆に「人のふり見てわがふり直せ」という面はあるかも。
以前見たビデオ。
中高の先生の英語による授業だった。
とても流暢。きっと留学していたのだろう。

しかし発音や文法が違っていた点がいくつも。

生徒に同意を求めるのに"Are you agree?"を連発。
(正確にはDo you agree?。1文に動詞は1個。be動詞areと一般動詞agreeという2個の動詞が入ることはない。
cf. I am running.などの進行形は動詞が2つに見えるかもしれないが、runningは純粋な意味での「動詞」ではない。)

一般のコミュニケーションならそれでもいいかもしれない。それでも通じるだろうから。

しかし、授業でそれを連発したら生徒もそれで覚えてしまうだろう。

間違った英語が拡散してしまう。

英語の授業とは、間違った英語で間違った英語を教えることだったか?

コミュニケーションに特化した授業以外では、授業を英語でやるのはよくないな、と思ったりした。
(もっとも、ごく一部の優秀な学校を除いて、英語で授業を行っている学校はないのが現状のようだ。生徒だって、先生が何を言っているのかわからないだろうし。)

小学校の教師も「そろそろ英語力をあげるべき」と、文科省の担当官が言っていた。
5,6年生ではいずれ「教科」となり成績もつけることになる。
教師は英語の基礎をしっかり身につけることが望ましい。

英語の基礎の基礎は、発音・イントネーション。

2016年は、ネット上だけでなく、セミナーなどで、そういう重要ポイントを伝えていきたいと考えている。

とりあえず要点を身につけたいという方は拙著「発音PREMIUM」を参照して頂きたい。
  

【 2016/03/02 】 英語教育 | TB(0) | CM(-)