英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

英語は小学1年から毎日やるべき

あえて大胆なタイトルをつけた。
反対意見も多いとは思うが、英語教育改革の1つの視点として投下してみた。

まず学校で教える「英語」とは、細かい定義は文科省が定めている。
しかし基本的には4技能(読む、聞く、話す、書く)であると考える。
実際に使える英語ということである。使えない英語を望む者はいないだろう。
そして4技能の指導の中で文化やコミュニケーションについても教えたらよい。

そして次の事実を確認しておきたい。

日本人が「英語ペラペラでいいですね~」という相手はたいてい帰国子女か留学経験者である。
そしてその者たちは海外において「大量の英語に触れることを毎日行っていた」。
英語ができない日本人は「大量の英語に触れていないし、触れることを毎日行ってもいない」。
英語ができるために必要なことは、この事実から明らかである。


次のようなTweetがあった。
これをもとに私見を述べる。

やればできるのにやらない、またはやれない人が多い。
それゆえ、学習の目的をできるだけ最小限度にしたらよいのではないか。

義務教育の目的を「中学を卒業したら最低限生活していける知識・能力を与えること」とすれば、英語の目標を「簡単な会話の習得」にしたらよいのではないか。
具体的には、海外旅行英語(空港、買い物、食事、ホテル)のマスターを目指せばよいのではないか。

英語を使うことは、第一義的に「外国人と会話をすること」であろう。
「知的な読書」などは高度な部類に属するだろう。

「旅行会話」であれば、膨大なリスニング練習などしないで、単に会話練習をすれば済む。
英会話学校と同じだ。もちろん最低限度のリーディング(案内や掲示を読むなど)や文法も指導したらよいだろう。

「それは学校教育ではない」との反論もあろう。
しかし、数学、理科、社会はどうだったか。 教科書に書いてあることを理解・記憶し、問題練習をしただけではなかったか。
英語だって、教科書に書いてあることを理解・記憶し練習する。
その書かれている内容が、数学では因数分解、理科では化学式、社会では年表であるが英語では会話なのである。

ここまでは中学英語を考えていたが、以下小学英語も考える。

世界との比較で立ち遅れないようにする観点からは小学1年から毎日英語の授業をやればよい。
日本人が苦手な「聞く」「話す」の基本を、苦痛なく全員が身につけられ「英語教育」問題はほぼ全て一気に解決するだろう。

個人的にはそれを希望する。

一見すると、小学1年から毎日英語をやるのは「やりすぎ」にも思える。
しかし、英語と日本語は言語的距離が最も遠く、それくらいやらないと身につかない。

「中国人は英語ができる」と言われるが、当然である。
中国語のほうが英語に言語的距離が近い。
そして教育も熱心。大都市部では小学1年から週4回以上行っている
文科省はそれをわかっているのに、日本では実行したくないのだろうか。

ただ、実際にはこういう大胆な政策はなかなか実行に移せないだろう。
最大の理由は「結局、英語がなくても日々の生活に困らない人がほとんどだから」だろう。

言語を身につける最大の動機は「生きるために必要」ということ。
英語を身につけなければ生活できない、という状況がない以上英語をやるかやらないかは、政策的価値判断にかかっている。

「国民に英語を身につけさせたい」が本気ならやるべき。
政治的決断にかかっている。決断が怖いなら国民投票をしたらよい。
もし国民の大半がそれを望んでいないならやらなければよいだけのこと。

しかし、現在小学5.6年では週に1度「外国語活動」が必修で、近いうちに3年生からになる。
いずれ1年生からになるだろう。現在でも学校によっては、3年や1年からやっているところもある。

英語スクールに通っている子も少なくない。そのため通っていない子との差が大きい。
通っている子は学校でも積極的に発言する。(学校の先生の発音などが下手だとバカにしたり、信用しなくなったりする場合もある)。一方、スクールに行っていない子は消極的。
「英語なんてできなくてもいいさ。」と小学生の段階からあきらめている子供もいる。
いずれにしても、学校の授業が信用されていないのではないか。

この格差はますます大きくなるのではないか。
そして、現在の政策が不十分極まりないのに、3年や1年から始めたとしても効果はあまり変わらないと思う。
どうせやるなら効果が上がるように1年から毎日やるべきだ。
1日10分でも20分でもよい。 毎日英語の音韻に慣れるようにすれば、皆が苦労せずにリスニングやスピーキングの基礎力を身につけられ中学以降の勉強や進路に大きく貢献するはずである。

英語ができないばかりに世界にはばたけない、世界で活躍するのにまず英語をやらなければならず時間と労力の負担が大きい、といった事態を回避できるだろう。子供の無限の可能性を大事にしたい。

なお「母語が身についていないのに…」との反論・懸念は当たらない。
全ての科目の授業を英語で行ったりするのでない限り、脳が英語に占領されることはない。

一方、10歳くらいまでの脳は理屈を考えずに音をそのまま記憶できるので早期教育を行った方が得られる効果ははるかに大きいと思うのである。そうすれば中学・高校時代はさらに高度な英語をやるもよし、別の勉強や運動をするもよし、今までの中学・高校生が費やしてきた英語の基礎力養成への時間・労力を別のことにあてられる。そして英語に苦手意識をかかえたまま日々の生活を送る大人を消滅させることもできるだろう。


1日1回クリックして頂けたらうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
【 2015/03/27 】 英語教育 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL