英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

英語習得-インプット重視とその方法

前々回の記事で、英語教育におけるインプット重視の必要性を述べた。

これは個人レベルの学習においても言えることである。

一般的には、「英語ができる=ペラペラ話せる」と思われがちである。

しかし、会話をするためにはまず、相手の発言を理解できなければならない。

実際、英会話を学んでいる人の悩みで「相手の言っていることがわからない」というものが少なくない。


リスニングないしリーディングといったインプットを得意になるためには大量のインプット練習が必要なのである。
たくさん聞いたり読んだりすることを毎日行わなければならず大変であり、また地味な作業でもあるので継続できない人が少なくない。


一般的な練習方法にはシャドーイングや音読などがある。

詳細は「禁書 日本でやりきる英語習得の真実」を参照されたい。



これらを行う際は、できるだけ日本語の意味も認識するようにする。
これを繰り返すうちに、同じような音を聞いたときに、意味がわかるようになるのである。


一方、日常会話など簡単な会話表現などはまるごと覚えてしまうのもよい。
特に初心者の方は、いちいちすべての意味や文法などを確認しながら覚えるというのでは効率も悪い。

とりあえず、それらの表現が使われる場面などを想像しながら表現を全部覚え、模範となるネイティブ話者の話し方もそのまままねして、意味がわからずとも口ずさめるようにするのもよい。そうすれば、英語の音や発音になじむことができるし、必要な場面で即座に発話することができるようになる。

この方法は、大量に行うべきであろう。



「意味や文法がわからなくてもよいのか」と心配になる方もいらっしゃるかもしれない。
しかし、簡単な表現であれば、大量に接することにより、また別の機会に似たような表現に出会うこととなり、なんとなくわかってくるのである。

この方法は、「英語ができないのにいきなりアメリカに渡り1年後には会話ができるようになった」場合の習得過程と同じようなものである。


言葉である以上、「なんとなく」「たぶんこういう意味だろう」ということは往々にしてある。数学などととは違う点である。だからこそ、こういう習得過程も有効となる。


それに、言語の習得過程は、このような時期が必要なのである。
母国語の習得においても、1,2歳くらいまではひたすら聞いていただけのはずである。
そして、しゃべれるようになったとしても、必ずしも意味がはっきりわかっていないのに口ずさんでいたフレーズや歌などがたくさんあったはずである。

日本人であれば、親などの話す言葉、テレビなどで聞いたフレーズはもちろん、「大きな栗の木の下で」「ずいずいずっころばし」「かごめかごめ」などを口ずさめるだろう。英国や米国の子供であれば、例えばNursery Rhymes (Mother Goose)の色々な詞や歌を口ずさめるようである。

人間はこのようにインプット量を蓄積して言語を習得するのである。


これに対し、「子供の言語習得と大人のそれとは異なるのでは」と疑問に思う人もいらっしゃるかもしれない。


しかし、少なくとも私に関しては、「大人の英語習得も子供とほとんど同じだな」と思っている。
もちろん、大人であれば文法的知識などを活用して、子供とは異なる、そしてより効率的な理解を行う場合もある。
しかし、基本的な部分である「大量のインプットの蓄積」を必要とする点はまったく同じだと思う。

大人になって本格的に英語学習を始めて、相当な使い手になっている人達には必ず「寝ても覚めて英語」という時期がある。つまり、1日のうち何時間も、長い場合は10時間以上も英語漬けになる時期がある。これはまさしく、インプットの蓄積にあてている時間といっても過言ではない。

もっとも勉強時間をたくさんとれない人は少しずつやっても構わない。ただし、目標到達までの日数が長くかかってしまう。

一般的には、3000~4000時間の学習を行えば相当な力がつくとされる。人によるだろうが、このうちの半分以上はインプットにあてるのがよいだろう。なぜなら、日本人の場合、インプットが圧倒的に足りていない場合がほとんどだからである。

そしてある程度インプットが蓄積したらアウトプットの練習も加えていけば、相手の言うことが理解できて、それに対して答えることができるようになるのである。



以下はお勧めのKindle版電子書籍 一覧です。     

☆画像のクリック
でAmazon販売ページに飛びます☆   
☆画像のクリックだけではご購入手続きにはなりません☆ 
============================
☆Amazonベストセラー第1位<教育・学参・受験、教育学>(2013年)☆
                  
書名:「MAGICAL 実用英文法」Kindle版 (500円) (約446ページ)
書名:「MAGICAL 英文法問題集」Kindle版 (250円) (約218ページ)


TOEICスコアを最短で最高にアップさせたい730点未満の方、リーディングで苦しんでいる方
付属のリーディング・ハーフ模試とその解説で、受験者目線の実践的解法を学びたい方
      
書名:「TOEICテスト(R) 1日で100点アップする秘法」Kindle版(299円)
(約50ページ、及びリーディング・ハーフ模試と実践的な解説)
       

本気の英語修行
をしたい方にはコチラもお勧めです
         
書名:「禁書 日本でやりきる 英語習得の真実」Kindle版(250円)


日本人が間違いやすい発音を集中的に学んで「英語らしい」発音を一気に身につけられます!

           
書名:
「発音PREMIUM 基礎力完成編 MP3付き」Kindle版 
~発音のマズイところを直して 極上のウマイ作品に仕上げます~(300円)(約106ページ)
書名:「発音PREMIUM リズム&イントネーション編 MP3付き」Kindle版
~楽器を演奏するように息を出し歌を唄うように声を出しましょう~(99円)(約64ページ)


日常会話において「英語で何と言ったっけ・・・」ともどかしい思いをすることが多い方
        17 
書名:「英会話の切り札 -感情・思考編-248phrases MP3付き」Kindle版(299円)(約563ページ)

============================

1日1回クリックして頂けたらうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
【 2014/02/23 】 英語習得 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL