英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

丹田呼吸法

丹田呼吸法は昔からある。
花粉症に直接効果があるわけではないが、体全体の調子を整えるのに有効だろう。

拙著「若返り 英会話練習法」でも紹介した。
   

やり方や効能について
例えば「丹田呼吸法 五色県民健康村健康道場長 医学博士 笹田信五」
には次のようにある。
===============
呼吸は自律神経系でコントロールされています。自律神経系、内分泌ホルモン系、免疫系のなかで自分でコントロールできるのは、呼吸だけです。

丹田呼吸法は、大きな呼吸を丹田ですることにより、自律神経系が過緊張になっている場合はリラックスさせ、疲れて機能低下している場合は適度の緊張を取り戻させて調和を回復します。
===============

最初はうまくできないかもしれないが、だんだん慣れてくる。
私のコツ:丹田を前方(あるいは前方の斜め下)に突きだすつもりでやる

余談だが、魔術や呪術でも呼吸法は大事。酸素を脳に送ることにより主に視床下部を活性化させる。視床下部は超能力を出すと言われている。

また「ロングブレスで話題となった「丹田呼吸法」の三つの効果」
には効果として
新陳代謝の促進、免疫力の向上、脳の活性化が挙げられている。

簡単にまとめると次のような感じ。

横隔膜を上下させるので、近辺の内臓を動かすことができる
→その内臓にたまった血液を体全体にいきわたらせる
→血液は、栄養素や酸素を体全体・脳に運ぶ
→体は温まり、免疫力は高まり、セロトニン増大によりリラックスする

温まるということは代謝がよくなる=消費カロリーが増えるから、ダイエットにもよいはず。
高血圧、糖尿病によいらしい。
髪の毛も増える!?

日本人は胸式呼吸が多いらしい。
英語ネイティブ話者は腹式呼吸で話すのが普通らしい。
腹式呼吸に慣れておくのもよいことだろう。
英語学習者の皆さんも、学習の前、休憩中、試験直前などに実践されてはいかがだろうか。

1日1回クリックして頂けたらうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





スポンサーサイト
【 2015/03/07 】 健康 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。