英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カタカナ発音滅却委員会を設立

 外来語はカタカナで書く。
よって、英語学習者の多くが、そのカタカナをそのまま、あるいはちょっとアクセントをつけて言えば英語になると思っている。

たとえば、「紙」を英語でいうと?

「ぺーぱー」。
あるいは、最初にアクセントをつけて
ぺーぱー」。

しかし、残念ながらそれは英語ではない。
英語風にした日本語にすぎない

理由は次の通り。
paperの発音記号は[péɪpɚ|‐pə]
これをあえて日本語で書くと「ぺいぷr」または「ぺいぱ」

前者は米国式で、最後のrで舌をまるめる。後者は英国式。
いずれにしても、出だしが「ぺい」であって、「ぺー」と伸ばすことはない
さらに言えば、pの音は、唇をぎゅっと閉じてから息を破裂させながら唇を開く。大げさにやれば、「ぺへい」のようになる。

このように、日本語とは違う部分を1つ1つ潰していけば、英語らしい英語を話せるようになる
「通じればよい」という方は、それほどこだわらなくてよいだろう。しかし、あまりに日本語の影響を受けすぎると通じない場合もある。

海外旅行をしたとき「チケット、プリーズ」が何度言っても通じなかったという人がいる。
最初にアクセントをしっかりつけて
ちーけー」

それでも通じなかったという。
当然である。
それは上述した通り、英語ではなく、単なる英語風な日本語なのだから。

ticketの発音の聞こえ方をあえて書くと「てぃーけっ」。
決して「ち」ではないのである。

「すわってください。」を「しっとだうん」などと言ったら、とんでもないことになる。
外国人には、Shit down. にしか聞こえないのだから。
Shitの意味がわからない人は、自分で調べて、人前では言わないようにするべきだろう。
それは、放送禁止用語であるのが一般だから。

カタカナは、語彙の意味を記憶するにはとても役立つものだが、発音に関してはトラップでしかない。

「通じればよい」の上を行きたい方、ライバルよりもキラリと光りたい方は、ぜひカタカナに気をつけて頂きたい。
また、英語指導者の方にも、カタカナへの警戒を強めることをお勧めしたい。
英語らしい発音ができると、指導を受けている側の見る目が変わり、背筋が伸びる。
特に子供や小学生に教えている方には、厳重注意をお願いしたい。
もし「ぺーぱー」と教えた場合、それは日本語を教えただけであり、また、年齢が低いほどそのまま記憶してしまい、成長してから正しい音に矯正するのは非常に困難になるのだから。
子供英語の指導者は、実は責任重大なのである。
(「ぺーぱー」を挙げた理由は、実際に、小学校外国語活動の模擬授業で教師が言っていたから。)

なお、発音やイントネーションのコツをまとめて知りたい方は、拙著「発音PREMIUM」も参照頂きたい。
  

そして、これからもカタカナ・トラップを撲滅すべく、カタカナ発音滅却委員会を作った
といっても、気になったカタカナを取り上げて、正しい英語を確認するということをTwitterでつぶやこうというだけである。

次のようなハッシュタグを作った。

#カタカナ発音滅却委員会


皆さんの中で、「カタカナ発音をして通じなかった、失敗した、これの発音がよくわからない」、などの情報をお持ちでしたら、Twitterで教えて頂けたら幸いです。
スポンサーサイト
【 2015/10/03 】 発音・スピーキング | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。