英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

「暗記が苦手」をどうするか

このTweetにある通り、記憶に関するニュースがあった。

動画を見た直後に、細部まで思い出す、または言葉で説明すると、2週間後、かなり細かく覚えていた。見ただけの人々は何も思い出せなかった。」

なるほど、確かに「ひと手間」かけると全然効果が違うのだろう。
そのことが、脳の状態からもわかったようである。

その他のコツとしては上のTweetにも書いたが、寝る直前に覚えるとよいようだ。
寝ている間に神経細胞がつくりかえられ、記憶が定着するらしい。

そして、起きてすぐに思い出すとなおよいだろう。

さらに、数日後、数週間後などに、再び思い出すと記憶がますます定着するだろう。


また、人間は体験したものは記憶に残しやすい。別の見方をすれば、できるだけ五感をたくさん使って覚えたものは忘れにくいと言える。

そこで、単語を覚えるときなどにつき、目で見るだけでなく、言ったり、書いたりするのは有効。場合によっては、その単語を使った絵をかいたり、一人で英会話をしたりするのもよいだろう。

また、その単語に出会う回数を増やすため、食事、風呂、トイレに行くときなどに必ず思い出すようにするとか、紙に書き出して壁に貼って何度も見るとかするのもよいだろう。

その他、語呂合わせ、こじつけなども時には有効だろう。

さらに、文字のイメージ化など「桝原流記憶術」やモチベーション維持の方法について詳しく知りたい方は拙著「禁書 日本でやりきる英語習得の真実」を参照頂きたい。



スポンサーサイト
【 2015/11/21 】 英語習得 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL