英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

高校の「授業は英語で」は教師の質を上げてから

前回の記事では小学校英語では教師も生徒も発音の基礎練習をすべきと述べた。
今回は高校英語について。

 高校では英語の授業はすべて英語でやっているらしいが私は全面的には賛成できない。

「英語に触れる機会を増やす」ための施策だが、発音めちゃくちゃ、文法ぼろぼろでは指導にならない。「英語を教える」とは「正しい英語を教える」ことだから。

「英語で授業」の模範実例の動画を見たことがあるが、とても流暢で海外留学の経験があるであろう高校教師が生徒に意見を確認する時に"Are you agree?"と言った。

流暢だったからかえって見過ごされがちだが、基本的な文法の誤りがある。
正しくは"Do you agree?"である。agreeは動詞でありareも動詞であって、1つの文の中に動詞は1つのみでなければならないから。もっと簡単に中学で習う言い方をすれば、肯定文"You agree."を疑問文に変えるには”Do”を使うのだから。

"Are you agree?"を見て「英語で授業は無理だ」と思った。

なお、日本人が英会話をするときに文法を間違えるのは当たり前であって全然構わない。問題は「英語の授業」という点である。「授業」では「間違った英語」ではなく「正しい英語」を教えなければならないから。数学の授業で1+1=3、歴史の授業で江戸幕府を開いたのは徳河家安と教えるようなものであろう。

「担任が英語を頑張って話している姿を生徒に見せるのが望ましい」というのは小学生を相手にした場合である。理由は、授業が教科ではない(成績をつけない)、指導にあたっている担任は英語専科ではない、相手が小学生であること。

一方、高校教師は教科である英語という科目の専門の指導者なのだから「正しいもの」を教えるのが仕事であろう。

これに反論する人は「文法の間違いを気にするよりも、できるだけ多くの英語に触れた方がよい」と主張するだろうか。では、この指導者のように"Are you agree?"を繰り返し言って生徒がそれを覚えており、その生徒がビジネスマンになって外国人との会話の中で"Are you agree?”と言った場合、相手から「基本的な疑問文も間違うとは勉強不足な人だな。」との低い人間的評価を受け、さらに信頼性の不足のために商談が破談となった場合に責任を持てるだろうか。

あるいは「教師の仕事は英語を教えることではなく英語学習を支援することだ」と主張するだろうか。小学生ならともかく高校生を相手にしても「日本人が英語を頑張って話す姿を見せ自分の後に続け」と言いたいのだろうか。それにしては教師自身の英語レベルが低く努力が足りていないと思えるのだが。
そして「教える」ではなく「学習支援」ならば「教師・教員」の名称を変更し「支援者・コーチ」にでもする必要があろう。

そういうわけで私は「授業を英語で」に、基本的には反対である。

ただ、英語は言葉であり、人とやりとりすることに本質がある以上、教師と生徒、生徒同士で会話をすることもよい刺激になるだろうし、とても重要であろう。

よって、問題は教師のレベルということになる。

「問題は」と言ったが、その解決策は単純である。教師にもっと勉強させるのである。しかし、放っておいて自ら勉強する人はほとんどいないだろうから、採用基準の中に「一定のレベル」を設定すればよい。

簡単に言えばTOEIC860または英検準1級。

これをクリアすればよい。基本的な文法事項、最低限度のスピーキング能力は備えていると言えるから。

批判として考えられるのは「外部試験を教師が受ける必要はない。」であろう。しかし、授業で重視するのが「コミュニケーション」である昨今、それらのテストで選別するのが合理的である。一定期間ちゃんと勉強すれば誰でも到達できるレベルである。そして、高校生の多くは、高校生のうちに、あるいは大学生になってからTOEICや英検を受験するのであり、教師がそれらのテストを通過できる能力を備えているべきであろう。


以下はお勧めのKindle版電子書籍 一覧です。     

☆画像のクリック
でAmazon販売ページに飛びます☆   
☆画像のクリックだけではご購入手続きにはなりません☆ 
 ============================
☆Amazonベストセラー第1位<教育・学参・受験、教育学>(2013年8月-10月)☆
                  
書名:「MAGICAL 実用英文法」Kindle版 (500円)(約446ページ)
書名:「MAGICAL 英文法問題集」Kindle版 (250円)(約218ページ)
       
本気の英語修行をしたい方にはコチラもお勧めです
         
書名:「禁書 日本でやりきる 英語習得の真実」Kindle版(250円)(約90ページ)

日本人が間違いやすい発音を集中的に学んで「英語らしい」発音を一気に身につけられます!
           
書名:「発音PREMIUM 基礎力完成編 MP3付き」
Kindle版 
~発音のマズイところを直して 極上のウマイ作品に仕上げます~(300円)(約106ページ)
書名:「発音PREMIUM リズム&イントネーション編 MP3付き」Kindle版
~楽器を演奏するように息を出し歌を唄うように声を出しましょう~(99円)(約64ページ)
============================


1日1回クリックして頂けたらうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
【 2013/10/28 】 英語教育 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。