英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

語学授業では文化的背景も学ぼう

先週の月曜はMartin Luther King Jr.Dayだった。
米国では祝日。彼の誕生日の1月15日にちなみ1月の第3月曜日となっている。

キング牧師は歴史上、非常に重要な人物と言えよう。
彼のスピーチをちょうど最近LL授業で扱った。

それゆえ期末テストに出題する。
といっても難しいことは問わない。
彼の演説は非常に格調高く、難しい単語も多い。

試験で問うのは黒人差別の実態、演説での比喩表現について。
授業を聞いていれば答えられるものである。
答えられない学生は非常にマズイことになる。
寝ていたか、起きていても聞いていなかったことになり、心象が悪い。

社会情勢などは英語力とは直接関係ないが文化的背景は語学と密接ゆえ学ぶべきだろう。
学校の語学教育は単なる語学レッスンに終わらせるべきではないだろう。


1日1回クリックして頂けたらうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
【 2015/01/26 】 大学の授業 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。