英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

発音:実はRよりもLが大事

日本人が最も難しいと感じるものが、「LとRの区別」。

光のライトも、右のライトも、ライトはライト。
日本人にとって、LightとRightなんてしったっこっちゃない!

ところが残念なことに、英語においては完全に別物として認識される。
よって、英語を使う以上、そのルールに従わなければならない。

一般には、Rが難しいとされる。
しかし、実際に最も気をつけるべきことは、RではなくてLの発音

次は、私のTweet。 ちょっと冗談も入っているが、それは置いておいて「LとRとヘボンさん」に注目して頂きたい。 米国人にとって、日本語のら行はLよりもむしろRに聞こえるのだろう。
それゆえ、ヘボン式ローマ字はら行をra,ri,ru,re,roとしたのだろう。

試しに、次の日本語を言ってみて頂きたい。

ライオン、楽園、あらし、ベランダ。

「ら」を言う時、舌が上の前歯の付け根よりも少し奥のあたりに一瞬くっついて、すぐに次の音を出すために舌はそこから離れるだろう。
この一瞬によって出される音が、LよりもむしろRに近いと感じられるのだろう。

一方、Lの音を出すためには、舌を上の前歯の付け根あたり(「ら」の時よりも少々前)にしっかりつける。押しつける感じ。つける時間は「ら」よりも長い
だからこそ、Lionは「らーいぅn」のようになる。

逆にいえば、Lを出すときは長めに言うくせをつければよい

そうすれば、しっかりLが出せる。

なお、Lの発音にはLを軽くするものもある。
cold, helpなど、Lが途中にある場合。
これらは、舌が口の中にくっつく直前くらいに、次の音に移る。

ちなみにRは、舌が口の中のどこにもつかない。
どうしてもうまくできない人は、日本語の「ら行」のように一瞬くっついてしまっても通じるだろう。舌をくっついている所からなるべく早く離せばよい。

なお、中東の人のRに多いのが、いわゆる「巻き舌」のような音。
巻き舌は、舌が前歯にくっつくかくっつかないかの微妙なもの。しかし、それであっても、Lとはまったく違う音を表現できるのである。

発音のコツを身につけたい方は拙著「発音PREMIUM」も参照頂きたい。
  
スポンサーサイト
【 2016/02/24 】 発音・スピーキング | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。