英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

英会話のコツ:カタイ日本語と緊急避難法

先日、ある生徒さんから質問を受けた。

「自己啓発」は何と言いますか。

その生徒さんは自己啓発に興味があるとのこと。

こういうカタイ日本語を英語にしようとするとき
単語を知らなければ、言葉につまってしまう。

I am interested in.......

そこで、自分を語る時によく使うカタイ日本語に対応する英語はあらかじめ準備しておくのがよいだろう。

自己啓発=self-development, personal development。


ただし、カタイ日本語に対応する英語を全て準備しておくのは不可能である。
それゆえ、同時に、わからない時のために緊急避難法を身につけておくことも重要だろう。

つまり、カタイ日本語をヤワラカイ日本語に変換し、それを英語に変換する技である。

例:自己啓発→自分をよりよくする
enlighten yourself, improve yourself, make you betterなど。

そして、具体的にどういう活動をしているかなどを補足していけば
完璧なコミュニケーションができあがる。

また、カタイ言葉を言ったあとに、ヤワラカイ言葉で説明すればよりわかりやすいだろう。


カタイ日本語をヤワラカイ日本語に変換するのは
パズルみたいでおもしろい。
話者の日本語のセンスが問われるが。

そのためにも、日本人は日本語と日本文化についてよくわかっていなければならない。
英語ができる日本人とは、日本語と英語の両方ができる人のことを指すのである。





1日1回クリックして頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。