英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

TOEIC vs 他の学習 どっちをやるべきか

 次のようなTweetがあった。
この気持ちはよくわかる。
例えば「TOEIC満点をとる」という目標を持っている場合、本当は好きな洋書をじっくり楽しみたいのに、それをおさえて試験勉強をしなければならないのである。

1日の時間は限られている。
一体、どちらをやったらいいのだ。両方やりたいのに。

二律背反的な感情(ambivalence)が生まれたりする。

私は、ニュースを聞いたり読んだりしたいけど、TOEICも満点をとりたいと思っていた。

TOEIC950くらいから上は、TOEIC特化型練習をしないとなかなか行けない。

でもニュースも読みたい聴きたい。

そこで、ニュース記事は少なめにして毎日読み聴き、TOEICに出そうな熟語などを覚えたりした。

最初からTOEIC特化だけであったら、もっと早くに満点がとれたかもしれない。
しかし、どうしても特化だけというのはできなかった。もう一方が気になってしまうから。

どういう方法をとるかは、人それぞれだろう。
富士山に登るのにもルートは複数ある。途中まで車でいく人もいれば、ヘリコプターでひとっ飛びの人もいるかもしれない。

大事なのは、優先順位と自分の気持ちを考慮に入れて、英語学習を継続していくことであろう。

なお、このテーマについての私のTweetを以下にまとめておく。
============
TOEICはスコアアップしたいけど、他の英語活動(映画、洋書、英会話など)もやりたい気持ちが強い場合、試験対策にどれだけ時間をさくかが問題だ。というのも、それぞれの英語は語彙・表現など重ならない部分が少なくなく、2つが欲しいなら2つの準備が必要となるから。

例えば方法として
①できるだけTOEIC教材を使って英会話の練習をする
②普段はTOEICをやらないor少しだけやり、試験前はTOEICの比重を高めるor特化する

常にTOEIC対策だけしてれば早めに結果が出るかもしれないが、他の英語力も欲しい場合、結局それらもやることになる。まあ、目に見えるスコアを先に手にしたほうが安心かもしれないが。両者のバランスは、必要度や気持ちに従い個人で決めるしかないだろう。
=============

英語習得の方法やTOEIC満点までにかかる時間などを知りたい方は拙著「禁書 日本でやりきる英語習得の真実」を参照頂きたい。



スポンサーサイト
【 2015/10/07 】 TOEIC | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。