英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スピーキングとイントネーション・チャンキング

英語らしく聞こえるために重要なのは発音であるのはもちろんだが
イントネーションとチャンキングも 同じくらい重要である。

チャンキングとは、2,3語のかたまりにすることである。

(詳しくは「日本で英語を習得する方法」を参照されたい)


チャンクごとに、イントネーションをしっかりつけると
天と地ほども大きな違いを出せる。

たちまち、ものすごい英語らしく聞こえるようになる。


日本語は文字を重視する言語だが、英語は音声を重視する言語だからだろうか。


つなげるところはつなげて一気にしゃべる。
そして、区切るところで区切る。

アクセントをつけるところはしっかりつけ、そうでないところは弱くする。


そうすることにより、あなたの英語はすこぶる英語らしくなるはずである。

その他、発音の注意点については
日本で英語を習得する方法」やホームページを参照されたい。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。