英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【追記】英語習得トラップ:ちゃんぽん文化

 片仮名・外来語はとても便利な反面、英語習得のトラップになりうるということを前回述べた。

(前回の記事で、片仮名と書くべきところを「カタカタ」と書いていた(汗)。しかも何か所も。
恐らく眠くて書いていて、なぜか「カタカタ」の見た目がとても気に入ってしまったのであった・・・
読んで頂いた方で、「カタカタ」ってなんだろう?と思われた方がいらしたらとしたら、失礼致しました。
修正しておきました。)

今回は、1つの英単語を、2種類の日本語にしているものを考える。

例えば、strike。

①野球の「ストライク」、あるいは「~を打つ」
ex. A big sound struck my ear.
大きな音が私の耳に飛び込んできた。

②一方、「ストライキ」の意味もある。
The employees went on strike.
従業員たちはストライキに入った。

その他、machine、glassなどがあるだろう。

machine

①「マシン」機械の意味。
②「ミシン」。おそらく、sewing machine[そういんぐ むしーん」という音が、「みしん」に聞こえたのだろう。

glass

①グラス(飲むときに使う)
②ガラス(窓などに使う) これも、音の聞こえ方によって2種類の日本語になったのではないだろうか。(オランダ語のglasが元かもしれないが。)


最後に、車の話。

アメリカの伝統的なスポーツカーと言われるMUSTANG。
日本では、普通「マスタング」と呼ばれる。
しかし、人によっては「いやいや、ムスタングだよ。」と言う。
でも、「本当は、モスタングなんだよね。」と言う人もいる。

結局、この問題が起きるのはMUSの部分の母音[mʌ́s]が、人によって違って聞こえるからだろう。(もちろん、発音する人にも差異はあるだろう。)
この母音は、mother, butter, cut, fun, companyなど実に多くの場面で出てくる。
基本的には、日本語の「あ」でよいが、場合によっては少し「お」を入れるつもりで発音するとよいだろう。
「マスタング」なんだけれど若干「モスタング」が入るという感じだろう。
ヨーロッパ人の中にはcompanyを「こんぱに」と言う人がわりといる。日産のゴーン氏もそう言っていた。

結局、「あ」か「お」で発音すれば通じるということである。


glassは普通名詞であり物質名詞でもある。数えることができたりできなかったり。
詳しいことを知りたい方は、ぜひご一読を!

       ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
===============================
☆☆☆☆☆Amazonベストセラー第1位<教育・学参・受験>(2013.8.25)☆☆☆☆☆
          MAICAL拡大      最新問題集拡大
書名:「MAGICAL 実用英文法」Kindle版 (500円) (約446ページ)
販売:Amazon Services International, Inc.
Amazon販売ページ:http://goo.gl/uiLjJ1  
書名:「MAGICAL 英文法問題集」Kindle版 (250円) (約218ページ)
販売:Amazon Services International, Inc.
Amazon販売ページ:http://goo.gl/ukG5FS 
☆ご購入頂いた方への特典として本の内容に関するご質問などをコチラで受け付けております。
☆誤植・修正情報はコチラです。
===============================




1日1回クリックして頂けたらうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
【 2013/09/02 】 英語習得 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。