英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「久しぶり」Twitterまとめ&補足(現在完了形)

英語表現メモ:

久しぶりに雨が降った。

We had the first rain ( )
=It rained for the first time ( )

( )には
in a (long) while[in many days]=after a long interval
等が入る。

firstを使うのがミソ。
表現は他にもあるが、いずれにしろ「久しぶり」を一語で言うのは困難なのが実情。


挨拶の「久しぶり」。

Long time no see.は有名だが、これは口語であったり、インフォーマルであったりするようだ。

もう少しフォーマルなのは
I haven't seen you for a long time[for a while].=It's been a long time[a while].
等がある。

コア・ミーニングにつき前者は「長い間あなたに会っていません(でしたね)。」、後者は「(会っていないのが)長い時間でした。」


なお、I haven't seenとIt' beenは現在完了形である(I have not / It has beenの短縮形)

現在完了形は過去形ではなく、現在形の一種で「過去のある時点から現在まで継続している状況の現在の様子」を表す。

過去形
I saw you a year ago.=1年前にあなたに会った。(「1年前」という過去の一時点の様子を表すのみ。)

現在完了形
I haven't seen you for a year.=1年間あなたに会っていない。(「1年前」という過去の一時点から「会っていない」状態が継続しており、その現在の様子(1年間会っていないという状態)を表す。)

過去形
It was a long time.=それは長い時間だった。(過去のある時点を基準として、「それ」が長かったことを表す。例:10年前のことを思い出して、その頃ずっと入院生活を送っていた場合に、その入院生活が長かった。)

現在完了形
It's been a long time.=(最後に会ったときから現在まで)長い時間だった。(例:10年前から入院を続け現在に至っている。)



現在完了形は中学で習うが、理解できない人が多い。
実際に非常によく使われる文法であり、これが使えるようになったら初級を卒業したといってよいだろう。

現在完了形などの文法を勉強したい方は、拙著「MAGICAL 実用英文法」「ザ・現在完了形」を参照して頂きたい。

   
スポンサーサイト
【 2015/09/23 】 MAGICAL 英文法 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。