英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Twitterまとめ:言語習得には命の提供が必要?

次のようなTweetがあった。

これについて、私は以下のようにTweetした。
===============
>RT
稀有だが、英語学習者なら持ちたい趣味(笑)
TOEICに限らず、読んだり聞いたりするとき警察につかまらない?ギリギリまでアクセルを踏みこんで維持する速読は、精読とともに練習したいもの。

(稀有な趣味を持てない場合)言語習得にはまず動機付けが大事。最も強力なのは命・生活にかかわること。「生きていくためには言葉を覚えなければ」という状況があるのが一番強いと思う。それに準ずるのは「出世、昇給」だろう。

留学していた人の話。「毎週、英書をたくさん読む課題が出るから、自然と読むのが早くなった。早読みしないと間に合わないから。でも日本に戻ってきたら遅くなった。」
やはり言語は人間の生存に関するツールなので生存にかかわればかかわるほど、磨かれるのだろう。
===============


スポンサーサイト
【 2015/12/09 】 英語習得 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。