英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

冠詞をどうする?

英会話をしていて困る事の1つは冠詞であろう。

食べ物の話題になって「ニンジンは好きですか?」「では、じゃがいもはどうですか?」
などと尋ねたいときにどうするか。

Do you like < carrot / carrots / a carrot > ?

冠詞がつくのか、aなのか、theなのか。

この点については「MAGICAL実用英文法」で詳述した。
簡単に言えば、話題が一般論の場合、無冠詞で複数形を用いるのが普通。
なぜなら、theはすでに特定された名詞につくから(「その」という意味になる)。
この場合、一般論であり、どのニンジンを指すのかは不特定。
もっと詳しく知りたいと思う方は「MAGICAL」を読んでみて頂きたい。

ちなみに、ニンジンは、米国・英国ではセロリ(celery)と同じく生で食べるイメージが強いらしい。
個人差もあるだろうが。
どのくらいの強いイメージなのかはわかりかねるが・・・日本におけるレタスくらいだろうか。


冠詞は、英語学習者にとって最難関の1つとされる。
しかし、原則を覚え、それを常に意識して、会話や読書の最中にでてきたものを確認して
なじんでいけば、かなり慣れてくるはずである。

よく使うものは、理由を考えるまでもなく言い慣れてしまうのがよいだろう。
例えば、one of the, in the morning, in the eastなど。
あえて理由を考えれば、これらを使う時の話者の頭は「特定」しているからだ。
例えば、「朝」の話をするとき話者の頭の中は、「自分が過ごした『その』朝」を指しているのだから。


===============================

☆☆☆☆☆Amazonベストセラー第1位<教育・学参・受験>(2013.8.25)☆☆☆☆☆

 

書名:「MAGICAL 実用英文法」Kindle (500) (446ページ)

販売:Amazon Services International, Inc.

Amazon販売ページ:http://goo.gl/uiLjJ1

 


書名:「MAGICAL 英文法問題集」Kindle (250) (218ページ)

販売:Amazon Services International, Inc.

Amazon販売ページ:http://goo.gl/ukG5FS
===============================

ご購入頂いた方への特典としては、本の内容に関するご質問などができる
サイトも用意してあります。
http://t.co/ugKyyLELqy





1日1回クリックして頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
【 2013/08/27 】 MAGICAL 英文法 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。