英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

TOEIC満点を目指す場合(Twitterまとめ)

TOEIC満点については、非常に特殊だし一般の学習者が目指す必要もないので普段は語らない。

拙著「「TOEIC(R) 1日で100点アップする秘法」では多少触れた。 

満点に到達するまでに何をどのくらいやるか、どのくらいの時間がかかるかなどについて。


今回次のようなTweetがあり、それについてTweetしたものを以下にまとめておいた。

==================
>RT
TwitterでTOEIC満点の話はほとんどしたことがないのだが、このブログが素晴らしいのでちょっと語ってみる。
>続き
TOEIC950→970→990とトントン拍子にいく人もたまにいるが、950から満点に行くまでに1年半から3年かかる場合が多いような気がする。960なら満点がいつ来てもおかしくはないのだが。まずは960をとること。そしてチャンスを増やすためにできるだけ毎回受けるのも手。
>続き
自分はTOEIC以外の英語でリスニング重視だったこともありTOEICでもLは毎回満点で何十回とったかわからない。その状態でR満点を待つ形だった。900後半の頃はRばかりやって待ち望んでいたものが来たのは1年後だった。
>続き
性格的な問題もあって読むのも解くのもはやくはない。はやいときで余る時間は10分弱。たいてい時間はほとんど余らなかった。まあ、慎重にやるのが自分のスタイルと言えなくもないが。
>続き
普段の訓練でも、受験するときでも、気持ち的には「1200点をとる」だった。圧倒的な実力を持っていれば多少のアクシデントでも崩れないと思ったから。
==================


1日1回クリックして頂けたらうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
【 2015/03/22 】 TOEIC | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL