英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

現在完了形のニュアンス

<<英訳問題>> 

「私はその問題が解決されるまで、東京に行かないだろう。」

これを英語にするとどうなるか。

「東京に行かないだろう」は

I will not go to Tokyo.

∵未来の話なので"will"を使う。

問題は「その問題が解決されるまで」をどう英訳するか、である。

まず、「問題が解決される」は

The problem is resolved. (solvedでもよい。単語の長さ・音の雰囲気からresolvedの方が「しっかり解決」した感じが強いのではないか。)

そして時制を考えると「その問題が解決される」のは未来における話であり、本来なら未来形で

The problem will be resolved.

しかし、本問においては「その問題が解決されるまで」は副詞節。

∵「解決されるまで」が、「行かないだろう」を副詞の役割で修飾している。


そして文法におけるルール「副詞節における『時・条件』は現在形で未来を表す」に従う必要がある。

よって、正解は

I will not go to Tokyo until the problem is resolved.


ここまででよいのだが、ここからは中級以上の人が感じるべき「ニュアンスの違い」について。

上に挙げた正解と次の英文の違いがわかるだろうか。

I will not go to Tokyo until the problem has been resolved.

この英文の後半は現在完了形。

until以下の副詞節は現在形を使うというルールに反するのではないか、と思う方もいらっしゃるかもしれないが、これもありである。
なぜなら、現在完了形も現在形だから。

現在完了形の基本については以前記事にした

また拙著にも詳述してある。 

英語初心者からの卒業 ザ・現在完了形」Kindle版(100円)

MAGICAL 実用英文法」Kindle版(500円)

                 

現在完了形の意味するニュアンスに「完了・結果」がある。

been resolved とすることにより「問題がすっかり解決された状態」というニュアンスになるのだろう。
つまり「問題がすべて、完全に解決されきった」という感じなのだろう。

このような語彙・表現の違いは、話し手・書き手の気持ちのニュアンスによって生じる。

聞いたり、読んだりするときは、そういった点に気を配るのも面白いし、自分が話したり、書いたりするときにはニュアンスの違いを出せるようにしていくとよいだろう。


スポンサーサイト
【 2016/09/07 】 MAGICAL 英文法 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。