英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

【発音】coffeeを注文してコーラが出てくる

英語クラブの生徒さん数人が共通して持っていた経験

「coffeeと注文したのにcokeと思われた」

「わたしも、おんなじ~!自分だけじゃなかったんだあー♪」
と喜んでいたが・・・(笑)

このような誤解が生まれる原因は、日本語のつもりで「こーひー」と言ってしまいがちということだろう。

日本語の「こーひー」の音の中には、英語と共通する部分は皆無と言ってもよい。
それゆえ、ネイティブの聞き手は、飲み物の会話中であるにもかかわらず「こーひー」という音からcoffeeを連想するこができないのである。それだけ、日本語の「こーひー」という音は、coffeeからかけ離れていると言えよう。

しかし対処法は、簡単。
いつも私が言っているように、「日本語と英語は言語的距離が最も遠いこと」を常に意識しておく。

日本語と英語は全くの別物。英語を使うときは意識的に日本語とは違うことを忘れないようにする。とりわけ、カタカナ語(外来語)には注意である。

カタカナ語こそ、日本人が作り出したものだ。
そのほとんどが、英語の音ではなくて文字から作り出したものである。それらは英語に似せた日本語である。
それゆえ、カタカナ語をしゃべったところで、それは日本語を話しているにすぎないのである。

coffeeについて言えば
英国[ kˈɔfi]、米国[kάfi]。

最大のポイントはFで(息を吐きながら)下唇を軽くかむこと。そして最初に強勢を置くことも大事。

両国の発音をあえて日本語で書くと、それぞれ

こふぃ、かあふぃ

となる。

見てもわかるとおり、日本語の「こーひー」とはまったく違うのである。


以上から考えれば、「通じる発音」を身につけるための重要なポイントを手っ取り早く身につける方法はカタカナ語に注意することである。

普段から気をつけていれば、どんどん英語らしい発音を身につけていけるだろう。

テキストなどを参考にしたいのであれば、拙著「発音PREMIUM」をお勧めしたい。

       

「Hi, Friends !」に準拠しつつ、カタカナ語に焦点を当てているので、効率的に発音練習ができるからである。
(「Hi, Friends !」は文部科学省が作成し、多くの小学校で使用されている本である)。

1日1回クリックして頂けたらうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
【 2014/10/22 】 発音・スピーキング | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL