英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

発音に関する電子書籍 発売!

かねてからお知らせしていた通り、やっと発音に関する電子書籍が完成しました。
現在Amazonで販売準備中です。およそ24時間以内に発売が開始されます。

=============================

「発音PREMIUM 基礎力完成編 MP3付き」 

~発音のマズイところを直して 極上のウマイ作品に仕上げます~

拡大表紙発音プレミアム2

300円

【対象者】
・発音が相手に通じなくて困っている方
・お手軽に発音がうまくなりたい方
・手っ取り早く発音のコツを知りたい方
・かっこよく発音して注目を集めたい方
・子供に英語を教えているが発音に自信がない教師や一般の大人(「Hi,Friends!」(文部科学省が全国の小学校に配布したテキスト)に掲載されている単語を採用しているので、そのまま指導に活用できます。かっこよく発音すると子供たちの見る目が変わります。)

*MP3音声は、全て私の音声です

=============================

「石の上にも3年」。
英語に限らず、何かを身につけるには3年くらい続ける必要があると実感している。

そして10年続けると「特技」になる。


英語習得についても本当にそう思う。それくらい続ければ「人に教えられる」ほどの経験と実力をつけることができる。

英語を身につけるという場合、実はいろいろな技能が含まれている。

読む、聞く、話す、書くの4技能。
話すの中だけみても、発音、イントネーション、適切さ、流暢さ、コミュニケーション方略などさまざま。

これだけたくさんのことをやるのだから3年、10年と時間がかかるのもあたりまえである。

そして発音に関しては、私は特にこだわってきた。
まさに10年、いや20年以上かもしれない。

学校では教えてくれなかったので、自分で長いこと研究してきた。
その研究に含まれるのは、自分自身だけでなく、たくさんの人に教えてきた経験もである。

英語、発音が苦手な人にとって、どのように教えたらわかりやすくコツを伝えられるか、ということである。

何かについて苦手な人は、得意な人からコツを学ぶのが合理的である。
ただ、「得意」であっても教えるのが下手な人もいる。

その点、手前みそで恐縮だが、教え方には定評がある。

今まで出版してきた3冊も大変ご好評を頂いているが、今回の本も自信を持ってお勧めしたい。

発音が苦手な方、もっとうまくなりたい方はぜひご利用頂きたい。

発音に自信が持てれば、周りに対する影響力を増大できる。
英会話がスムーズになるのはもちろん、音読やシャドーイングが楽しくなるだろし
仕事でプレゼンをするときも印象がはるかによくなるだろうし
子供に英語を教えている人は、子供たちから「かっこいい」と尊敬されるようになるだろう。
子供は感性が敏感で正直だから、かっこいい発音を鋭く感じ取り、そのようにかっこいい英語を話す先生に対しては見る目が変わるのである。

英語学習の花形である「発音」をぜひ楽しんで身につけて頂きたい。


         文法書の決定版。好評発売中です!!
                ↓    ↓    ↓
============================
☆☆☆☆☆Amazonベストセラー第1位<教育・学参・受験>(2013年8月、9月)☆☆☆☆☆
                  
   ☆画像のクリックでAmazon販売ページに飛びます☆   
  ☆画像のクリックだけではご購入手続きにはなりません☆ 
書名:「MAGICAL 実用英文法」Kindle版 (500円) (約446ページ)
書名:「MAGICAL 英文法問題集」Kindle版 (250円) (約218ページ)
☆ご購入頂いた方への特典として本の内容に関するご質問などを受け付けております。
http://t.co/ugKyyLELqy 

       本気の英語修行をしたい方にはコチラもお勧めです
                 
書名:「禁書 日本でやりきる 英語習得の真実」Kindle版(250円)
============================



1日1回クリックして頂けたらうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
【 2013/10/03 】 お知らせ | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL