英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

Twitterまとめ:猛吹雪=Snowmageddon

先日の雪では、えらいめにあった。
それほど積もったわけではないのに、電車が全然動かなかった。

科学技術の発達した現代においても、自然の脅威にはなかなか太刀打ちできないと感じる。

一方、積もった大雪をためておいて、干ばつ・水不足に生かせないものかと、以前から思っている。


今回の単語は「雪」に関するもの。
とても新しい単語だが、マスコミやオバマ大統領も使った「猛吹雪」についてのTweetをまとめておく。

================
単語:Snowmageddon=Snowpocalypse=Snowzilla=猛吹雪
前2つの最初の登場は2008,9年。その後英米の大手メディアが使い、オバマ大統領も2010年民主党全国委員会の会合で使った(https://goo.gl/mPJ3EV)

前2つはArmageddon(ハルマゲドン=世界の終末における善と悪との決戦場)、the Apocalypse((新約聖書の)ヨハネ黙示録)からきていると思われる。3つ目はGodzillaから。

新しい語だから「現代用語の基礎知識」「流行語大賞」でとりあげられるようなものか。今も使われてるから「一発屋」ではなさそう(笑)。

上位語=blizzard,snow storm。
上位語よりも、聖書における世界の終末やゴジラの凶暴さによる都市の破壊の方が交通機関、政府機関を麻痺させ壊滅的な被害を引き起こす気象状況を想像しやすい。

どれも頭文字は大文字のようだ。「~げどん」のアクセントは「げ」におく[ὰɚməgédn|ὰː‐]。「はるま」ではなく「あ(r)ま」。#カタカナ発音滅却委員会
================
スポンサーサイト
【 2016/01/30 】 単語・熟語 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL