英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

センター試験廃止へ、それよりもまず教師の質の向上を。

5年後位にセンター試験が廃止となるらしい。
http://t.co/aXUmy9eA0U

高校生の負担軽減を考えたらしいが「2種類を複数回受験できる」とは、全然軽くないのでは?そしてTOEFLはどうなったのか?


衣装をとっかえひっかえしてるだけで、体を鍛えなければ意味ないのでは?つまり授業・教師の質の改善が先決だろう。試験改革が5年先というなら、試験をこねくるよりも、今から教師を鍛えれば彼らの英語力もかなり上がるのでは?

教師の質の向上が必要な理由は何か。
それは、試験がどのような形態であってもレベルが高いものなら指導者もレベルを上げなければ指導できないからである。


最近の文科省の目的は「コミュニケーションを中心とした英語力をつけさせる」こと。この能力をつけさせることができる教師はどれほどいるのか。しかも、「英語でコミュニケーションをとる」能力を日本にいながらにして向上させる方法を、日本に住んでいる中学生や高校生に対して指導できる教師はどれほどいるのか。ほとんどいないのではないか。

米国留学帰りの英語ペラペラな教師が「ペラペラになるにはとにかく話すことが大事」と言ったところで説得力はまるでない。アメリカにいたから話す必要に迫られ「とにかく話すこと」ができたのであって、日本で「話す必要に迫られていない」生徒達に同じことを言っても無意味である。
話す必要に迫られていない状況でありながら、どのように話す必要性を設定し、どのように練習し、どのくらい時間をかけるべきなのか、というようなことを指導できなければ、日本で暮らす生徒への指導にはならないのである。


思うに、必要最低限度のコミュニケーションを自由にとれるためにはTOEICでは800点、英検では準1級が取得できる位の実力が必要である。この基準はあくまで「基本的に日本で英語を学習してきた日本人」の場合である。英語仲間や知り合いの会社員などを見てきてそう思う。これらのテストで、この位のレベルに到達できるくらいに勉強した日本人でなければ英語、ましてや英語によるコミュニケーションを指導できない。

現状は、大学を卒業してすぐに教師になり、仕事が忙しくなってしまい自分の英語力向上のための勉強を行っている教師はほとんどいないのではないか。つまり、大学4年の時の英語力のままということである。大学生のTOEIC平均点が400点半ばであり、英語専攻の4年生の平均点が565点であることを考えると非常に心もとない。
www.toeic.or.jp/library/toeic_data/toeic/pdf/data/DAA2012.pdf (8ページ)
私が知っている話では次のようなものがある。偏差値が高くない、ある大学の英語科の学生にとって(恥ずかしくなく)履歴書に書けるのは600点だからそれを目指すという。企業に就職するならそれでもよいだろうが、このレベルで中高生を指導する立場に立つべきではないと思う。

本当に向上心を持っている教師であれば毎日自分のトレーニングも行うはずだが・・・会社員でも毎日がんばっている人は少なくない。非常に忙しくても、隙間時間、通勤時間、休憩時間、入浴時間などを利用して、まさに寸暇を惜しんで頑張っている。教師に限って深夜まで残業して睡眠3時間ですぐに出勤などということもあるまい。結局、会社員ががんばれるのは仕事や出世といった必要性に迫られる場合が多いからだろう。教師の場合、大学生までで培った英語力で「教える」仕事はこなせてしまうので、自らトレーニングを継続する人は少ないのだろう。


確かに高い英語力がなくても教科書は教えられる。しかしそれは教科書の読解を説明するくらいのことである。しかしそれさえ、教える際の目のつけどころなどの点で差異が生じる。経験を積んだレベルが高い指導者とそうでない指導者とでは、目の付けどころ、知っている範囲が大きく異なるからである。ましてや、経験が乏しくレベルが低い指導者では「英語によるコミュニケーションを教える」という目的は果たすことはできない。

教育とは、教師と生徒との直接的な接触関係によって生徒を教え育てることである。人間として長く生きてきた教師が経験を交えて指導することが教育の醍醐味でもある。
その点、外国人とのコミュニケーションの経験がほとんどない教師は、コミュニケーションにおける成功談・失敗談などを伝えることはできないだろう。

レベルの観点からは野球の指導と同じように考えることができるだろう。中学生になって初めて野球を学ぶ者に対して指導を行う者のレベルに違いがあるということである。指導者のレベル・経験によって教える内容が異なるのである。仮に指導者が中学の野球部で数年野球をやっただけの中学3年生の場合、または月に1度草野球を楽しんでいる会社員の場合、または1軍に入れないプロ野球選手の場合、または1軍で活躍しているプロ野球選手の場合では、それぞれ指導の質・内容が異なるだろう。

なんとなく忘れがちだが、教師になるには免許が必要なのである。英語を教える免許を持っていながら、外国人と会話ができない、洋書が読めないというのでは「英語教師の免許」って何?となる。まあ、日本の場合、教員免許とは「教科書を教える力がある」ことを証明するものなのだろうが。

しかしそれならば名称を変更して「教科書指導免許」にしたほうがよいのではないか。そうでなければ「英語教師の免許」が高い能力を示すものと勘違いしてしまう。現状は例えば、車の免許で、「法令はわかるが実際の運転はできない」、医師の免許で、「医学書は読めるが問診も手術もできない」ようなものなのだから。

そもそも新卒で英語教師になる、というのが相当無理な話なのである。日本の教育制度で学んできた22,23歳の英語力が高くないの当然の話である、大学時代に英語に全てを捧げた場合を除いては。
よって、英語教師採用は、新卒にこだわらず一定のレベルをクリアしたことを条件とするべきである。
それが無理または不十分なら英語講師は外注するのもよいだろう。

他の4教科とは扱いを異にするべきである。なぜなら5教科と並び称せられているものの、英語のみ他の科目とは性質が異なるからである。
例えば、留学していたから数学や社会の問題がスラスラ解けるわけではないのに対して、留学していたから英語がスラスラ話せるのである。留学の有無で実力に大きな差が生じるのは英語だけである。また言語という性質も重要である。国語(日本語)を除きその他の科目を学習する場合、言語を使う。一方、英語は言語そのものである。なお、国語は母語であるから、基本的な「習得」「運用」は学習するまでもなく身についており論外である。

このような英語という科目の特殊性に気づいていないことも、日本の英語教育がいつまでたってもよくならない大きな原因の1つだろう。

相当長くなってしまったが、久しぶりの「英語教育」だったので、いろいろ語ってみた。

もし、これをお読みの中学・高校・大学生の方がいらっしゃるようであれば、学校の勉強はちゃんとやるとして(読解でも文法でもやった分は力になる)、私の著書などを参考に、学校の勉強の補強、そして独自の英語力養成に励んで頂けたらと思う。

以下はお勧めのKindle版電子書籍 一覧です。     

☆画像のクリック
でAmazon販売ページに飛びます☆   
☆画像のクリックだけではご購入手続きにはなりません☆ 
 ============================
☆Amazonベストセラー第1位<教育・学参・受験、教育学>(2013年8月-10月)☆
                  
書名:「MAGICAL 実用英文法」Kindle版 (500円)(約446ページ)
書名:「MAGICAL 英文法問題集」Kindle版 (250円)(約218ページ)
       
本気の英語修行をしたい方にはコチラもお勧めです
         
書名:「禁書 日本でやりきる 英語習得の真実」Kindle版(250円)(約90ページ)

日本人が間違いやすい発音を集中的に学んで「英語らしい」発音を一気に身につけられます!
           
書名:「発音PREMIUM 基礎力完成編 MP3付き」
Kindle版 
~発音のマズイところを直して 極上のウマイ作品に仕上げます~(300円)(約106ページ)
書名:「発音PREMIUM リズム&イントネーション編 MP3付き」Kindle版
~楽器を演奏するように息を出し歌を唄うように声を出しましょう~(99円)(約64ページ)
============================


1日1回クリックして頂けたらうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
【 2013/10/24 】 英語教育 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。