英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コア・ミーニングは大事:off 「いってきます」

英語を理解したり覚えたりするにはコア・ミーニング(本質的意味)からとらえるとよいことは、繰り返し述べている。
詳しくは拙著「MAGICAL 実用英文法」を参照されたい。


offのコア・ミーニングは何か。

「~から離れて」

であろう。

電源が入っているか否かのオンとオフは、電流が流れている状態から離れているか否かということであろう。

飛行機が飛び立つのはテイクオフ。
地面から離れるからであろう。

勤務中か否かは、on duty/off duty。
e.g. I'm off duty.=勤務中ではない。

日本語でも、「今日は会社が休みだ」という意味で「今日はオフだ」と言う。
これは「仕事から離れて」いるということだろう。
英語でも、I'm off today.などと言う。

なお、offのような単純な言葉ほど多義的であって、この表現にも色々な意味が備わっている。
例えば、家を出るときの「いってきます」にも使える。

もし「仕事が休み」という意味だけで覚えておくと、「いってきます」は想像がつかないだろう。
それゆえ、コア・ミーニングで「off=から離れて」と1度は理解しておくべきなのである。
そうすれば、「家から離れる」のでoffが使えるのだなと理解できる。

なお、表現には複数あるのが普通である。
「いってきます」も、I'm off./I'm going./I'm heading off.などがある。
(「行ってらっしゃい」=See you./Take care./Have a safe trip./ Have a nice[good] day.  「ただいま」=I'm home./I'm back. )

日本語でも微妙な使い分けは次のよう行われる。「じゃ、いくね。」「今から向かう。」「出かけるよ。」

厳密に考えれば、それぞれ微妙に違う。
その違いは、単語のコア・ミーニングから判断できる。
どれを使うかは、そのときの状況や話者の気持ちによるだろう。

初心者は1つの表現をまず覚えればよいが、慣れてきたら微妙な違いを意識するようにするとよい。

そうすれば、自分や相手のニュアンスの出し方がわかってくるだろう。
スポンサーサイト
【 2015/09/02 】 英語習得 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。