英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

発音のコツ「日本語からできるだけ離れる」シリーズ2

a lot of water:
日本語英語は「あろっとおぶうぉーたー」。
英国式は「あろっつおうぉーつぁ」。アメリカンな私は「あらーらうわーら」で行く。


special:
日本語は「すぺしゃる=su pe sha lu」。
英語は「”す”ぺーしゅ=speshu」。
最後は"l"なので舌は上の歯茎の後ろ辺りに来る。sとpは子音なので間に母音「う=u」を入れない。
s+p=子音+子音は言いづらいからこそ、その直後に強勢がつきバランスがとれる。


concierge:
日本語は「コンシェルジェ」。
元がフランス語なので英語はいくつかの発音があるが、覚えやすいのは「かーんすぃぅーじゅ」だろう。


日本語にもなっている単語こそ、十分な注意をして発音すれば
日本語英語から脱皮できる。




1日1回クリックして頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL