英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

PCデータ保存場所

 パソコンには、データ保存の場所として、Cドライブ、また機種によってはDドライブもある。
これらはPC内部のハードディスクドライブ(HDD) である。

以前、私はこれらの場所に保存していた。


しかし、PC内部への保存はやめたほうがいいと思う。

Cドライブの空き容量が小さいとPCの動きが悪くなる、と聞いたことがあるから。

しかし、もっと大事なことは、PCがこわれたときにデータが取り出せなくなってしまうこと。

現在3台目のノートPCを使っているが、PCがこわれたときの面倒を考えると、データはPC外部に保存するのがよいと感じる。

もっとも、業者などによってPCのHDDはほぼ完全に復元できるが。

PCの寿命は5年前後とされる。
そろそろ調子が悪くなってきたかな、という頃にデータを移動するのでもよいだろうが。(余談だが、洗濯機は7年前後らしい。車は10万キロと言われるが、普通に乗っていれば20万でも50万でも問題ないだろう。もちろん、途中でこまかな部品などの交換は必要になるだろうが。また、中古車として売る場合は、キロ数が少ないほうが有利なのは当然だが。)

大事なワードファイルなどは、クラウドに保存するのもよいだろう。
私は、ウェブメールに添付して自分宛に送ったりしていたこともある。
ただ、ウェブ上の保存も全面的には信用できない。かなり昔の話だが、「ウェブメールの一部が消失し問い合わせたが復元できなかった」という話をきいたことがある。

安全を期したければ、保存を2か所以上にしておくことだろう。


外部記憶装置としては、色々なものがある。


動画データなどの保存のため 大容量のテラバイト(TB)が欲しいなら、外付けHDD

I-O DATA USB 3.0/2.0接続【家電対応】外付ハードディスク 3.0TB HDC-LA3.0


Transcend USB3.0/2.0 2.5インチ ポータブルHDD 耐衝撃 M3シリーズ 1TB



外付けHDDはUSBケーブルでつなぐの普通。それがいやな場合、SDカードが便利。

Transcend microSDXCカード 64GB Class10 UHS-I対応

私はこれを利用している。PCに差し込んだままなので場所をまったくとらない。ここにデータを保存している。
持ち運ぶとなると、小さいのでかえってなくしやすいかもしれない。また、「接触面」がむき出しなため、ケースに入れる必要があるだろう(ケースは購入時付属しているが)。


持ち運びまで考えると、USBメモリが便利かも。

Transcend USBメモリ 16GB USB 2.0 スライド式 ブラック


Transcend USBメモリ 32GB USB 3.0 キャップ式 ブラック



私は、USBメモリも併用している。
データの種類や重要度によって保存場所を変えている。

なお、iBUFFALO USB2.0Hub バスパワー 4ポート ブラック を使用している。



なお、PCで使えるDVDやブルーレイディスクも考えられるが、使用したことはない。
書き換え可能なディスクがあったとして、それを外部記憶装置として利用できるかは、わからない。

各自の目的に合わせて、データ保存の方法を考えるとよいだろう。
スポンサーサイト
【 2015/09/19 】 PC | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。