英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

IT業界でインド人がトップになったわけ(Twitterまとめ)

私が先日Tweetしたものをまとめておく。
=================
先日TVで聞いた。「GoogleやMicrosoftのトップはインド人」。
インドは数十年前まで階級制、階級ごとに就ける仕事が決まっていた。今もその名残りあり。ITはその規則にない新分野だから階級関係なく優秀な人がこぞって参戦、英語もできたから世界的活躍が実現された。

インド等の植民地や東南アジア等の多民族国家の国民は大抵英語ができる。それだけ見るとうらやましいが、彼らが英語ができるのは意志に反して(または、かかわらず)である。自分達の言葉・文化があるのに英語(文化)を強いられるのは望んでいることではないだろう。

隣の芝生は青く見えるもの。でも、どんなことも長所・短所は裏表。
日本は英語の影響を受けなかったら独自の文化を長きにわたり醸成し世界に誇れるものとなっている。
英語については、正しい方法で集中トレーニングすればよい。

インド英語は難しいと言われる。確かに、ある音声学の先生もおっしゃっていた。
「学会でインド人がいたが、英語がよくわからないから逃げた(笑)」

インドやフィリピンくらいに多くの国民が英語を話せば、「これが我々の英語だ。米国人の発音の方が変なんじゃないの?」くらい言えるだろう。日本人の英語はそこまで浸透していないから強気になれないかもしれないが、話すときは自信を持ってよい。ただ、カタカタ丸出しだと全く伝わらないか誤解を生む場合があるから基本は大事。
=================

*2番目のTweetの「インド等の植民地」は、「過去において植民地だった」ということ。
スポンサーサイト
【 2016/09/21 】 雑談(英語) | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL