英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

メディアの記事は批判的に読もう

ネットの記事で次のようなものがあった。
学生による「教授の講義評価システム」はまったく役にたたないことが研究によって判明
http://dailynewsagency.com/2014/10/03/student-course-evaluations-get-an-wxu/


研究内容よりも、記事の内容、つまり書き方に焦点を当てたい。

こういうネットや新聞・テレビの記事で、アンケートなどの結果を示し、分析・評論をするのが記者の場合、「しろうと」のそれに終始する場合がある。

「集計することにも問題があります。刺激的な内容によって学生の賛否が極端に分かれた講義と、万人が受け取りやすかった講義では、平均するとだいたい同じ点数になってしまうという問題があります。」は問題があります、と言えるのではないか。

仮にA,Bグループの平均値がどちらも60でも、中身がばらついているか否かを調べる方法はある。

例:Aの人たちは皆60、Bの人たちは10、100など色々いるかもしれない。

統計学の「分散」「標準偏差」を使えばよいだろう。

統計のことは全く詳しくないが、言いたいのはメディアの記事を全面的には信用しない心構えが大事。
まあ、論文などを読むときも「批判的な目」を持たなければならないのと同じかもしれない。

1日1回クリックして頂けたらうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
【 2014/11/26 】 雑談(一般) | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL