英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

申年だから猿を英語で言おう

2016-00094-1.jpg

猿はmonkeyの他にapeということも。
apeは類人猿のニュアンスがあるから、直立して歩く尾のないサルで、
特に chimpanzee,gorilla,orangutan,gibbon などを指す。

 orangutanは日本語ではオラ(ン)ウータンだが英語は
「ぅrぇーnぐてぇn」というかんじ。[əˈræŋ.əˌtæn(米), əˈɹæŋ.əˌtæn(英)]
#カタカナ発音滅却委員会


動物の英単語は、学習上の重要度は低い。
基本的なものを知っていれば問題ない。

ちゃんとやろうとすると面倒。
こどもの呼び方、雄と雌の違い、群れの名前などが様々ある上、普段使わないからなかなか覚えられない。

猿のこどもは、infant。雄雌の違いはない。群れはtroop。

ただ、chimpanzeeの雌はempress、雄はblackbackというようだ。


その他、牛、にわとり、ライオンなども色々注意点があるから、各自で確認しておくとよいだろう。

動物の呼び方について、たとえばコチラにまとまっている。





スポンサーサイト
【 2016/01/06 】 単語・熟語 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。