英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

梅干し

先日、梅干し入りおにぎりを食べたとき、2つのことが気になった。

①英語で梅干しは?
②売られている梅干しは、どれも漬けてあるが『干し』なのはなぜ?

①について
まず、梅= ume/Japanese apricot[plum]
そして、「梅干し」にあたる英語は「梅」の前にpickledを置く(a pickled ume[Japanese apricot[plum]]。

②について
ちょっと検索すれば梅干しの作り方は沢山見つかる。
例えばhttp://www.nagomi-shop.jp/info/umeboshi.shtml

簡単に言えば、「梅を塩漬けした後、天日干しをする」とのこと。「3日3晩の土用干し」という言葉もあるらしい。
http://www.sirogohan.com/recipe/umebosi/

よって「干す」のだから「梅干し」と呼ばれるのだろう。しかし、英語にするときはpickled(漬けた)で表現するようである。見た目からいってもそれが妥当だろう。

また、もっと乾燥させたならば干し柿、干しイモのように干し梅と呼ばれ、dried umeと呼ばれるのだろう。

「梅干し」であって「干し梅」でないのがミソであった。


スポンサーサイト
【 2016/10/05 】 単語・熟語 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。