英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【おしらせ】メディア英語学会 研究例会 12/10(土) 14時

日本メディア英語学会 研究例会のお知らせを、以下に載せておきます。
ご興味がおありの方はお気軽にどうぞ。


東日本地区第 95 回研究例会


今回の東日本地区研究例会は、ココネ言語教育研究所(COCONE Institute for Language
Education)様のご協力を頂き、開催の運びとなりました。下記ご参照のうえ、どうぞ奮ってご参加いた
だけますようここにご案内申し上げます。

日時: 2016 年 12 月 10 日(土)14:00-17:00
会場: 東京都渋谷区恵比寿 4-9-10 4F セミナー会場
交通アクセス: JR 山手線・東京メトロ日比谷線「恵比寿駅」より徒歩 5 分。
https://www.cocone.co.jp/
会費: 会員・学生 無料(非会員 500 円・予約不要)

第1部:研究発表(14:00-15:20)
発表者: 臼倉美里 会員 (東京学芸大学教育学部 講師)
発表題目: 「大学入試改革と小中高の英語教育—2020 年を見据えて」
要旨: 学習指導要領の改訂や大学入試改革など、英語教育が変わろうとしている。本発表
ではこれからの英語教育の方向性を見据えながら、小中高における英語教育がどのよ
うに変わっていくことが期待されているのかを考察する。

プロフィール: 臼倉美里(うすくらみさと):日本メディア英語学会 選挙管理委員長・本部事務局
補佐。昭和女子大学英米文学科卒。大学卒業後に都立高校教諭として 5 年間勤
務。その間、東京学芸大学大学院修士課程(教育学)を修了。引き続いて博士課
程を修了。博士課程在学中に都立高校を退職。その後は大学および高校での非常
勤講師を経て現職に至る。専門は英語教育学。研究分野はリーディングで、特に文章
理解における明示的知識の必要性、単文理解速度の重要性などに焦点を当ててい
る。近著に、『Reading Steps ステップアップ 英文読解と基本文法』(金星堂)、
『English Switch ストーリーで学ぶ 大学基礎英語と TOEIC®テスト頻出語彙』
(金星堂)、『English First Basic 大学英語の総合的アプローチ:基礎編』
(金星堂)、『English First Starter 大学英語の総合的アプローチ:入門編』
(金星堂)、『高校英語授業を変える!』(アルク)がある。

第 2 部:招待講演(15:30-16:50)
講演者: 田中茂範氏(ココネ言語教育研究所 所長、慶應義塾大学環境情報学部兼大学
院政策メディア研究科 教授)
講演題目: 「ICT と英語教育とアクティブラーニング」
要旨: この発表では、英語教育とICTとアクティブラーニングの相互関係について原理的な
考察を行うことを通して、新しい英語教育の可能性について議論します。「メディアはメッ
セージである」というマクルーハンと「教育は将来のためのものではなく、今を生きる生活の
中に息づくものでなければならない」というデューイの考えについても見ていきます。
プロフィール: 田中茂範(たなかしげのり): 現在 ココネ言語教育研究所 所長、慶應義塾大学
環境情報学部兼大学院政策メディア研究科 教授、JICA 語学研修諮問委員会
座長、財団法人国際交流サービス協会 アドバイザー、ベネッセ教育総合研究所
ARCLE 理事、智学館中等教育学校・高木学園高等学校 英語教育アドバイザー。
1983 年 米国コロンビア大学博士課程(応用言語学)修了(教育学博士号取
得)。近著に表現英文法 増補改訂版』(コスモピア)、『日常まるごと英語表現ハ
ンドブック』(コスモピア)がある。

連絡先: 吉原 学[日本メディア英語学会東日本地区長、東京経済大学]
manabicreation@gmail.com
スポンサーサイト
【 2016/11/26 】 お知らせ | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。