英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

発音のコツ:メソッドに振り回されないこと

発音を向上させたい人も少なくないようだ。
確かに「英語力」を示すのに「発音・スピーキング」こそ見せ場となるから。
そこでコツのいくつかを。

簡単に言えば歌うようにすればよい。
つまり腹式呼吸で話す、読む。腹に空気をためこみ息を吐き出しながら、唇や舌の形を変化させることにより英語の音を連続的に変化させる。
ちょうど、笛を吹きながら指でおさえる場所を変えて音を変化させるように。

英語は日本語とは全く違う発声法だ。
この違いが生まれる理由は各言語の構造の違い。
日本語はほぼ全て「母音だけ」または「子音+母音」。

「私は男だ。」の各音節は全てのばして言える。
「わー、たー、しー、わー・・」
つまり「子音+母音」を1かたまりとしてぶつ切りにできる。
事実、外人が日本語を聞くと、機関銃のように「ぶ、ぶ、ぶ、ぶ、ぶ」とぶつ切りに聞こえるとのこと。

英語はそうではないため、ぶつ切りにしないよう腹に息を吸いこんだら、意味のひとかたまりを一気に言うこととなる。アクセントの所は強くし、その直後に脱力。

なお、どんなに優秀な発音指導者に指導を受けても、指導者が長期海外滞在者で、生徒が日本で学習している人の場合、まず指導者のようにはならない。

どのようなメソッドであっても、理想となる発音を生み出すための土台たる「圧倒的なインプット」が存在しているから。
海外生活やネイティブの配偶者により、毎日大量の音・呼吸・タイミングなどを脳に刻み込んで、
それをもとに自分が発話しているのである。

発音・発話の正確性・リズム・タイミングなどがネイティブのそれと比べて同じなのか違うのかといった比較の基準となる大量のインプットがなければ、いくらメソッドを学んでも効果は薄いと言わざるを得ない。もっともポイントを知って日頃の練習に役立てることは大事だが。

嫌と言うほどのインプットがあれば大抵の人は問題のない発音・発話ができる。
日本人がいくら英語が下手だといってもアメリカに何年も暮らしている人は皆ちゃんとコミュニケーションがとれているのがその証拠であろう。
また、2~3年ほどの海外滞在があればコミュニケーションがとれる会話力を身につけることができることは言語習得論の実験からも証明されている。

発音がうまくなればリスニング力も向上するとよく言われるが
それも、大量のインプットないしトレーニングがあっての話。
音に対応する日本語の意味を知り、その音が聞こえた瞬間その意味を連想できる訓練をしていなければならない。
意味を付随させる訓練がなければ、いつまでたっても音しか認識できない。

発音のコツは、私のHPにも載せてある。
発音にこだわるのはいいことだが、そのほかのトレーニングも忘れずにしてほしい。
日本で学習する場合、意識して行わなければ意味の認識はできるようにならない。
海外生活ならば、相手が何度も言い換えて話してくれたり、身振り手振り雰囲気から意味を推測したりということはできるだろうが。


あえてこのような事を述べる理由は、再三このブログで述べている通り、日本の英語教育をよりよくしたいからである。
海外経験の長い英語力自慢の者が日本の英語教育を惑わせるのを止めたいからである。
過去100年以上もの間、長期海外滞在経験ありの英語の達人がいろいろな事を述べてきて、そのたびに日本で学習する人達が翻弄された揚句英語が身につかずあきらめてしまったという歴史の繰り返しに終止符を打ちたいからである。
達人たちが述べてきた方法が、日本で学習する日本人にとって本当に役立つものならば
高校を卒業した日本人の多くが英語ペラペラになっているはずである。
しかし、そのような理想郷は、明治時代の英語教育以来、一度も実現されたことはなく
平成になってもいまだ実現されていないのである。




1日1回クリックして頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。