英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

Bluetoothキーボード with TrackPoint

私は長年ノートパソコンを使用している。
現在の友はlenovo ThinkPad(Windows7) 。

もともと2GBだったものを8GBに増強したことは以前述べた。
論文作成などをスムーズに行いたかったから。

そして今回、机の上をもっとすっきりしてもっと作業しやすくするべくワイヤレス・キーボードを買った。

選ぶポイントは「マウスのようにL・Rクリックボタンがついていること」。
なぜなら、私はクリックするときかなりの割合でノートパソコンのクリックボタンを使うから。
人差し指が短いせいか、マウスのクリックの連続は指が疲れる。
また以前1度だけマウスのクリックのしすぎで手がしびれたことがあったから。

しかしこの基準を満たす製品は少ない。

結局選んだのはこれ。


他機種に比べちょっと高いがレビューもよく、キー配列や使い心地は本体PCとほとんど同じであることから選んだ。

注意点は2つ。

①「日本語」用、「英語」用がある。
もちろん日本語用を買った(英語用はキーに英語しか書かれていない。日本語を入力するにはPCの設定を変える必要があるらしい。)。

②PCとの接続はbluetooth。よってPCにその機能がない場合、受信機が必要。

充電はUSBケーブル(他機種では乾電池を入れるタイプもある)。
よって、乾電池のスペースがないため非常に薄くて軽い板のようである。

NCM_0965.jpg

ちなみに一緒に写っているマウスもワイヤレス(Logicool製)。
ユーザーガイドはコチラ

なお、本体ノートPCは180度広げた状態で机の奥に立てかけてある。
これでますます机周りがすっきりした。
よい論文が書けるはず!


1日1回クリックして頂けたらうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
【 2015/03/11 】 PC | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL