英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

期末テストの珍解答で単位は出るのか

先日、無事に大学期末テストを終え成績もつけた。

教科書・授業の範囲しか出題せず、最後の授業では「出る」場所も示した。
(いろいろな学科の学生たちは、英語が嫌いだったり苦手だったりする者も多く、本来英語はやりたくないだろうが必修であるため、彼らの負担とならないよう考慮しての出題である。)
にもかかわらずほとんどできない場合は、やる気がないことが明白なため、単位を出さないこととした。
これは、授業中おしゃべりしたり寝たりしている人は不可となり、まじめに授業を受ければ簡単によい成績がとれるシステム。

結果、かなりの人数が不認定となった。

そういう学生はテスト中自分なりの解答をひねりだすしかなく、それが当たることはない。
なぜなら、記述式だから。

そんな中、珍解答もいろいろあったので紹介する。


問題:The local time is half past seven.の意味は?

これは航空機内でのアナウンスのリスニング。TOEIC学習者にはわかりやすいだろう。
授業では丁寧に説明しておいた。
local:「いなか」ではない。
half past seven:pastは「過ぎた」だから、7時を過ぎて半分、つまり7時半。主に英国式で、米国ではseven thirtyが普通。

正解:現地時間は7時半。

そして珍解答は…

学生1:7歳の半分を地元で過ごした

←「地元」まではよかったが…

学生2:昔7人の小人がいた

←む~~~、さすが「子ども学科」の学生…


問題:A low pressure system is approaching from the west. の意味は?

初見では、とまどうかもしれない。これは天気予報のリスニングで出てきた表現。
学校教育では滅多に出てこないだろう。
それゆえ授業でしっかり説明した。

正解:低気圧が西から近づいている。

low pressure system=低気圧。pressureは圧力でしょ?
systemをこういう場合にも使うよ。他にも例えば宇宙の話をしていてthe solor systemと言えば「太陽系」。「ソーラーシステム」だからと言って「太陽光でお湯をわかすシステム」か何かと間違えてはだめだよ。

印象に残りやすいように説明してあげたので、みんなできるはず!
との期待を見事に裏切る珍解答Best3は…

第3位: 良い機械は西から出ている

←system=機械、低いプレッシャー(緊張?)=良い、ということか…

第2位: 高電圧システムは西から届いている

←lowが「高」という認識か…

そして栄えある??第1位は



低血圧は腰からやってくる



なるほど…low pressure system=低血圧領域という表現は確かにあるが。westがウエスト(腰回り)ということか(笑)

これと同じ系統の思考をしたと思われる解答にはこんなものもあった。

緊張はおなかから近づいている

プレッシャー=緊張か…


以上、まあ、笑わせてくれるが、テストは笑わせてほしくてやっているわけではない。
このようなその場で考えた回答は、出席していても聞いていないことを如実に示している。

出席だけしても、ちゃんと授業を受けなければダメと、最初に言ってある。

よって、カラ出席+低得点=不認定 となる。


もし、これを読んでいる学生の方がいらっしゃったら、授業中は先生の話を聞くことをお勧めする。
わからないことは質問をするのもよい(ただし、指導者によっては面倒がる場合もあるかも。先生にもいろいろなタイプがいるから)。
教えるほうからすると、そういう学生はとても印象がよく、よい成績をあげたくなるのである。


1日1回クリックして頂けたらうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
【 2015/01/31 】 大学の授業 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL