英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「スタッフの一員だ」 × I am one of the staff

 staffはわかりにくいので、まず「committee=委員会」を考える。

「私はその委員会のメンバーだ。」
× I am one of the committee.
これはダメである。
理由:委員会(committee)は、複数の委員からなる合議体、いわば入れ物であって、人ではない。
よって、I am the committe.=私は委員会である。と言っているようなもので、おかしい(私は委員である、と言わなければならない)。
また、committeeは単数であり、oneも単数であるから、文法としておかしい。
"one of 複数形" でなければならない。
では、I am one of the commitees.はどうか。
この意味は、「私は、(複数存在する)委員会のうちの1つ(の委員会)だ。」となり、おかしい。
よって、正しくは、
I am a member of the committee.
=I am on the committee.(onのコアミーニングは「~の上に(のっている)」。よって、I am on the committee=私はその合議体(committee)の上にのっている、というニュアンス)
以上を理解すれば、staffも同様に考えれば済む。
ただし、日本語の「スタッフ」は人を表すので誤解しやすい(「委員会」の場合は「委員」が人を表すので誤解しにくい)。
つまり、staffもcomitteeと同じく、人ではなく、「人の集合体」、つまり入れ物である。
そうすれば、「私はその会社のスタッフだ(一員だ)」につき
× I am one of the staff(s) of the company.(=私はその会社の入れ物の1つだ。)と言っているようなものであり、おかしいことがわかる。
正しい言い方は色々あるが、次の例文を覚えておくとよい。
私はその会社の社員です。
=I am on the staff of the company.
=I am a member of the staff of the company.
=I am one of the staff members of the company.
=I work for the company.

なお、上の例文にもあるとおり、個人を表したい場合はstaff memberとすればよい。

例:He is a staff member of the company.=彼はその会社のスタッフです。

結局、日本語のスタッフと英語のstaffの概念が違うから、わかりにくいということであろう。


文法を本質的に感じながら習得したい方は拙著「MAGICAL実用英文法」を参照いただきたい。




スポンサーサイト
【 2015/11/25 】 MAGICAL 英文法 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。