英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

音読の是非

とりわけTOEIC学習者の間で音読の是非が議論されることがある。

私の結論は最後に記載する。

まず、一般論として「音読」について考える。


音読が役立つのはスピーキングだと思う。
音読=音・リズムを発すると同時に意味を認識する。
とすればこれが役立つのはスピーキングだろう。

リスニング=音を聞いてできるだけ即座に意味を想起する
リーディング=文字を見てできるだけ即座に意味を想起する

音読は、リスニングやリーディングの弊害になりうる。
∵音読は文字と音が混在している。よって、リスニングの時、音→文字→意味、リーディングの時、文字→音→意味と言う風に、それぞれのプロセスの間に余分なものが入ってしまい意味の想起に時間がかかる。
少なくとも私の場合はそうであった。音読が好きなので、黙読している時も頭の中ですべての音をきちんと発音していたりする。しかし、それではTOEICのリーディングで時間が足りなくなる。
速読のためには、頭の中で発音しないで、さーーーーっと読める力が必要だろう。

なお、練習が進めばその余分なもの(リスニングのプロセスの中の文字、リーディングのプロセスの中の音)を入れたり入れなかったりにつき、自分でコントロールできる。そして、音や文字を自在に出し入れできることは、4技能を鍛える観点からは望ましいことである。

よって、この観点からは音読はよい練習方法と言えよう。

では、TOEICリスニング力アップに音読が必要か。

音読しなくても「リスニング=音→意味の想起」が素早くできるなら不要。
音読は「音と意味の結びつけ」の記憶を定着させるための1つの方法と言えるだろう。
忘れてならないのは解答力を鍛える問題練習である。「聞ける」だけではスコアは上がらないからである。


以下はお勧めのKindle版電子書籍 一覧です。     

☆画像のクリック
でAmazon販売ページに飛びます☆   
☆画像のクリックだけではご購入手続きにはなりません☆ 
============================
☆Amazonベストセラー第1位<教育・学参・受験、教育学>(2013年)☆
                  
書名:「MAGICAL 実用英文法」Kindle版 (500円) (約446ページ)
書名:「MAGICAL 英文法問題集」Kindle版 (250円) (約218ページ)


TOEICスコアを最短で最高にアップさせたい730点未満の方、リーディングで苦しんでいる方
付属のリーディング・ハーフ模試とその解説で、受験者目線の実践的解法を学びたい方
      
書名:「TOEICテスト(R) 1日で100点アップする秘法」Kindle版(299円)
(約50ページ、及びリーディング・ハーフ模試と実践的な解説)
       

本気の英語修行
をしたい方にはコチラもお勧めです
         
書名:「禁書 日本でやりきる 英語習得の真実」Kindle版(250円)


日本人が間違いやすい発音を集中的に学んで「英語らしい」発音を一気に身につけられます!

           
書名:
「発音PREMIUM 基礎力完成編 MP3付き」Kindle版 
~発音のマズイところを直して 極上のウマイ作品に仕上げます~(300円)(約106ページ)
書名:「発音PREMIUM リズム&イントネーション編 MP3付き」Kindle版
~楽器を演奏するように息を出し歌を唄うように声を出しましょう~(99円)(約64ページ)


日常会話において「英語で何と言ったっけ・・・」ともどかしい思いをすることが多い方
        17 
書名:「英会話の切り札 -感情・思考編-248phrases MP3付き」Kindle版(299円)(約563ページ)

============================

1日1回クリックして頂けたらうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
【 2014/06/18 】 英語習得 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL