英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カタカナ発音から離れるコツ その1

日本語にはたくさんの外来語がある。
外来語は、英語など外国の言葉をカタカナにして日本語としているもの。
つまり、日本語。

カタカナ語は、英語学習者にとって諸刃の剣。
記憶の助けになる一方、発音に関してはトラップ

トラップにかからないよう、Twitterで「#カタカナ発音滅却委員会」というタグをつけて、たまにつぶやいている。

「紙」は「ペーパー」だからといってそのまま発音しても、それは日本語。
最初にアクセントをつけて「ぺーぱー」といってもやはり日本語。

発音記号は[ˈpeɪpə(r)]
これをあえて日本語で書けば「ぺいぷ(r)」。
最初を「ぺー」と伸ばさないし、最後は「ぱー」のように大きな口を開けない。

正しい発音を身につけるためには、発音記号や音声を確認すること。
ただ、日本語にない音の場合、正しく音声を認識できず、知っている日本語の音に当てはめてしまうこともあるので(例:音が「ぺい」であっても認識が「ぺー」になってしまう)、その確認の補助として発音記号は大事
なお、すべての単語を一々確認するのは大変だというのであれば、綴りから予想することもできる。

paperの最初の部分"a"につき、pay, lay, sayなどからもわかるように音は「えい」(そもそも「えー」と伸ばす音は、日本人にそう聞こえるだけであって、英語にはほとんど存在しないのではないか。)
最後の"er"は、worker, playerなどからわかるとおり、口を半開きにする[ə]である。

以上のような確認は、最初のうちは大変かもしれないが、法則性があるのでやっているうちにだんだんとわかってきて、大変ではなくなるだろう。

発音やイントネーションのコツをまとめて知りたい方は拙著「発音PREMIUM」を参照していただきたい。
  

スポンサーサイト
【 2016/02/10 】 発音・スピーキング | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。