英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

【発音マニア・閲覧注意】JAPANを格好良くいうには

Japanの発音は、カタカナ語「ジャパン」とほぼ同じだから難しくはない。
日本語英語であっても通じるから問題はない。

ただ、より英語らしくするにはチェックポイントがいくつかある。
これらは細かい話であり、職人技とかプロの技の秘密のようなものである。
やらなくても、またできなくても構わないともいえる。
まねしたいと思う部分だけでもまねてみるのもよいだろう。

発音記号は[dʒəpˈæn]

・まず、アクセントは後ろで、[æ]は「あ」ではない。
・[p]は破裂させる。
・最初の[dʒə]は「じゃ」よりも口を小さく、むしろ「じゅ」に近くする(発音にも個人差はあり、「じゃ」に近い人もいるが)。

以上、最初に述べた通り、それらは「プロのこだわり」ないし「マニアの楽しみ」であるので「ふ~ん」と思うだけでも大丈夫。


しかし!ここまでは、実は前置き。

ここからが、ディープなマニアの世界(笑)

まずは次の単語をそれぞれ発音してみて頂きたい。

Japan, Asia, usual, garage, large, pleasure, vision, .pigeon

これらの単語で共通する音は?
ジャパン、エイジャ、ユージュアル、ガラージュ…

そう、「ジャ」や「ジュ」の部分である。

つまり、今回のテーマはJapanの最初の音[dʒ]に気を配っているかということ。

実は、上に挙げた単語の「ジャ」「ジュ」の部分はすべて同じ[dʒ]ではなく、[ʒ]のものもある。
つまり[d]が入らないものがある。

[d]が入らない代表的な単語を以下に太字で記載する。
大抵は[d]が入るため、入らないものの数は非常に少ないので、全部覚えてしまえばよい。もし、あなたがマニアであるならば。

usual, usually, Asia, garage  
cf. large[lάɚdʒ(米国英語), lάːdʒ(英国英語)] / huge[hjuːdʒ]

pleasure, treasure, leisure[líːʒɚ(米国英語), léʒə(英国英語)] ←綴りの最後が"sure"

decision, inclusion, conclusion, confusion, vision綴りの最後が"sion"
cf. pigeon[pídʒən(米国英語), ˈpɪdʒɪn(英国英語)], religion[rɪlídʒən]

rouge[rúːʒ], prestige[prestíːʒ] , beige[béɪʒ], (これらはフランス語にとても多く出てくる音)
cf. page[peɪdʒ]

参考までに[d] [dʒ] [ʒ]の解説動画を載せておく。

[d]
[dʒ]

[ʒ]

まとめ:
Japanという誰でも知っている短い単語でも、それをちゃんと発音しようとすると、実はチェックポイントがいくつもある。ただ、これらはプロやマニアのこだわりである。

スポーツでも芸術でも料理でも、プロには細かいこだわりや技があるものである。
料理人が隠し包丁を入れたり、だしの取り方を工夫したり、焼き加減を調節したり、と実にたくさんの技がある。
英語でも同様ということである。

これらの技は全員がまねをする必要はない
また、これらの技は「標準的なネイティブ話者の英語」に近づけるための技である。
世界共通語たる英語を話す場合、必ずしも必要なものでもない

あくまでも、発音マニアの英語のプロのこだわりとして受け止めて頂けたら幸いである。
スポンサーサイト
【 2017/01/25 】 発音・スピーキング | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL