英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

英語で若返り!

うちの英語クラブの女性が2週間フィリピンに語学留学したことは以前にも触れたと思う。
1日7時間英語漬け。
夜、ぐっすり寝られたらしい。
日本で普段はそんなにぐっすり眠れないのに、と。

きっと頭をフル活動させたからだろう。

私も英語を使うときは頭が普段よりも活動しているように感じる。

英語だけで考えることもあれば、日本語との対応や、英語での表現の適切性など、
普段の日本語だけの場合よりも、はるかに多くのことを考えなければならない。
しかも、一度に。

脳科学の研究でも、日本語と英語では処理される脳の場所が異なるらしい。
英語と日本語の音の周波数も違う。

そういう異質なものを脳に与えることによって、脳は良い刺激を受け細胞が活性化されるのではないか。

「若返り、老化防止、アンチエイジング」に効果的だろう。

誰かと会話をすることにより、瞬時の反応には脳がフル回転する。

会話でなくても、一人で音読練習をするのもよいだろう。
腹式呼吸によって、大きな声ではっきりと音読すれば、脳によい刺激となるだろう。
(英語は基本的に腹式呼吸で話すと言われている)。

脳細胞が増えるのは20歳くらいまで、それ以降は減少するのみらしい。
何もしなければ衰える一方。

それを食い止めるのが、脳への新しい刺激。
それによって、脳細胞はネットワークをどんどん広げていくらしい。

英語はアンチエイジングにもうってつけなのである。

そういう話をまとめたのが、隠れたヒット作、拙著「若返り 英会話練習法」。
すべての英語学習者にお勧めである。
    



1日1回クリックして頂けたらうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
【 2015/02/25 】 雑談(英語) | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。