英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

発音のコツ:基礎を1つ1つ積み重ねる

次のTweetに関連して私が行ったTweetをまとめておく。

=====Tweetまとめ=====
 【文化的違い:表現法/ジェスチャーに関して】
 
 首を縦に振る(うなずく)=nod/nod one's head/nod yes
 
 ・日本と英語圏ではyesの表現法が同じ
 
 ・実際に振るのは頭か顔だが日本語では「首」英語では「頭」と表現
 
 ・インドではyesの時、首を横に振るらしい
 
 
 以前タレントがインドのレストランでの話をしていた。メニューを見ながら注文したらウェイターが首を横に振るので「その料理がない」と思い、別のメニューを注文したらまた首を横に振った。それを5,6回繰り返したら、結局注文した全てが運ばれてきたと(笑)
 
 
 
 発音のコツ、というか英語に限らないが、どんなことでも上達への道は、基本を1つ1つ積み重ねること。
 
 例えばface,fitなど日本語になっているものは特に注意。いつも言ってる通り外来語に注意ということ。つい「ふぃっと」と言ってしまわないように。Fは下唇をかむこと。日本語にない音だから意識的にする必要あり。 
 
 基本をおさえないと非常に聞きにくい、場合によっては理解してもらえない。先のRT「おもてなし」でもあり、コミュニケーション能力=相互に理解しあうこと、に通じる。
  
 日本語と英語は言語的距離が最も遠いから、お互い予想もしないような誤解を生むことも少なくない。
 ネイティブ話者の書いた言語習得の専門書に「すしとビフテキ」につき"Sushi&Bisuteki"と書かれていた。 
 
 日本人がFの代わりと思って使っている「ふ」は、ネティブ話者にはFではなくSに聞こえるのだろう。そんな誤解はたくさんあるだろうから、外国人との相互理解は、基本を積み重ねて真剣にやらなければならない。
スポンサーサイト
【 2015/07/04 】 発音・スピーキング | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。