英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

文法書のネイティブ・チェックをチェック中

Twitterのまとめ


本日は英検とTOEICの結果発表が重なったようだ。
希望がかなった方々おめでとうございます!
そうでなかった方々もがんばった分は必ず実力になっているのですから、今後の飛躍のための材料にしてほしいと思う。

私の英文法本の原稿に対するネイティブ・チェックを確認中だが、チェック項目が多過ぎでうんざり・・・

「文法的には正しくても普段使わないもの」をできるだけ明示していきたい。
従来の文法書はその観点からの記載が不足していると思う。
それは外国語学習ではある程度やむをえないことだが、
文語・口語の違いなどを学習中に意識しておくのは有効だと思う。

外人が日本語で友人に「あなたはお食事をお召し上がりになりましたか。」と言うのが変ということだろう。
しかし、外国語を学ぶ上では丁寧な表現を優先して覚えておいたほうがいいとは思う。
ネイティブに「変」と思われても「不快感」は与えないだろうから。

「動名詞」の項目でThere is no~ingは「不可能」を表すと説明されるが実際にはあまり使われないようだ。
It is impossibleやYou cannotが普通であろう。

文法をかなりやりこんだ人なら知っているであろう"speak ill of(のことを悪く言う)"、
うちのネイティブにはピンとこない表現らしい。




1日1回クリックして頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
【 2013/07/16 】 雑談(英語) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。